« アルデュード村 ① | トップページ | バスクリネン  ONA TISS »

2008/03/09

アルデュード村 ②

yoyoです。アルデュード村に関する日記の続きです!

レストランでバスク豚を食べたあとは、友達と山歩きに
でかけました。山で飼育されているバスク豚に出会える
歩行コースがあるのです。(無料で、予約もいりません)
長距離歩くのが苦手な私sweat01ですが、山歩きが大好きな友達と
いっしょだったので、初挑戦dash
1時間くらいかかると言われましたが、ゆっくり歩いたので
バッチリ1時間半かかりました。

ピエール・オテイザ氏(瀕死の危機にあったバスク豚を復活
させた方です)のお店に寄ると、この歩行路をしめすパンフ
レットをくれます。

Cimg4113
お店の中にある本人そっくりの肖像画。


お店のすぐ近くからスタートで、看板もでていますが、
パンフレットには、ルートと、どのあたりでバスク豚に出会える
かが書いてあるので、是非入手してみて!
Cimg4062

Cimg4072_2
見えるかなー。山の中で伸び伸び育つバスク豚は砂にまみれて肌も土色!?

Cimg4082
こんな風に歩行路には案内と番号がでています。

Cimg4077
途中、ロバの群れにも出会いました。夏になると、子どもをロバの背中に
乗せて散歩できるようです。


Cimg4095
見晴らしの良いスポットに到着~!最高に気持ちがいい!

Cimg4101
登った甲斐があった!美しいの一言です。晴れていたら、是非挑戦してみて
ください。おすすめです。

Cimg4105
下りはこんな砂利道が続いて滑りやすいし、降りにくいので要注意。
上りは、途中まで車道と一緒でアスファルトでした。

Cimg4108
羊にも2回ほど遭遇しました。

P1030567
オテイザさんの店に無事到着~!いい運動になりました。

Cimg4042
お店前の飼育場には、この時期、バスク豚の赤ちゃんがいっぱいでした。


Cimg4110_3
店内。美味しそうなものがズラリ。奥に見えるテーブルは、1人8ユーロくらい
で、生ハムからフォアグラ、パテなどなどいろーんなものをdégustation(試食)
できるコーナー。あれもこれも味見したい方におすすめだそうです。


わたしたちはたらふく食べたので、ここでは生ハムの試食を。
(無料)バスク豚と地元の豚2種類のハムをいただきました。
バスク豚の生ハム、薫り高くて最高shine
この日は客が少なかったようで、スライスを100g切り売りして
くれました。5ユーロで、7~8枚のうすーいハムがはいってい
ました。塊で買うとお値段が張るし、量がとても多いので、ちょうど
よかったです。

電車、バスでのアルデュード村へのアクセス

車が絶対おすすめですが、無理な方はTER+バス+タクシーでも
たどりつけます。

バイヨンヌ方面から

ローカル電車、TERで、Ossès-st Martin d'Arrosa下車(約1時間)。
バスに乗り換え終点のsaint-étienne de baygorry下車(約10分)
一日5本くらいしかありません。電車とバスはうまく接続しています。

時刻表はこちらから (右のfiche horaireからligne bayonne-
saint jean pied de port-saint étienne bayborryを選んでください)

SAINT-ETIENNE BAYGORRYからは、約15kmでオテイザさんの
店につきます。
タクシー会社 pecotche 05 59 37 40 81

サン・パレー方面から
サン・パレーで、LIGNE25のバスに乗って、約1時間で
SAINT-ETIENNE BAYGORRYに到着します。ただし、
基本はスクール用のバスなので、1日一本のみ。
バカンス時には時刻もかわるので要注意。
土日はなし。2008年現時点では、水曜12時30分発。
月・火・木・金は17時発。

問合せ先 TRANSPORTS BASQUES ASSOCIES
05 59 65 73 11


|

« アルデュード村 ① | トップページ | バスクリネン  ONA TISS »

山バスク yoyo のおすすめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/11100823

この記事へのトラックバック一覧です: アルデュード村 ②:

« アルデュード村 ① | トップページ | バスクリネン  ONA TISS »