« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/25

2つ星レストラン Chez Ruffet

yoyoですtulip

とうとうカオリンが日本へ旅立ってしまいました~airplane
帰国は8月半ばだとか!
ギリギリまで仕事をしてたみたいだからバタバタしただろうなぁdash

しばらく留守番のyoyoが、頑張ってブログを更新しますよ~!
海バスク情報 もアップしますね~wave

さて、今日は記念日ribbonにおすすめしたいレストランrestaurantのご紹介。
お隣ベアルン地方にあるワインwineで有名なジュランソンという
小さな町のミシュラン2つ星shine Chez Ruffetです。

1ヶ月ほど前の話なのですが、誕生日祝いに、友人が働いている
こともあり、夫と2人でディナーへ ・・・。
2つ星のレストランへ行くのは初めてだったし、何を着ていこうsweat01
ちょっとナーバスになっていた私。
めったにない機会なので、おしゃれに気合がはいり、ドレス風の
ワンピースにアクセサリーでバッチリきめて、出かける前にメール
をチェックしたら・・・
調理師の友達から「下手にドレスなんて着てくるとうきますよ~
ジーンズの人も結構いるし・・・」というメールがsweat02

「そうだ、あくまでもここは田舎・・・coldsweats01

一瞬悩んで、結局着替えましたrun

実際レストランは、外観も内装も気取りすぎず、田舎の可愛い
洒落たオーベルジュhouseという感じ。スタッフも若い人が多くて、
エネルギッシュ。
カクテルドレスを着た女性も見かけましたが、ドレスコードは
神経質にならなくてよい雰囲気ですね。

Chez_ruffet

Kazu_et_micchi_2

左:担当 野菜(最近 肉・魚担当へ!)かずひろくん
右:お菓子担当 みちえちゃん

この日はすぐお隣の町、ポーで市街地レースF3第1レースが
行われたようで、関連のお客さんがいっぱい。超忙しかったにも
かかわらず、仕事後、2人とも爽やかな笑顔で出てきてくれました。

お任せコースでお願いしたのですが、お料理の写真を順番に
ご紹介しますね。
フラッシュなしで撮ったのでちょっと暗いですが雰囲気だけ。

Amuse

Cimg5999

Cimg6001
お気に入りの一品!ラビオリの中身は新鮮なパセリ。あたたかいコンソメ
スープとの相性バッチリ

Poisson
お魚料理。フルーツとお野菜の触感や酸味が楽しめる一品でした。

Pigeon 
鳩です。初めて食べました。臭みはないけれど、野性的なお味で、好き嫌い
が分かれ
る素材かもしれませんね。

Glace
コーティングチョコがやけに美味しかったアイスクリームheart02

Gateau_2
最後はこんな嬉しい演出を・・・!どうもありがとうheart04

Petits_gateaux
可愛い木の小箱には、小菓子やめずらしいフルーツなどぎっしり。
最後まで楽しませてくれますね~


平日のランチはなんとワインつきで25ユーロだとか!
ワイン好きな方は、ジュランソンのぶどう農園やワイン蔵の
見学や試飲に出かけてもいいかもしれませんね。また別途
ご案内します!ワイン好きのカオリンにまかせよう~
わたしもジュランソンの甘口ワインは大好き。はちみつのよう
にとろけるなめらかなワインです。

通常のコースメニューはいくつかあり、55ユーロ~110ユーロ
です。ちゃんとメニューを見なかったのでちょっと曖昧・・・
かずくんかみちえちゃんが、コメント欄で紹介してくれるかなぁ。

斬新なお料理で素材の組み合わせがユニーク、目にも楽しく、
最後の紅茶も種類が豊富でゆ~っくりさせてもらいました。
お得な平日ランチに出かけるもよし、特別な日のディナーにも
よし。ビアリッツから高速に乗ってしまえば1時間強です。

footChez Ruffet
3, avenue Charles-Touzet
64110 Jurançon
tél. : (33) (0)5.59.06.25.13 - fax : (33) (0)5.59.06.52.18
日・月休み

http://www.restaurant-chezruffet.com/


chez.ruffet@wanadoo.fr

大きな地図で見る

by yoyo

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/06/23

サンパレの食堂

yoyoですrun

私の住む村には信号はおろか、お店は一つもないので、日常
の買い物は、以前ご紹介したバスクリネンのアトリエ(ONA TISS)
があるサンパレ(SAINT-PALAISで済ませます。
小さな町ですが、スーパーやクリニックもあるし、銀行、郵便局、
図書館、小さな映画館もあるので、欲を出さなければひととおり
のものは手に入ります(おしゃれな洋服や気のきいた小物類、
プレゼントとなると、海側まで行かないとダメですねweep・・・)

ホテルレストランが中心部に3軒、キャンプ場や民宿もあり、
人気観光地の渋滞や人込みを避けて、ゆっくり過ごしたいという
ヨーロッパからの観光客をチラホラ見かけます。

2人とも夕方遅くに仕事から戻ってきて、ご飯の準備はまだ、
でもすぐ食べたーい!という日に夫が決まって行きたがる食堂が
AUBERGE DU FOIRAIL」。

「安い、早い、気どらない」の3拍子揃ったこの食堂は、独身時代
にもよくお世話になったとか。平日のランチタイムは地元の人で
いっぱい。肩の凝らない田舎の食堂を想像してください。

Cimg6027

あくまでも食堂の家庭料理です。
地元の人に紛れて、ランチをお手ごろ価格で食べた~いという
方には、悪くないかな・・・と思います。
いろいろ試してみて、うーん、イマイチという料理もあったん
ですが、最近落ち着いたのが、この一皿。

shineSALADE LANDAISE(ランド風サラダ) 小 8ユーロ

(自家製ファオグラ、鴨の砂肝&鴨胸肉のスモーク、
バイヨンヌの生ハムなど)

Cimg5920

自家製フォアグラ、鴨のジェジエ(砂肝)やマグレ(胸肉)が絶品。
田舎ならではの新鮮な素材です!
サイズは小だけれど、これだけでも十分おなかがいっぱいに
なります。でも、14ユーロで大皿にもかえられますよ~。

Cimg6035

同じサラダだけど、日によってファオグラの厚みや盛り付けも
結構ちがい、テキトーな感じ coldsweats01

Cimg4128

こちらは、アショア(バスク語で細かく刻んだものという意味)。
正式にはAXOA DE VEAUというバスク料理です。
よく、フライドポテトが添えてあり、バスクの学食ではスパゲッティ
の上にこのアショアがかかって出てきたりします!
結構ずっしりくる一品です。シェアするといいかも・・・。
子牛のひき肉をたまねぎやパプリカと煮込み、エスプレット
の唐辛子を仕上げにいれます。

Cimg6034

これは夫の定番。下にちょこっと見える肉は、
ventrèche(ヴァントレッシュ)と言って、厚切りベーコンみたいな
感じです。かなり脂っぽいですが、カリカリに焼いて、パンに
はさんだり、こうやってサラダと食べ合わせたり・・・
スライスチーズはもちろんブルビですcapricornus
これは、バスクの農家の人がまさに朝仕事を終えて、食べる
メニューだそうですよ。

footAUBERGE DU FOIRAIL
35 rue jeu de paume
64120 Saint-Palais
Tél : 05 59 65 73 22





大きな地図で見る

この食堂のお隣には、★★ホテルが並んでいます。
また別途ご紹介しますが、auberge foirailとは雰囲気がまったく
違ってちょっとシックな感じです。
左のLe trinquetは最近改装されて、お値段も高めで、一番
モダン。サンパレっぽくない?お洒落な感じです。
真ん中のHotel de la paixは、地元の評判で総合点一位。
2つ星ホテルなりの雰囲気もありながら、オーナーもフレンドリー
だし、お料理も悪くないです。

Cimg6022_2


番外編ribbon

サンパレでバゲットが一番美味しいと地元で評判のパン屋さん
がこちらOGI BESTA。AUBERGE FOIRAIL向かって右手すぐの
角です。バゲットを週に3回ほど届けてもらっていますが、
モチモチ感があり、美味しいです。ただし、ケーキ類はイマイチ・・・
ここで、ミオジャムが少し買えますよ~

Cimg3031

flagサンパレお役立ちリンク&アドレス

house 観光局

http://www.tourisme-saintpalais.com/

house Hôtel de la paix
33 rue du jeu de Paume
64120 Saint-Palais
Tél : 05 59 65 73 15

house Hôtel Restaurant le Trinquet
31 rue du jeu de Paume
Tél : 05 59 65 73 13

house Hôtel du Midi
Place du Foirail
Tél : 05 59 65 70 64

car タクシー

Taxis Meinjou : 05 59 65 72 40

bus バス(バイヨンヌとサンパレを1時間強で結びます)
HIRUAK-BAT : 05 59 65 73 11

by yoyo (2008/06/23)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/06/19

アランさんのオーガニックブルビチーズ

yoyoですcherry

今日は洗濯日和t-shirt。久しぶりに朝からまぶしい太陽sunです。
肌にジリジリと染み込むような光線が、初夏の到来wave を感じ
させます。

さて、前回に続き、オーガニックのブルビチーズ直売農場を
ご紹介します。前回ご紹介した農家から車でものの2分。
目印はこの看板。
素朴な手作り看板が、オーガニックチーズを手がける
アランさんの人柄を表しているよう。

Cimg6018

看板の矢印に従い、坂をのぼっていきます。

Cimg6020

ちょうどアランさんが乳搾りをしている真っ最中でした。
18時半すぎのこと。


よくよく見ると・・・
            手で絞っている!

さすがビオですね。

「僕はね、機械で絞ると味がかわっちゃうからね、絶対やりたく
ないんだ。伝統的かつ自然なのが一番だよ。」

なんだか写真を撮らせてほしいと言いそびれてしまいました・・・

でも、チーズの貯蔵庫はしっかり撮影させてもらいました。

Cimg6157

現在熟成期間4ヵ月半だそうです。
12月ごろまでもたせたいなぁ~とおっしゃっていました。
どこにも卸すつもりはなく、こうやってここまで買いに来てくれる
お客さんのために少しずつ販売したいんだとのこと。
お味のほうは、マイルド。まだ若い感じでしたが、ブルビ(羊)の
味がしっかりするでしょ?と言われ、うん、確かに。
でも、かなり優しい味です。オーガニックだからなのか、まだ
若いチーズだからなのか・・・。匂いもキツクない。
また秋ごろに買って食べてみたいです。

お値段は、1キロ17,80ユーロと良心的。普通のオッソイラティー
とほとんどかわらない値段です。
ちっちゃいスライスでもいいよ、お客さんの希望に合わせて
切るからね~とのこと。
ちなみに私はこんな感じで切ってもらい、8ユーロ弱でした。

Cimg6159_2

オーガニックを手がける農家の方に共通して言えますが、
皆さん、自然農法への強いこだわりがあり、誇りをもっていて、
話を聞いていて、ふと人間の原点に立ち返ることがしばしば。
アランさんはその昔、公務員だったそうですが、15年ほど前に
心機一転、羊飼いとなり、チーズ作りをはじめたそうです。

ここに着いたときのちょっとしたエピソードなんですが・・・confident
チーズを買いに来た旨を伝えると、乳絞りの手をとめて、
「ちょっと待ってくれるかーい、この子たちをね、小屋にいれて
から行くよ~。」

と、ちょこちょこ歩きまわっている鴨の赤ちゃんchickを指さしました。

「まだちっちゃいからね、自分で身を守れないから、目を離さない
ようにしているんだよ。」

taurus動物好きな人に悪い人はいないcapricornusとよく言いますが・・・
雛を見る目がとてもあったかく、なんだかジーンとしました。

「今度来る前には電話しなよ~まぁ基本的に毎日いるけれどね、
念のためにね。」

決して観光地ではないので、周りには何もありませんが、もしも
サンパレにいらっしゃることがあれば、かなり近いですよ~
(といっても車は必須です。サンパレの中心地から5分くらい)


Alain DOMINI
footmaison kaiku borda
64120 Beyrie sur Joyeuse
05 59 65 65 66
8h-20h


現在、バスク地方でAB(agriculture biologique)マークのついた、
つまりオーガニックのチーズを販売している直営農家は10戸
くらいです。少しずつまわって食べ比べて農家の方のお話を聞け
たら楽しそう。またその都度ブログでご紹介しますね~

大きな地図で見る

by yoyo(2008/06/19)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008/06/15

ブルビチーズを買いに行こう♪

yoyoです。

山バスクの名物といえば・・・羊capricornus
先日東京から遊びに来た友達が「数日間で一生分の羊を見た
かもしれない~eye」と笑っていました。そんな羊たちも夏になる
と山へ放牧に出かけるので、大半が姿を消します。
わたしがここに住んでいるのも、実はこの羊たちのため。
正確に言うと夫が羊に関わる仕事をしているので、あまり羊
から離れた場所には住めないんです。

バスクの羊(ブルビ)は、ミルクの品質の良さから乳羊、つまり
チーズの原料のために、飼育されています。
産まれた子羊は、出生後、30~35日後に主にイタリアやスペイン
に売られていくそうです。
ママ羊の乳はチーズ用にとっておいてもらわなければいけないん
ですね。
この乳から生まれる一番有名なチーズがAOC認定の

OSSAU IRATY(オッソ イラティー)shine

http://www.ossau-iraty.fr/

「オッソ」はベアルン地方のオッソ渓谷から、そして「イラティー」は
バスクにあるイラティーの森から名づけられています。
バスク地方だけでなく、お隣のベアルン地方一帯でも作られている
チーズです。
同じAOC認定の青カビチーズ、ロックフォールも羊のチーズですが
味わいはまったく違います!ちなみに私はロックフォールは大の
苦手ですが、オッソ イラティーは食べやすくて好きです。しっかり
とコクがありクリーミーで、ナッツのようなちょっと香ばしい味わいgood


一般的に、薄くスライスして、サラダの上にのせたり、イッツァス村
名産の黒さくらんぼのジャムといっしょに食べあわせたり します。
わたしは冷蔵庫で硬くなってしまったチーズは、おろして大好物の
ミートソースにかけたりします。
食べる1時間ほど前に、冷蔵庫からチーズを出しておくことを
お忘れなく!

そんなわけで、山バスクを車で走っていると、チーズの直営農場
をあちこちに見かけます。「チーズの道」なるものもあるんです。

直営農場という響きに弱い私は、日本で田舎に出かけ、○○
直売なんていう看板を見ると、寄らずにはいられないタチでした
が、なぜかこれが近所にあるとなかなか足が進まない・・・・。
さらに、大きな塊は食べきれないので、農場で買っても消費
できない・・・というのも大きな理由の1つでした。
チーズって不思議なもので、よそで食べるとすごく美味しそうに
見えるんですが、自宅の冷蔵庫に眠っていると、なぜかカチカチ
になって鶏の餌になってしまうこともしばしば。

でも、先日、バスク好きの友達への手土産になにか地元の
ものを・・・と考えながら車を走らせていて、この看板に目が
とまり、思わず、Uターン。

Cimg6016

2月に遊びに来た友達とここへ1度足を運んだのですが、チーズ
はまだ熟成期間中で、そのときには購入できませんでした。

坂道をあがるとこんなおうちがでてきます。

Cimg5988_2

この家を正面に見て、右手の離れにチーズ直売所の入り口
があり、左手には羊小屋があります。直売所のチャイムを
鳴らすも人が出てくる気配なし。搾乳所から音が聞こえる
ので、乳搾りの真っ最中かな・・・と顔をのぞかせるも急がし
そうなので、あきらめて帰ろうとしたら、ようやく直売所から
マダムが・・・。

チーズの貯蔵庫からまず試食用のチーズを切ってくれる。
うん、やっぱりコクがあって、クリ-ミィで美味しい!
大も小も値段はどちらも1キロあたり16ユーロなので、
大を丸ごと買うなら32ユーロ前後。小は18ユーロ前後です。
チラッとのぞいた貯蔵庫にはチーズがズラリ。
通常は9月ごろまで販売するそうです。

嬉しいのは、この農場、4分の1カットや8分の1カットもokで
1キロあたり17ユーロにあがるものの、小さいサイズでも
購入できます。
オッソ イラティーを買ったつもりだったのに、よくよく見たら
種類がちがっていました!
大きいほうがAOC認定のOSSAU IRATY。
小はIDOKI(バスクの農協)のチーズでした。

Cimg5983

ちなみに8月22日、9時~14時まで農場一般公開日です。
サンパレからイオルディーに向かう道の途中、BEYRIEという
村にあります。

footMAISON Xarlotenia
Quartier Basabame
64120 BEYRIE SUR JOYEUSE
Tél : 05 59 65 92 62
携帯: 06 76 39 02 46

http://www.xarlotenia.fr/index.htm

Cimg6018

同じ道沿いにも一軒、ビオ(オーガニック)チーズを販売している
農家があります。看板に特にアピールされていないので、ビオ
だと全然知りませんでしたが、テレビでも放映されたほど有名
だとか。次回、寄った際にはまたご紹介しますね。

皆さんも山バスクで直営農場の看板を見かけたら、思い切って
立ち寄ってみては?!
試食してみて、好みにあわなければ、そう伝えてももちろん
大丈夫です。
オッソ イラティーは熟成期間の長いチーズなので、保存も
ききます。丸ごと購入すれば、紙に包んだまま、冷蔵庫で
1ヶ月は問題なく保存できると聞きました。
スライスされたチーズも、ラップにつつむか、濡れた布巾にくる
んで保存するとよいそうです。アルミホイルはNG!
是非お試しあれ!

by yoyo (2008/06/15)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/06/14

アングレットでサーフィンするなら…

カオリンです!

日本への一時帰国が決まってわくわくしているカオリンです! 去年帰らなかったからひさびさ~子どもたちはなんと4年ぶりくらいなので興奮しまくっています!

年々日本語の理解能力が下がってるので子どもたちの日本語強化が目的なのでがんばってたくさんしゃべるようになってくれればいいけど。…。pout

さて、最近雨が多いですけど、波のりには過ごしやすいマイルドな気温になってきましたね~。今日はうちから歩いて数分のアングレットビーチのひとつ、La Barre をご紹介します!

------------------------

typhoon ※追加情報 現在2008年6月時点では海が漂流物等で汚染されているため、一時的にビアリッツの海での遊泳等が禁止されています。遊泳の可否については観光局などて確認できますので…またはコメント欄に書き込んでいただければできるかぎり回答します。サーフィンされる方はオセゴー等ラドール川の北側まで行かないとならないようです。

-------------------------

まずは 波チェック このアングレット市のサイトからウェブキャムで、アングレットの波 がほぼライブでチェックできます。Wave Watch では、温度や波、天候などもチェックできます。スペインもカバーしているからちょっとおおざっぱだけど。

La_barre

La Barre の駐車場は広く、ここで夜を明かす人も…(ほんとは野宿してはいけません) 夏にはキャンピングカーをよく見かけます。

車を停め、みな車の中で着替え、もしくはウェット着用で運転してすぐに板を持って準備運動がわりに軽く走ります。

Girls_surf

子どもももよくみかけます! 子どもも参加できるサーフクラブもたくさんあり、8~10歳くらいから参加できます。

ビアリッツもアングレットも通年サーフィン可能。水温は日本に比べると高めだと思います。波は年中たっています。12月の寒い頃にももちろんみなさんウェットではいってます。よく聞かれるのは、ウェット何を持って行けばいいですか! という質問。気候はフランスでは比較的温暖とはいえ冬はマイナスにもなる日がありますから、油断してはいけません。とにかくバスクの天気は変りやすい。気温の差が激しいです。

まずローカルはウェット1枚、ジャージフルスーツの3mmもしくは5mmしか持ってない! という人も多いです。1月、2月でも暖かい日があるし雨の日は比較的海も暖かいので、寒い日はやらない、またちょっとあったかくなったらウェットなしで入るという人が多いのと、ヨーロッパ人は慨して肌が日本人よりも強め??に出来ているため、寒さを感じにくいのも関係していると思います。

6~7月でもウェットなしで入ってる人もいますが、気温は急に下がることがありますので油断は禁物!!! rain 7月後半までは3mmが必要な日もあります。今くらいの季節(6月)ではスプリングでもいいくらいの日もあります! 夏だけサーフィンする私はスプリング sports かもってません…ウェットが必要なときにはサーフィンやりません…。寒いから。wobbly

でも真冬でもセミドライでシューズとキャップをつけて入ってる人もいますよ~。

5月6月は雨が多いので、波が一番いい季節は秋ごろのようです。

波のない日は~

Img_1232s

La Barre のスケートパークで汗かきましょう。

Ramp

大きな地図で見る

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/06/08

Blue Cargo

カオリンでーす。sun

昨日はお友だちの誕生パーティーで…飲みすぎました。ちょっと若いころを思い出してはりきりすぎました~。

しかし2008年からフランスではバーを含む飲食店での喫煙が禁止になったのですこぶる快適になりましたね~。私は呼吸器系が弱いので以前は飲みに行くと翌日喉がいがいがで声がでないこともあったけど、この法律のおかげで翌日も喉がいたくない! 髪も服もタバコくさくならなくて素晴らしい! としみじみ感動しました。愛煙家にしてみればタバコのたんびに外へ出るのは面倒かもしれませんけど、 健康に影響のある人にとっては本当にうれしい法律です!!

さて、先日に引き続きビダールのお奨めレストラン第2弾は…

昨日はしゃいだここ、「Blue Cargo」です!

Blue_cargo_3

場所はPlage de Ibarritz、先日ご紹介したLa Plancha のすぐ隣です。

Blue_cargo

ロケーションは抜群。なんといっても海が目の前! そしてビアリッツによくみられる石造りのお城風建築の一軒屋を改装してあるので超おしゃれ。ビアリッツ周辺に滞在するセレブがよく通っています。この日もフランスでは有名らしい俳優さんが来ていました。写真を撮ったのですが、顔を隠されてしまいました。お忍び?

Blue_cargo_out_side

海辺のバーにはDJさんも。

Dj

DJはなんと各階に。雰囲気を読みながら 音楽をミックスしてくれるので最高。お茶目な彼はカメラを向けると大喜び…。

Bar

2階レストランにもバーがついていて、いろんな本格カクテルが楽しめます。

Blue Cargo のシーンは3つ。海辺のバー、2階レストラン、3階ラウンジレストラン。

それぞれに置いてるメニューもなんとキッチンも異なります。そして雰囲気もまったく違います。海辺のバーはカリブ海を意識した雰囲気でカジュアルな感じ。2階レストランはアントレ8ユーロ、メイン15ユーロ程度で気軽に食べれるヌボーキュイジンヌ系レストラン。そして3階ラウンジレストランは調度品も革張りで落ち着いてちょっと贅沢な雰囲気で大人の会合やビジネスにぴったり!! 

Lounge

3階レストランは完全予約制とのこと。3階にもキッチンがあり、ここのメニューはまったく2階と異なります。今回私たちは2階のレストランを利用。

ムニュはなくってアラカルトからピックアップしたメニューをご紹介しまーす。

Minestrone アントレの冷たいミネストローネ。ぱりぱりチーズと生ハムつき、上にメロンのシャーベットが浮かんでこれがまたおいしいハーモニー!

 

Roge

私が頼んだメインのロジェ。外が赤く中は白身のお魚。ピマン・ド・エスプレットが効いてておいしかったです。

Desert

デセールはオロロンのロシア風ケーキ。パットドアマンドがたっぷり入ってこってり系です。フルーツがたっぷり載って見た目もきれい。私の大好きなほおずきも!

そして更けゆく夜には大人の楽しみ…2階のレストランは食事が終わるとテーブルが取り払われ、なんとディスコテックに早変わり! お洒落した女の子たちがDJの音楽に乗って踊りだします! 食事中は軽めの音楽を静かに流し、デザートが終わるころにはノリノリに!

ちょっと調子にのりすぎてどうやって車に乗ったか覚えてないんですが、だんなに連れられて帰りました。楽しい事間違いなしなのでみなさん帰りはタクシーに乗りましょうね! 朝5時まで営業してます。

Mohito 

ビアリッツをこよなく愛したヘミングウェイが好んだというモヒート。ここはビアリッツ界隈で一番モヒートが似合う場所かも。

BLUE CARGO

Av. d’Ibarritz
64210 BIDART
05 59 23 44 95

by カオリン

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/06/03

A la Plancha!

カオリンです!

先日ビアリッツのプラージュについて書きましたが、Milady の次のプラージュは Plage de Ibarritz。ここは、もはやビアリッツではなく、ビダール(Bidart) になってしまうんですが、これまたお奨めビーチです。

なんといっても静か! 人が少ない!

Ibaritz

釣り人がいたり、子どもたちがボディーボートしたり…ゆっくりと時間が流れます。

このビーチには、おすすめ海バスクレストランがふたつ! 今回はそのひとつをご紹介します。

A_la_plancha1

そのひとつはここ、レストラン「La Plancha」。海が目の前! 外の席は海がすぐそこです。

A_la_plancha2

レストランの名前はバスク料理、ア・ラ・プランチャからとったもの。Plancha は鉄板の意。炭火をおこしてその上の鉄板や網でさまざまな素材をBBQ! それがアラプランチャです。簡単ですが、素材が命。海鮮類が新鮮な海バスクならではの料理です!

Menu_plancha 

メニューはブラックボードで読みにくい!! でもイケメンぞろいの店員さんたちがにこやかに説明してくれました。みんなスポーツマンタイプでスタイルよくってかっこいい! なんと yoyo のだんなさまもここでバイトしていたとか…?

Merlu 

白身のお魚メルリュ (メルルーサ) ! 2人分で39ユーロ 。バターたっぷりでおいしそう! 焼き方はバター風味とスペイン風の2種類でした。スペイン風はオリーブオイルを使うと思われます。

Ebi_plancha

にんにくたっぷりのエビはカオリンの大好物!! 白ワインがよく合う! だいたいつけあわせはベークドポテトと決まっているようです。

アラプランチャは海鮮だけではありません。肉類も鉄板や網で炭火で焼きます。

ラム肉、ビーフ、ポークとバラエティもさまざま。

うれしいことに、レストランのすぐ脇には小さな公園が! 子ども連れでも安心して食べられます! ご飯を食べ終わった子どもたちは一目散に公園へ…。

子どもメニューは残念ながらないのですが、うちは今回ビーフを子ども二人で分けました。おいしかったようで、それはもうガツガツと食べてくれました。

いつも思うのですが、フランスは子どもには寛大。「パータジェーsvp」と言えば気取らないレストランならばどこでも1皿を2人で分けたりできます。もちろん家族連れでいけるようなレストランでの話しですが…。スモールポーションで…と頼めば小さめに盛り付けてくれることも。取り皿だって出してくれます。

ケチャップ、ケチャップーと騒ぐわが子にイケメンのギャルソンが…「当店ではケチャップ禁止になってます…」と軽いジョークを…。ジョークに気づかない子どもたちは目が点。その後に大瓶のケチャップを持って現われたイケメン。うーん家族で楽しませてくれます~。

フランスの夏の夜はなかなか降りてきません。ご飯を食べて外へ出るころにはきれいな夕焼けが…。

Alaplancha

La Plancha d'ibarritz

Av. d’Ibarritz
64210 BIDART
05 59 23 44 95

大きな地図で見る

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/06/01

ホテルレストランChiloのお部屋

yoyoです!

金曜日のこと、仕事帰りにスーパーでワインを買おうとしたら、
なんと!
身分証明書を求められましたwobbly
5年間フランスに住んでいて初めての出来事sign03
フランスは18歳からアルコールがOKな国なので、つまりそれ以下
におもわれたってこと・・・!?
実はこの日まさに1歳年をとって、3newmoon歳になった日だったのでsweat01
あまりのタイミングに笑えましたgood
パーカーにスニーカーとラフな格好だったからかなぁ。
それにしても・・・????
フランスではアジア人ってほんと若く見られるんですよ。


さて、今日は、以前お料理がとっても美味しいとご紹介した
バスク最東端の村、BARCUSにあるホテルレストラン・シロ
のお部屋をご紹介しますね。

Cimg5934

ここで、調理人として働いている日本人のセリナさんにお願い
して、写真をとらせていただきました。
どれも薄暗くなってしまい、うまく撮れなかったので残念なの
ですが・・・。

まずは18番のお部屋から。ゆったりしていて、家族で過ごす
のにビッタリ。まず、大きなお部屋にキングサイズ?のベッド、
そして団らんスペースも。

Cimg5943

Cimg5947

そして隣の小部屋には、シングルサイズのベッドが2つに
小さなソファーも。子供用にいいかな。
お値段はシーズンによって、一部屋あたり105~140ユーロが
目安。

Cimg5945

お次は14番の部屋。

Cimg5951

ジェットバス(バブルバス)でした。ここは85~105ユーロ。

Cimg5952_r1

そして、18番のお部屋。シンプル。浴室はシャワーのみです。
65~85ユーロが目安です。

Cimg5955

ホテルの裏手です。

Cimg5959

Cimg5960_2

お庭が続いていて・・・奥にはプールがあります。

Cimg5961

プールから見える景色はこんな感じで、ホテルの裏手にずっと
のんびりした風景が広がっています。

Cimg5965

お部屋の値段に34ユーロ足すと、朝食・夕食つきプランに
変更できます。
また、ガストロノミープランなど、フルコースの食事つきプランも
ありますので、詳しくは前回ご紹介した記事をごらんくださいね。

ちなみに、ホテルの前には小さなお肉屋さんがあり、パテや
バスク料理の加工品などが購入できます。
また、セリナさん行きつけのパン屋さんもあり、ローブリュー
(バスク地方の鍵十字)のマーク入りガトーバスクも購入できます
よ!

Cimg5981_4

クリームたっぷりで、ずっしりとしていて甘さ控えめでした。

それ以外は、基本的に周りに何もない小さな村です。
小さなスーパーが徒歩圏内にありますが、結構歩きます。
都会の喧騒を離れてゆっくりのんびり過ごしたい方、
自然の中でバスクの新鮮な食材を使った美味しい料理に舌鼓を
うちたい方、そんな方におすすめの隠れ家です。
ただ、公共交通手段がないため、移動はレンタカー必須(または
タクシー)です。
「ブログを見て・・・」と伝えていただければ、セリナさんもいろいろ
と気にかけてくれると思います。フランス語がダメという方も安心
ですね。

日本からのバスク観光は、観光スポットの多い海バスク周辺が
中心になりがちですが、時間に余裕のある方は、このホテルがある
山バスクの東、スール地方もたずねてみてくださいね。
また違うバスクの顔に出会えますよ!
以前ご紹介した世界遺産ロピタル・サン・ブレーズの聖堂
オロロン・サントマリーも近郊にあります。
その他のスポットもまた少しずつ紹介していきますね。

by yoyo

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »