« エスプレット村のお祭り2007 | トップページ | 世界遺産 ロピタル・サン・ブレーズの聖堂 »

2008/01/09

朝の最大の敵

週に2回、仕事で、朝7時半に家をでます。
向かう先は、フランスバスク内だけど、隣の県(州)になる、
スール(soule)のモレオン(Mauléon)という町。

この時期、朝起きて庭に出る瞬間、ドキドキすることは・・・

「霧がでているかどうか」

12月、1月は日の出が遅い。昨日は、8時半ごろ。
ちなみに東京は6時50分。
私がでかけるときは、まだ真っ暗なわけです。
街灯もほとんどない田舎道なので、頼りになるのは自分の
ライトだけ。
そこへ、霧がたちこめると・・・
歌番組の演出で、ドライアイスの煙流しすぎて歌手が全然
見えなくなっちゃう、あのもくもくした感じですよ。 
水の都ヴェニスならば、それも幻想的で絵になるの
でしょうけれど、ここは山バスクですからねぇ。
なんか出てきそうで恐いし、前が見えないんですよー。

霧があるときは、ハイビームで走ると逆効果。
目の前がさらに真っ白に光って、何も見えなくなる。
仕方なく、ロービームで、対向車線との境をしめす白線に
頼って進む。ま、これもあんまり見えないんですが・・・。

もう、朝からストレス(。>0<。)

数ヶ月前は、日の出と出勤時間がかさなり、これまた冷や汗
ものでした。なんせ太陽に向かって走るので・・・。
サングラスもたいして効き目がない。

さらに、もっと恐いのは、車道を歩く巡礼者。歩道がないので
仕方ないんですが、通勤路が巡礼路の一部でもあるんです。
山道を時速80キロ~100キロで走るので、突然でくわすと、
ヒヤリ・・・一瞬心臓がとまる!?

東京の朝のラッシュでは、地下鉄のドアがあいた瞬間、席を
確保できるかできないかがある意味勝負でした。ここで出遅
れると、30分ほど人ごみに押されてもまれて、押し返して・・・
と朝からドッと疲れたものです。

生活場所がかわると、ストレスの種類もかわるものですね。

|

« エスプレット村のお祭り2007 | トップページ | 世界遺産 ロピタル・サン・ブレーズの聖堂 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

フランスの霧は恐怖ですよね・・!
山道で何回かものすごい霧に囲まれてめちゃくちゃ怖かったことがあります~。
今は日本なので、朝の通勤ラッシュがストレスです~(汗)

投稿: Mimi | 2008/01/18 09:50

>Mimiさん
霧に出会ったのはドルドーニュですか??
日の出がだいぶ早くなったので、今は
楽になりました~!
フランスから日本に戻るといろんな意味で
大変でしょうね。うーん、通勤ラッシュ・・・おそろしい(^。^;)

投稿: yoyo | 2008/01/23 22:39

日本の茨城県でも結構霧は出ます 高速でなければなんとかゆっくり走っているうちに霧は晴れようというもの でも仕事ですものネ どうぞお気をつけてください!!としか言いようがなさそうですね

投稿: shkphappy | 2008/10/20 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/9802436

この記事へのトラックバック一覧です: 朝の最大の敵:

« エスプレット村のお祭り2007 | トップページ | 世界遺産 ロピタル・サン・ブレーズの聖堂 »