« アランさんのオーガニックブルビチーズ | トップページ | 2つ星レストラン Chez Ruffet »

2008/06/23

サンパレの食堂

yoyoですrun

私の住む村には信号はおろか、お店は一つもないので、日常
の買い物は、以前ご紹介したバスクリネンのアトリエ(ONA TISS)
があるサンパレ(SAINT-PALAISで済ませます。
小さな町ですが、スーパーやクリニックもあるし、銀行、郵便局、
図書館、小さな映画館もあるので、欲を出さなければひととおり
のものは手に入ります(おしゃれな洋服や気のきいた小物類、
プレゼントとなると、海側まで行かないとダメですねweep・・・)

ホテルレストランが中心部に3軒、キャンプ場や民宿もあり、
人気観光地の渋滞や人込みを避けて、ゆっくり過ごしたいという
ヨーロッパからの観光客をチラホラ見かけます。

2人とも夕方遅くに仕事から戻ってきて、ご飯の準備はまだ、
でもすぐ食べたーい!という日に夫が決まって行きたがる食堂が
AUBERGE DU FOIRAIL」。

「安い、早い、気どらない」の3拍子揃ったこの食堂は、独身時代
にもよくお世話になったとか。平日のランチタイムは地元の人で
いっぱい。肩の凝らない田舎の食堂を想像してください。

Cimg6027

あくまでも食堂の家庭料理です。
地元の人に紛れて、ランチをお手ごろ価格で食べた~いという
方には、悪くないかな・・・と思います。
いろいろ試してみて、うーん、イマイチという料理もあったん
ですが、最近落ち着いたのが、この一皿。

shineSALADE LANDAISE(ランド風サラダ) 小 8ユーロ

(自家製ファオグラ、鴨の砂肝&鴨胸肉のスモーク、
バイヨンヌの生ハムなど)

Cimg5920

自家製フォアグラ、鴨のジェジエ(砂肝)やマグレ(胸肉)が絶品。
田舎ならではの新鮮な素材です!
サイズは小だけれど、これだけでも十分おなかがいっぱいに
なります。でも、14ユーロで大皿にもかえられますよ~。

Cimg6035

同じサラダだけど、日によってファオグラの厚みや盛り付けも
結構ちがい、テキトーな感じ coldsweats01

Cimg4128

こちらは、アショア(バスク語で細かく刻んだものという意味)。
正式にはAXOA DE VEAUというバスク料理です。
よく、フライドポテトが添えてあり、バスクの学食ではスパゲッティ
の上にこのアショアがかかって出てきたりします!
結構ずっしりくる一品です。シェアするといいかも・・・。
子牛のひき肉をたまねぎやパプリカと煮込み、エスプレット
の唐辛子を仕上げにいれます。

Cimg6034

これは夫の定番。下にちょこっと見える肉は、
ventrèche(ヴァントレッシュ)と言って、厚切りベーコンみたいな
感じです。かなり脂っぽいですが、カリカリに焼いて、パンに
はさんだり、こうやってサラダと食べ合わせたり・・・
スライスチーズはもちろんブルビですcapricornus
これは、バスクの農家の人がまさに朝仕事を終えて、食べる
メニューだそうですよ。

footAUBERGE DU FOIRAIL
35 rue jeu de paume
64120 Saint-Palais
Tél : 05 59 65 73 22





大きな地図で見る

この食堂のお隣には、★★ホテルが並んでいます。
また別途ご紹介しますが、auberge foirailとは雰囲気がまったく
違ってちょっとシックな感じです。
左のLe trinquetは最近改装されて、お値段も高めで、一番
モダン。サンパレっぽくない?お洒落な感じです。
真ん中のHotel de la paixは、地元の評判で総合点一位。
2つ星ホテルなりの雰囲気もありながら、オーナーもフレンドリー
だし、お料理も悪くないです。

Cimg6022_2


番外編ribbon

サンパレでバゲットが一番美味しいと地元で評判のパン屋さん
がこちらOGI BESTA。AUBERGE FOIRAIL向かって右手すぐの
角です。バゲットを週に3回ほど届けてもらっていますが、
モチモチ感があり、美味しいです。ただし、ケーキ類はイマイチ・・・
ここで、ミオジャムが少し買えますよ~

Cimg3031

flagサンパレお役立ちリンク&アドレス

house 観光局

http://www.tourisme-saintpalais.com/

house Hôtel de la paix
33 rue du jeu de Paume
64120 Saint-Palais
Tél : 05 59 65 73 15

house Hôtel Restaurant le Trinquet
31 rue du jeu de Paume
Tél : 05 59 65 73 13

house Hôtel du Midi
Place du Foirail
Tél : 05 59 65 70 64

car タクシー

Taxis Meinjou : 05 59 65 72 40

bus バス(バイヨンヌとサンパレを1時間強で結びます)
HIRUAK-BAT : 05 59 65 73 11

by yoyo (2008/06/23)

|

« アランさんのオーガニックブルビチーズ | トップページ | 2つ星レストラン Chez Ruffet »

バスク情報」カテゴリの記事

コメント

yoyoさんこんにちわ!
いいですね。近くにこんな気取らない食堂があって!フォアグラと砂肝のサラダおいしそう!!アショアってまだ食べたことないんですよね~。そちらではみなさん、パンは配達を頼むのですか?バゲットを入れる袋がぶら下がってますよね。

投稿: こさじ | 2008/06/23 23:08

yoyoさんこんばんは!その8€のお皿いいですね!フォアも入って8€なら安いです♪思ったんですがフランスバスクとスペインバスクでは食べてるもの違うような?この料理初めて聞きました。フランスってパン美味しいですよね♪スペインのパン屋はどこで食べてもいまいちです。なんでこんなに違うのっていつも思います。そのパン屋いいですね♪是非行ってみたいです☆

投稿: fermintxo | 2008/06/24 00:47

よよりんがんばってるね~
フォアグラたっぷりだね! すごい大盛り。

帰国の準備疲れでもうくたくただよ~。
更新楽しみにしてます!

投稿: カオリン | 2008/06/24 07:32

SALADE LANDAISEおいしそう!これは是非食べてみたいflair
今見るまですっかり忘れてたけど、ジェジエ大好物だった!初めて食べたときの衝撃が今よみがえってきたよ。美味しいよねhappy01

そして、これって砂肝だったのね。知らずに食べてた~

投稿: Fromist | 2008/06/24 18:12

tulipこさじさん
いえいえ、うちが辺鄙なところにあるので、パンの配達をお願いしているだけですよ~田舎ではよくありますが!
アショアは、個人的にはパスタとかとからめてすっきり食べるのが好きです。一度は是非お試しあれ~!

tulipfermintxoさん
この皿はすごく安いですよ。パリなら内容的に2~3倍します。このサラダはバスクの名物ではなく、南西のレストランでよくあるんですが、名前の由来はバスク北のランド地方です。ファオグラなどが有名です。私はスペインのチャパタとか好きですよ~いわゆる白パンが好きで・・・実はバケットはあまり食べないんです、私!!

tulipカオリン
見ただけでおなかいっぱいになっちゃうサラダだよねー。ファオグラだけ食べたい人にも安いかもね?!

tulipFromist
だよね、ジェジエ好きだったよねー。
スーパーとかで買うとやっぱりイマイチだから、直売所で買うのがおいしいね~。こここならうちから10分だから、いつでも行けるよ~good

投稿: yoyo | 2008/06/25 10:36

地元ネタいいね~。
「ランド風サラダ」フランスらしいっ。
けんちゃんがよだれ垂らしそうな勢いで見てたよ^^
日本だとこんな値段で食べれないよね、
しかも量もいい感じだし。
生ハム食べたくなってきた~bearing

投稿: あーちゃん | 2008/06/25 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/21748880

この記事へのトラックバック一覧です: サンパレの食堂:

« アランさんのオーガニックブルビチーズ | トップページ | 2つ星レストラン Chez Ruffet »