« プライスレス 素敵な恋の見つけ方  | トップページ | Le Cheval Blanc バイヨンヌ »

2008/01/28

ビアリッツ サーファーの町

普通に暮らしている地元民の6割はサーファーだと思われる町、ビアリッツ。会う人会う人、みんなサーファー、またはサーフィン関係者。

町を歩けば天気に関係なく (波には関係ある) サーファーがウェットスーツ姿で裸足で町なかをかけぬけていく…。

Biarritz_surf

フランスにサーフィン文化が初めて登場するのは1950年代。ビアリッツはそのころからサーフィンのメッカとしてサーファーに愛され続けることとなる。

Tonton_surfeur

LES TONTONS SURFEURS』 がビアリッツ、バスクのサーフ文化に詳しい。

著者のアラン・ガーディニエール はバイヨンヌ生まれ。幼少からサーフィンを愛し、今や映像やルポルタージュでサーフィンを表現し続けている。トントンサーファーとは、いってみれば「おじさんサーファー」。おじさんの目から見たサーフィンの歴史をたくさんの写真入りで回顧的に語ってくれている。

サーフィンが上陸してきて、この地に定着するまでを写真で追っていくのだけれど、これがどうも地元の人にはぐっとくるらしい。かなりの人気本。

そう、ビアリッツのサーフィンの歴史は約50年。若い頃からずっとサーフィンを続けてきた近代サーフィンの第一世代はもう70~80を越える年齢だ。実際50過ぎてもまだまだ現役で波乗りを続けている人も多い。

Ssurf_board

毎年夏になると、この近辺の浜では、ROXY JAM、Rip Curl French Championship、ミュージックセッション、ロングボードコンテスト…と次から次へとサーフ・イベントが開催される。サーフィンにちなんだ映画を特集する映画祭なども盛ん。また時期になったらご紹介していきます!

★★カオリンのおススメ!!★★

ウェブキャムで波をチェック (フランス語のみ。検索窓に地域名を入れるとそこからフランスの各プラージュのウェブキャムが見れる!)

Casino_2

|

« プライスレス 素敵な恋の見つけ方  | トップページ | Le Cheval Blanc バイヨンヌ »

海バスク カオリンのおすすめ」カテゴリの記事

コメント

10月にそちらに訪れた時も、なんか大会やってたよね。白熊の会の人たちも泳いでたね。それはサーファーとは違うか・・・。

投稿: こさじ | 2008/01/29 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/10110886

この記事へのトラックバック一覧です: ビアリッツ サーファーの町:

» サーフィン可能な、、、 [サーファーサイト(SURFER SITE)で楽しくサーフィンライフ,ビアリッツ サーファーの町]
サーフィン可のコンディションでした しかも 外気温が暖かい(ここ最近の中では) 風はまだゆるいサイドオフ そのうちヘビーに吹いてきそうだ、、、 サーフィン後の着替えが 少し暖かいだけでも ありがたい時期です 波はコシ〜ハラ 走って1〜2アクション イマイチだったが ヨシとしよう、、、 北よりで冬型になる予報なので 明日まで波残らないな きっと、、、 ... [続きを読む]

受信: 2008/01/30 01:49

« プライスレス 素敵な恋の見つけ方  | トップページ | Le Cheval Blanc バイヨンヌ »