« バスクリネンに夢中 | トップページ | Saint-Jean de luz の日曜日 »

2008/03/24

★太鼓判★ Chiloさんのレストラン

yoyoです。仕事で、担当していた大きなイベントが週末に
終わったので、かなりホッとしています。
これからどんどん更新するぞ~

さて、今日はカオリンと行ったおすすめレストラン第2弾。
ずっーと前から気になってたシェフがいるんです!
Chilo氏といいます。地元でも有名で、雑誌でも見かけました
が、実はこのシェフがプロデュースしていたレストランの
ファンだった私。今はなき、この幻のレストラン、勤務先近くの
モレオンにあり、ランチが13ユーロで、前菜にメイン、デザート
と、とっても安くて、しかも美味しいレストランでした。
今回念願かなって、カオリンと、そのChiloさんのお店
にランチへでかけられたので、ご紹介しますねhappy02

Cimg4233
食事後、自らやってきて笑顔で、対応してくれたChilo氏です。
日本人の一番弟子が東京でレストランを開いたとおっしゃっていましたが、
名前を聞き忘れてしまった・・・(
青山のローブリューでした 追記2010.1 ) 

Cimg4241
お店の看板など、あちこちで見かけるバスク特有のフォント、丸っこくて、
すっごく可愛い。空色ブルーになるとメルヘンチック!ちなみにホテルの
鎧戸も同じ色で統一感あって、わたし好みでした~。

高いレストランが美味しいのは当たり前ですが、このお店の
平日ランチは、その内容からは想像できない、実に良心的
価格。美味しいものは食べたいけど、財布の紐が固い庶民
には有難~いレストランです。

気になるお店の場所は、スール内。
オロロンから約20分、モレオンから約10分のBARCUS
いう村にあります。

Cimg4212

Cimg4244
お店、ホテルの裏手。テラスがあり、正面にはのんびりした風景が広がって
います。


Cimg4219

まずは、キール(白ワインをカシスリキュールでわったもの)で乾杯。
この白ワインも近くの村、juranconのものを使っていて、心憎い!
目にも楽しい盛り合わせがでてきて、嬉しい!生ハム、プルーンのペーコン
巻きなどどれも美味。

Cimg4223_2
アミューズ・ブーシュ(突き出し)は、牡蠣や、グリンピースのポタージュなど。
左の一品は、エスプレットの唐辛子を使ったソースとともに。スペインの
タパスを想像させてくれます。


このあと、メインを肉2品、魚1品の中からそれぞれチョイス。
2人ともさっぱりとお魚をいただきたかったのですが、
食いしん坊なわたしたち、別々のものを頼み、2人でわける
ことにしました。

メニューをメモし忘れてしまったのですが、カオリンは、
白身魚。わたしは、ノロシカ。(食用の小型の鹿)
こんな感じでした。

Cimg4224
シカはナイフがいらないほど、ホロリと柔らかく、2色のソースも濃厚で食が
すすむ!野菜の火の通り加減も絶妙。

Sdsc000951
写真ではあまり分かりませんが、chipironとよばれるイカがお魚の上に
のっていて、これまた美味。柑橘類の皮がソースと交じり合って、ほろ苦く
アクセントになっていました!

Gateau_kaori


Cimg4228
デザート、日本人にはちょっと甘すぎるかもしれませんが、自家製マカロンに
スフレ、美味しい~
heart03

全体的にしっかりとした味付け、こってりした伝統的なフレンチ
だと思いますが、ところどころにバスク色が感じられて、
地元の素材を大切にしているのが分かりました。
変な言い方ですが、日本人の期待を裏切らないフランス料理が
いただけるお店だと思います。というのも、本場のフランス料理
が食べたーいと日本からやってきた友人たちが、結構その大味
加減やドカーンとした盛り付けに驚いて、ガッカリすることがある
からです。かくいう私もその1人。今でこそ、生活しているので、
慣れましたが、当時は、結構驚いたものです。繊細で目にも
美しい日本でいただけるフレンチは、高額出さないと本場
フランスではなかなかありつけない!

さらに、今回の目玉!
なんと、日本人の料理人が住み込みで働いていると聞いていた
ので、食事後、ご挨拶に・・・。
とってもすがすがしい感じの方でした。ご本人の了解を得られた
ので、写真もアップします。セリナさんです。
(残念ながらセリナさんは2010年夏をもってお店を辞められました。追記2010.1)

Serina
左端は、Chiloさんのお母様。とっても優しそうで、上品なおばあちゃま。

ホテル・レストランの公式サイト

地図、行き方はこちらから

CHILO Hôtel restaurant
64130 BARCUS
TEL: 05 59 28 90 79


ホテルのお部屋(50~140ユーロまで、季節や目的、大きさに
よる)+34ユーロで、2食つきで滞在できるようですし、お得!

レストランはわたしたちがいただいた、22ユーロのコースに
38ユーロのコース、68ユーロのコースがありました。

近くにお出かけの際は、是非お試しあれ!
ご予約、忘れずに・・・。

バスクリネン、アルティガの工場があるオロロン・サント・マリー
まで足を伸ばしたり、モレオンをまわるのもいいですね。
聖堂のあるロピタル・サン・ブレーズも近いです。

・。・゚★・。・。☆・゚・。・゚ 追加事項 ・。・゚★・。・。☆・゚・。・゚

1泊2食付プランがサイトにのっていたのを見落としていました。
魅力的なのでご紹介します。

clover ハイキングプラン 80ユーロ/人 
ダブルベッドのお部屋 2食付(飲み物別)
ピクニック用のランチも用意してくれます

clover リラックスプラン 92ユーロ/人
バブルバスつきのダブルベッドのお部屋 
2食付(飲み物別)

clover ガストロノミープラン 136ユーロ/人
2食付(ワイン込み)、ウエルカムドリンク、
+ジュランソンワイン街道地図 

|

« バスクリネンに夢中 | トップページ | Saint-Jean de luz の日曜日 »

バスクのおすすめレストラン」カテゴリの記事

コメント

あぁ、いいですね。おいしそう!
ひとりでは、こういうディナーはなかなか食べにくいから宿泊セットはいいですね。
泊まりたいです。今予約しているところをキャンセルしようかしら。

でもオロロンからタクシーですよね。うーーん。

投稿: よだみな | 2008/03/25 07:02

わあ~lovelyChiloさんのレストラン!期待を裏切らないどころか、この価格ではあるまじき充実ぶり(笑)!これは是非行かねば。catface
アミューズ・ブーシュの写真の右端のレンゲのような器、東洋の香りがするね~。きっと東京にお店を出した一番弟子の影響なのかな?東洋の文化に対する愛情も感じられて、ますますChiloさんのお料理食べに行かねば、と意気込んでおります。wine

投稿: Fromist | 2008/03/26 06:38

>よだみなさん
1泊2食で滞在するのもいいですよね。
のんびりできると思います。
迷わせてしまいましたか(笑)
そうですね、オロロンまでは、タクシーになっちゃうかな。とっても小さい村なので・・・何か方法があればお知らせしますね。

>Fromist
さっすが~よく見てるね!!すごい。
そうそう、東京のレストランの名前わかりました。これまた、知ってたの~。アップします。chiloさんとは何かと縁がある・・・次回必ずいきましょ。このお値段ではありえない内容だよね。

投稿: yoyo | 2008/03/26 10:42

yoyoさん

日程とアクセス方法をフォームで問い合わせてみました。色よいお返事だったら変更しようかと思っていたのですが、こちらも返事がなく…。

こっちのメーラーが問題なのかもしれないので、もう一度やってみます。

投稿: よだみな | 2008/03/28 02:13

やっぱり返事はありません。
メールでは無理なようです。
残念。

投稿: よだみな | 2008/03/29 09:49

>よだみなさん
返事が来なくてハラハラ、イライラしているかもしれませんが、フランスって、対応が遅い国なんですよー。最初は、わたしもほんとにイライラしました。(今でも時々)日本なら、即答が当たり前ですよね。お客様は神様。でも、この国はお客様もサービスする側も同等なんです。だから、平気で待たされます。フランスの場合、1週間待つ・・・なんてこともざらにあります。約束していても、その期日に品物が来ない、人が来ないなんてこともよくあります。日本人には考えられない対応のおそさ、サービスの悪さです。
もう少し待ってみましょう。数日待っても何の反応もない場合は、左のブログのメール送信欄から、私宛に連絡をください。希望プラン、希望日、フルネーム、連絡先など、必要となりそうな事項を教えていただければ、私が代行で予約連絡をいれてみます。ブログで紹介しておいて、予約ができないのでは、意味がないですもんね。
それから、la bastide clairenceまでのバスに関しては、他のバスを使う方法を調べましたが、これも片道しか有効ではなく、しかもそのバス停までかなりあるみたいなので、うーん、やっぱりこの期間はタクシーしかない気がします・・・。

投稿: yoyo | 2008/03/29 12:14

どうもありがとうございます。
ここまで予約していたバスクのホテルがすべて数時間、遅くて翌日には返事がきたので、届いていないのかと思っていました。

そうですね。もうちょっと待ってみます。ご手間おかけします。

la bastide clairenceに関しては、とりあえず保留にして、現地に行ってタクシーにするか別なところに行くかを考えようと思います。
どうもありがとうございました。

投稿: よだみな | 2008/03/29 12:46

おかげさまでメールがきました。
月曜日は休みでしたので、sareの側にお願いして宿泊日を変更してもらいました。
ご心配おかけしました。
ありがとうございます。
あ~、よかった。

投稿: よだみな | 2008/03/29 23:58

よかったですね!
反応がおそいと心配になりますよね。
是非美味しいお料理、楽しんでくださいね。ブログを見て・・・とセリナさんにもよかったら声をかけてみてください!

投稿: yoyo | 2008/03/30 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/11723648

この記事へのトラックバック一覧です: ★太鼓判★ Chiloさんのレストラン:

« バスクリネンに夢中 | トップページ | Saint-Jean de luz の日曜日 »