« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008/07/22

山バスクのドライブコースといったら・・・

今日からバカンスにたつyoyoです!バスクはこれから8月上旬まで
の予報が良好。気温も30度近くで快晴の日が多いようですね。

日本満喫中のカオリンから連絡がはいり、もうすぐ日本から記事を
書いてくれるとか・・・。楽しみだなぁ~smile

タイトルには関係ないのですが、めずらしい写真がとれたので公開
します!少し前から台所に隣接する物置からやけに鳥の甲高い
鳴き声がするので、見てみたら、鳥の巣ができていました。
親鳥が雛chickにエサを運んでくると、大合唱が始まります。
その瞬間を偶然にもとらえたのがこの写真。

Cimg6550

可愛いheartでしょー!?

普段は口ばしくらいしか見えず、巣の中にしっかりかくれているの
ですが・・・。
バカンスから帰ってくる頃には飛び立っているのかなぁ~。
ちょっと寂しい感じもします。

さて、本題にはいります。以前、海バスクのお気に入りプチドライブ
コースをご紹介したので、今日は山バスク編。

サン・ジャン・ピエ・ド・ポールから約10分ほどのLarceveauから
Col d'osquich(オスキッシュ峠)を通り、スール地区のMauléon
(モレオン)に抜ける山道D.918です。
地理感がないと、地名を書いてもピンとこないと思いますがsweat01
グーグルの地図をコースの全形が見えるサイズに設定しましたの
で、最後にご確認くださいね。

以前、同僚に「すごくキレイだから」とこの道を進められ、仕事帰り
にちょっと遠回りになるけれど通ってみたのがきっかけで、よく利用
するようになりました。
スール方面からサン・ジャンに抜けるにはとても便利。峠なので、
道はかなりくねくねしますが、地元でも評判のドライブコースです。
広大なパノラマは、バスクらしい田園風景がどこまでも続いていま
す。ここで言う「バスクらしさ」とは、みずみずしい緑で覆われた丘陵
地帯で変化に富んだ風景であること。そこに赤い屋根の家々が点々
と色を添える感じ。(下の写真2枚目の風景がまさにそうです)。
写真では景色が一部しか切り取れないので、う~ん、残念。

Cimg6120
こちらは、グレーの屋根の家が多いですが、ベアルン地方に近い
スール地区の特徴です。家の感じも典型的なバスクの家とは
だいぶちがうんです。また改めてご紹介します。

Cimg6126

峠の頂上には、ホテル・レストランがあります。
入ったことはありませんが・・・。
このあたりは、秋に通ったら紅葉がキレイで、日本をふと思い出し
ました。

Cimg6132

この峠を越えるのに、30分ほどかかります。途中、鄙びた小さな
村々を通っていきます。たとえば、Musculdy, Ordiarpなど。
このあたりは、チーズ直売所も多くあります。特に何があるわけで
はありませんが、ひっそりとした村人の生活風景をのぞいてみるの
もまたオツなものですよね。
モレオンまで来れば、以前ご紹介したBarcusのレストランCHILOは、
車で20分くらい、世界遺産のロピタル=サンブレーズ聖堂までは
15分くらいです。

大きな地図で見る

by yoyo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/07/21

アラメダ(オンダリビア)

yoyoです!

昨日・今日と曇り空のバスクcloud  肌寒くて長袖を着ています。

アップがかなりおくれましたが・・・6月のとある日曜日、スペイン
バスク、オンダリビアの一つ星レストランアラメダへ行ってきま
した。

この日はとーってもいいお天気で、ご覧の通り、きれいな青空。
中は広々としていて、ガラス張りなので明るい日差しが差し込み、
ブランチにぴったりのとても気持ちのよいレストランです。

Alameda_1

予約は、13時30分。でも、テラスでアペリティフを飲んでいた団体
客以外は、お客さんがまだいない・・・
予約が早すぎたんですcoldsweats01
スペインのランチは14時からはじまる・・・っていうのも納得。
14時以降、どんどん入ってきました。小さな子供連れの方が多く
ワイワイとカジュアルな感じ。
スペインバスクに行くと、バルでピンチョスをつまむので、きちんと
したレストランに入ったのはこの日が実は初めてでした。

スペイン語のメニュー、ひゃー分からない!フランス語メニューが
あったので、助かりました~。
でも、フランス語があまり通じなかったので、思うようにコミュニケー
ションがとれず、苦労しましたsweat01 やっぱりスペイン語もちょっと話せ
るようになりたいなぁ・・・sign01

まずは、チャコリ(微発泡性の白ワイン)で乾杯!
キリリと冷えて上品な炭酸がとってもさわやかgood

今回は、料理人&お菓子職人のお友達とでかけたのですが、
料理人のお友達は、単品でチャングロ蟹のサラダにイベリコ豚の
ソテーなどを注文。お得なコースが好きなわたしは名物のシピロン
(イカ)や魚・肉料理がつくコースをオーダー。
アラカルトのメイン料理は20ユーロ前後、コース料理は40ユーロ~
です。

この日、カメラが見当たらず撮影できなかったのですがbearing、一緒に
行ったお友達が写真を提供してくれた(ありがとう!)ので、何枚か
のせますね~!

Alameda_2
生のシピロンをいただいのは、初めて。お気に入りの一品heart03

Alameda_3

Alameda_4

Alameda_5

全体の感想として、素材の良さを味わうべく、シンプルに仕上げ
ている感じで、バスクらしい!
ひねりすぎず、シンプル。素材に自信がなければできない、
そして、いい素材が手に入らなければできない・・・
ある意味、何よりも贅沢かもしれませんね。

オンダリビア旧市街入り口のすぐ横という絶好のロケーションなの
で、腹ごしらえをしたら旧市街散策に出かけるのもいいですね!


footAlameda
Minasoroeta 1, 20280 Hondarribia
TEL : 943 64 27 89
月曜および火、日の夜定休


https://www.restalameda.com

by yoyo

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/07/17

ガルビュールを食べるなら・・・

追記(2011年8月)
こちらのレストランは残念ながら、閉店になってしまいました。
人気店で素敵なシェフだっただけにとても残念です・・・

yoyoですsmile

ちょっと季節外れな話題ですが、バスク地方のレストランでよく出て
くるスープといえば・・・

ブログ内でも何回かご紹介した「ガルビュール」。

豆や生ハム、鴨の肉汁、コトコト煮込んだお野菜から出る自然な
おダシがやさし~いお味で、ほっとする家庭的なスープ。友達が
来ると必ずと言っていいほど作ります。お野菜たっぷりの「食べる」
スープなので、女性にも大人気note

バスク料理の1つとして定着しつつもありますが、バスクのお隣、
ベアルン地方が起源とも言われています。とにかくバスクではよく
このスープを目にしますし、レストランによって味が違うので毎回
楽しみ。

お肉の種類は、南西地方の特産品である鴨のコンフィや焼いた
生ハム、すね肉の塊、ソーセージなど、作り手によってさまざまで
これらがダシの決め手になります。
入れる野菜の定番は、キャベツ、にんじん、じゃがいも、西洋ネギ
白豆・・・などですが、肉同様、なんでもアリです。
仕上げには、エスプレットの粉末唐辛子を!
これで完璧にバスク料理good

9月初め(今年は9月6日)には、オロロン・サント・マリーで、
「GARBURADE」というガルビュールのコンテストがあります。
作り手のセンスで味が決まるこの料理。
世界で一番美味しいガルビュールを競い合うべく、挑戦者が
ガルビュール作りに励みます。何時間も煮込まれた出来立て
ホヤホヤのスープを夜みんなで食し、チャンピオンが決まるの
です。

プログラムはこちらからどうぞ。


そんなガルビュールの専門店ともいえるレストランがバイヨンヌ
中心地にあるLa Garburada rose
数知れず食べたガルビュールの中で、ここのが一番美味でした。

2005年にオープンしたばかりで、シェフは、Alain DARROZE
実はこの方が先ほど紹介したオロロンのコンクールの仕掛け人
であり、知る人ぞ知る有名シェフ。
フランソワ・ミッテラン元大統領の専属料理人だったという肩書きの
持ち主で、地元の素材をこよなく愛し、活性化させるために、
アソシエーションを立ち上げたりしています。
とーっても気さくな人柄で愛すべきシェフです。

La_garburada_rose_1

目印はこの看板。

La_gar_rose_2_2

席数もわずかで、小さなお家に遊びに来たような感じ。
カジュアルな雰囲気がバイヨンヌらしい~。

La_gar_rose_3

La_gar_rose_4_2


Garbure

chick 鴨入り 14ユーロ

pig 豚入り  16ユーロ

pigchick 鴨・豚ミックス 19ユーロ

その他、ガルビュール食べ放題+ブルビチーズ+自家製の
お菓子(28ユーロ)なんていうのもありました。

わたしたちは、ミックスを3人で分け、その他3品頼んで取り分けました。
とにかくここでは、ガルビュールは是非試してほしい~!
次はガルビュール+自家製デザートを頼んでみようかなぁ~

ring アランさんのガルビュールレシピ(フランス語)をごらんに
なりたい方は コチラから。

footLA GARBURADE ROSE

34 RUE D'ESPAGNE(カテドラルからすぐ)
64100 BAYONNE
TEL: 05 59 59 39 50

by yoyo (2008/07/17)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/07/14

シャトー・ダバディー(HENDAYE)

yoyoですtulip
今日は友人宅で寿司パーティーだったので、朝からせっせと巻き
寿司をつくりました~。昨日はサン・ジャン・ド・リュズで、恒例の
マグロ祭りがあったので行きたかったのですが、ひどいお天気で
断念・・・。

さて、前回、お気に入りの海沿いドライブコース(Saint Jean de Luz
~ Hendaye)と寄り道スポットSOCOAをご紹介しましたが、今日
ご紹介するもう一つの寄り道スポットは、終点間近のHendayeにある
château d'Abbadie(シャトー・ダバディー)です。
看板を見落とさないように~!

このお城、中に入らずともなかなかユニークだし、ここからの景色
がキレイなので立ち寄る価値ありです。
外をぐるりとまわってみてくださーい。

Cimg1953

Cimg1956
動物の彫刻があちこちに・・・

Cimg1960

1860年から1870年にかけて建設されたこのお城、
ユージェヌ・ヴィオレ・ル・ドュックによって手がけられました。
城主であった、物理学者のアントワ-ヌ・ドゥ・アバディー
(Antoine d'abbadie)は、地理・天文学に夢中で、東洋の文化・
芸術を愛していたそうです。
ネオ・ゴシック調で、中世の城塞をモデルに建築されたこのお城
の装飾には、アフリカのシンボルが描かれたフレスコ画や城主
が数々の国を旅行してひらめいたアイデアがもりこまれています。
城の中には、天文台(観測所)があり、教会にはアバディー氏
が眠っています。

Cimg1961

お城の後ろ側にはこーんな素敵な海景色が広がってますよ~

Cimg1958_2


そして、もう一つの目玉は・・・

64ヘクタールもある、お城の周囲、ドメーヌ・アバディアを散策
することrun

この敷地は、アバディーが亡くなるときに、科学アカデミーに
贈呈され、自然保護地区に指定されています。
徒歩でしか散策できません。お城の見学は有料ですが、こちらの
散策は無料。
さまざまな動植物相が見られ、渡り鳥を中心に野鳥の観察が
できたり、羊がいたり、ピレネー・アトランティック県産の果物園
(品種保護)があったりします。
岸壁が続く雄大な大西洋をのぞみながら歩くのはとっーても
気持ちがいいですよ~heart02 長く歩いたけれど、時間を感じさせな
いほど景色がすばらしかったです。

以下、散策中に撮影した写真(去年の8月後半)の一部です。

Cimg1974

Cimg1969
海側から見たお城

Cimg1979

Cimg1981
お城がこんなにちっちゃく見えるところまで歩いてきました~

Cimg2004
"Les 2 Jumeaux" 双子の岩 

Cimg2006
アンダイエのビーチが見えてきました~

途中で何度も足をとめながら、ひとまわりして、2時間はたっぷり
かかった記憶があります。

実はビダールからアンダイエまで海岸線沿いに散策コースが
25Km続いていて、ご紹介したのは、その中の1部です。
いつか海岸線沿いのこの散策コースを全制覇してみたいナ・・・。

footChâteau d'abbadie & Domaine d'abbadia
route de la corniche 64700 HENDAYE
TEL: 05 59 20 04 51
http://www.academie-sciences.fr/Abbadia.htm



大きな地図で見る


by yoyo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/10

海バスクのドライブコースといったら・・・

yoyoです。

山バスクに住んでいるワタシですが、実は海派なので、カオリンが
うらやましくてしょうがないっ!
ここ数日、とってもいいお天気で、真夏日が続いています。
海日和~wave

そんなyoyoお気に入りの海岸線沿いおすすめプチドライブコース
を今日はご紹介しま~す。
これからの季節は渋滞の可能性大ですが・・・景色がきれいなので
渋滞してたらむしろゆっくり海が見られる?!

スタート地点はサン・ジャン・ド・リュズ。大西洋沿いをひたすら
南下していき、ゴールはスペイン国境に一番近い町、Hendayeの
プラージュ(海岸)。わずか10数キロの短いドライブコースですが、
眺めは最高、と~っても気持ちがいい。

Cimg1938
サン・ジャン・ド・リュズを後にしてCIBOUREという町を通っているところ・・・
(写真は3月撮影なのでビーチに人がいません)


時間がたっぷりある方は、ここでSOCOA(ソコア)に寄って、
要塞や防波堤に激しくうちつける波を見に行くという寄り道
コースもあり。サン・ジャン・ド・リュズを後にして、わずか数分
で看板が右にでてきます。波しぶきに要注意~!

Cimg3184_3

Cimg3193

スペインの侵略から町を保護するためにルイ13世の命により作られた要塞。
ルイ14世の宰相だったボーバンにより、防波堤、桟橋などが強化・改良されまし
たが、地上から攻めやすいという弱点がありました。

Cimg3215

さぁ、軌道修正、HENDAYEを目指して車を進めていきまーす!

Cimg1948

Cimg1951

フランスバスクからスペインバスクへ車で向かうには、高速をつか
ったり、国道で内陸を通ったほうが近道なんですが、時間がある
ときにはこうやって、海沿いを走るのが断然おすすめです。

もう一つの寄り道おすすめスポットは・・・・
アバディー城(château d'Abbadie)。

次回はこのお城をご紹介しますね。

by yoyo (2008/07/10)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008/07/08

バスでスペインバスクへ

芝刈りに精を出し、全身筋肉痛のyoyoです。
いい運動になりました。

今朝起きたら2万アクセス達成ribbon
カオリ~ン、嬉しいね。日本で見てるかなぁ。
いつも読んでくださっている皆さん、ありがとうございますhappy02

さて、バスクをどの交通機関でまわるか・・・
これはなかなか難しい選択肢だと思います。
レンタカーがいくらおすすめとはいっても、免許のない方もいます
し、このバカンスピーク時は、駐車する場所を見つけるのも大変、
渋滞覚悟・・・なんて問題もでてきます。
現在、車以外の手段で夏のバスク旅行計画中のお友達が2人いる
のですが・・・
今日のブログはそんな彼女たちへのメッセージも兼ねて。
私は日常、車で移動してしまうので、今日ご紹介するバスに乗った
ことはないのですが、時間さえあえば乗り換えもなしで楽チンかも
しれませんね!

すでに、1月に、カオリンがブログ内でスペインバスクへ行く方法を
くわしく紹介してくれています。
バカンス前にもう一度おさらいの意味も含め、その記事のご紹介
とともに、バスが停まる主要地点などを今日はご案内しますね。

info02 記事はこちらから


info02 サンセバ在住のお友達、あーちゃんが、サン・ジャン・ド・リュズ
へバスで遊びに来たときのブログ記事もどうぞ。こちらから


busバス(PESAという会社)について

バイヨンヌビルバオ(片道18、10ユーロ)を結びます。

バイヨンヌのPLACE DES BASQUE(観光局がある広場)出発。
フランス側はチケット販売場などがないので、バスの中で直接
運転手からチケットを購入してください。
ちなみに7月・8月で入力してみると、バスは2本。カオリンが記事で
紹介してくれた時刻と、現在もかわっていないようですね。
主要観光地のバス停と、所要時間をご参考までにアップしますが、
時刻は変更になることも十分ありえるので、必ず公式サイトで
ご確認くださいね。


info02 ご参考(2008年7月現在)

Bayonne(観光局)     12時
  ↓
Biarritz(観光局、公衆電話のすぐ隣) 12時15分
  ↓
Saint-jean de Luz(駅)  12時45分
  ↓
Hendaye(海岸)       12時55分
  ↓
Hendaye(駅)               13時05分
  ↓
Saint sébastien(Amala Plaza Hotel) 14時
  ↓
Bilbao                          15時10分


2本目はバイヨンヌを18時30分に出ると、ビルバオに21時40分
です。スペインバスクの人気観光地は、サンセバスティアンですが、
たとえば1番目のバスに乗れば、サンセバスティアンでバルめぐり
をして、宿泊し、次の日の14時30分発で帰ってくると、丸一日サン
セバも楽しめますね。バイヨンヌ到着が16時です。
朝一番でサンセバを9時に出て、10時30分バイヨンヌ着も
あります。日帰りでないとダメな方は、ほぼ30分おきにでている
HENDAYEからの電車がいいでしょう。


yen サンセバまでのバスの料金(片道)

バイヨンヌから 7、30ユーロ
ビアリッツから 6、30ユーロ
サン・ジャン・ド・リュズから 4、25ユーロ
アンダイエから          2、85ユーロ


こちらのサイトからバスの時刻や出発地が見られます。

夏のバカンス計画に少しでもお役に立てれば嬉しいです。

by yoyo (2008/07/07)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/07/07

七夕の日に思う・・・

yoyoです。

今日は七夕shineですね。昔からこの日が好きだったワタシ。
フランスでは七夕といってもピンと来ない人ばかりです。
でも、フランスの空からもちゃんと2つの星は見えます!
山バスクは朝から曇り空cloud。日中の気温は17度。
織姫と彦星が天の川を見つけられるといいけれどnight

宮城・岩手内陸地震で被災した幼稚園では、今日、短冊の願い事
に「じしんがおこりませんように。」「こわれたどうろがはやくなおり
ますように。」と書いた幼稚園児が多かったとか・・・。
子どもたちの切実な願い、胸が痛みますね。
まだ避難生活を続けられている方がいらっしゃるとのこと、
被災した村や町が一日も早く復興し、皆さんが元の生活を送れる
よう、遠くから祈りたいと思います。

実は今朝から慣れない芝刈りに励んでいて、ただいま休憩中cafe
何度目の休憩だろうcoldsweats01
芝刈り機が壊れて、早数ヶ月・・・家の正面と裏手にある庭の雑草は
伸び放題・・・荒地状態と化してしまった我が家ban。恥ずかしい・・・bearing
早くなんとかしたいのに、修理から一向にかえってこない芝刈り機。
タイミングの悪いことにパリ在住の大家さんが帰省してきましたsweat01
絶対見せたくない庭と嫌でもご対面sweat02
・・・もちろんご機嫌斜めですangry
契約の中で、家賃を安く払うかわりに、敷地がとても広いので、手入
れをするというのが条件だったんです。
仕方ない、覚悟を決めて、植木を刈る大バサミで思い切ってカット
することに。ゆっくりゆっくり進んでいますが。。気が遠くなる作業。

バスク人にとって家は昔から神聖で大切な場所でした。
単なる住居という意味合いを越えて、昔から社会活動の中心地と
いう考えや家族の集まる場所という考え方があるのです。
そういうわけで、庭は人目につく、いわば「家の顔」なので、キレイに
手入れをして、花々を飾る習慣があります。
特にこの時期、バスクの家々のバルコニーや庭にはゼラニウムが
たくさん飾られています。垂れ下がるゼラニウムは特に美しく
バルコニーを赤やピンクで彩っています。

何はともあれ、フランスでは地震の心配はほぼ皆無ですし、住む家
があることに感謝しなければ・・・と思った1日でした。

では、重い腰をヨイショして、芝刈りの続き・・・行ってきま~す。

by yoyo (2008/07/07)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/04

Château d'URTUBIE シャトーホテル

yoyoですnote

今日のバスクは海日和 wave。夏が戻ってきた感じです!
日中の気温は28度まであがりました。でも明日の予報は
また雨で、18度前後とのことwobbly。バスクにお越しの皆さんは
くれぐれも、脱ぎ着のできる服装・はおるものをお忘れなく~

今夏はバスク人気で日本人観光客の方が増えるかな~?
楽しみです。いま、わたしも夏のバカンスの予定をたてている
のですが・・・
こうやって予定をたてているときって、実は一番楽しかったり
しません?

どこに泊まろう、何を食べよう、どうやってまわろう・・・
バカンスの過ごし方は人それぞれ。

今日は、海バスクのシャトーホテルの1つをご紹介しますが、
プライベートプールのある広い庭でゆっくり静かに過ごした~い!
なんていう方や、せっかくヨーロッパにいるのだから、歴史ある
お城に泊まってみた~いという方、スペインバスクの近くに
泊まりたい・・・という方におすすめです。

       flagChâteau d'URTUBIE

サン・ジャン・ド・リュズまで3km、スペイン国境まで9kmという
立地なので何かと便がいいし、駐車場の心配も無用。
歴史建造物なので、見学のみも可能です。

Cimg5851 

Cimg5856

Chateau_d_urtubie

1341年にイギリス王エドワード3世の承認をうけて建築された
この城は、要塞化され、16~18世紀にかけて拡張されました。
建築当初から現在まで、同じ一族の所有地です。


6ヘクタールある土地の庭にはプールやテニスコートも。
気持ちいいでしょうね~!う~ん、なんとも贅沢なバカンスの
過ごし方。

Jardin

5月に宿泊した友人にチラッと動向したのですが・・・
オーナー自ら迎えてくれ、部屋まで案内してくれました。
日本語が話せるフランス人女性も出てきてビックリ!
なんでも日本に住んでいたらしたとか・・・。
常時いらっしゃらないようですが、とても親切な方でしたよ。

全10室あるお部屋の値段は70~160ユーロまで。
ホームページから、各部屋の大きさや設備が見られます。

こちらからどうぞ。


食事は朝食ビュッフェ以外(11ユーロ)基本的にとれません。
内容はまぁ普通のようですが、朝食のサロンは素敵だそうです。


↓こちらのお部屋の名前は「ルイ16世」

Chambre_1_2

Chambre_2

crown お城の見学期間

4月1日~10月31日 10時30分~12時30分、14時~18時30分
7月15日~8月31日  10時30分~18時30分

footRue Bernard de Coral
  64122 Urrugne

Tél.: 05 59 54 31 15 Fax.: 05 59 54 62 51
E-mail : chateaudurtubie@wanadoo.fr

http://www.chateaudurtubie.net/

大きな地図で見る

・。・゚★・。・。☆・゚・。・゚  ・。・゚★・。・。☆・゚・。・゚・。・゚★・。・。☆・゚・。・゚

このあとガソリンを入れにスペインのオンダリビアまで。
ものの15分です。
以前カオリンが紹介してくれましたが、国境沿いの愛らしい町で、
漁港があり、魚介類が美味しいことで有名。
ここへ連れていくと、みんな一目惚れしちゃう・・・。

Cimg5891
リューヌ山が見えます。

Cimg5893

町並みに負けず、船の色使いもカラフルでキュートheart04



by yoyo (2008/07/04)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/02

バスク地方のブランド~64~

yoyoです!

7月になりましたね。カオリンは無事日本に着いて、久しぶりの
里帰りを満喫しているようでなにより!
バスクもバカンスシーズン到来ですが、いまだはっきりしない天気
が多くて、一瞬晴れたかと思うと、雨が続いたり、曇り空だったり。
ただいま、窓の外はバケツをひっくりかえしたような大粒の雨rain
海岸沿いのレストラン経営者の「閑古鳥が鳴いてるよ~」と嘆く声
や太陽を待ち望む声が新聞にたびたびのっています。
今日は薄手のセーターをはおっても肌寒く感じるほどでした。
去年も冷夏だったので、今年こそ、太陽をいっぱい浴びながら
のんびり海岸沿いを散歩して、カフェでbeerbarを昼間っから飲みたい
ところ・・・。

でも、7月に入り、明らかにバカンス客が増えています!
昨日は朝から晴れていたので、サンセバに住むお友達と
リューヌ山fujiへでかけてきたのですが、駐車場は見事にfull
山道にまで路駐する車であふれていて、ビックリしました。
「羊待ちcapricornus」以外は渋滞知らずの山バスクでさえ、車の量が
増えて、追い越しも困難に。
車のナンバーを見ると明らかにバカンス客が多くなっています。
ちなみに見分け方は、ナンバーの最後の2桁がポイントです。
この2桁の数字が64なら、地元または近郊に住んでいる人。
これは県の番号で、フランスバスクは、64県(ピレネー・アトラン
ティック県)に属しています。ちなみに郵便番号はこの数字を
はじめとする5桁で表示されるので、64○○○となるわけです。

この番号64を○で囲んだロゴがバスクのブランドとして展開され、
ブティックがバイヨンヌ、ビアリッツをはじめ、いたるところにあるの
ですが、皆さんお気づきになりましたか~?

「64」
のロゴにこめられた想いは・・・
バスク海岸沿いの「生きた芸術」を象徴する数字。
大西洋と山に囲まれ自然の恩恵を最大限に受けた土地柄なので、
多様なアクティビティが満載。サーフィン、ぺロタ(伝統球技)、
ゴルフなどさまざまなスポーツを楽しめるバカンス地。
そんなイメージを連想させるにふさわしいビビットカラーやポップな
感じのコレクションを特徴としています。

バスクらしいなぁとつくづく思うのは、地元の人の車のステッカーに
このブランドのシールが貼ってあるのをよく見かけることです。
海岸沿いのサーファーの車にも。
Tシャツを着ている人、さりげなく小物を持っている人などもちらほら。
こういったブランドは、観光客のおみやげ品になりがちですが、
郷土愛の強いこの地方ならではですね。デザインや質もなかなか
なので、根強いコレクターもいるとか!

ベビー服から大人服までTシャツをはじめ、小物類、雑貨まで
充実しています。くわしくは、下記のサイトからどうぞ。

http://www.64.eu/index.aspx


さて、話は戻って・・・

肝心のリューヌ山は、久しぶりの青空だからか、バカンス突入
だからか、かなりの数の観光客であふれかえっていたにも
かかわらず、なんとも悲劇の霧騒動。
頂上にあがったら360度真っ白でしたcrying
鉄道駅は晴れで、予報も晴れだったのに、標高1000メートル
近くあがると、いきなり霧がもくもくと・・・cloud
山頂でピクニックをしましたが、霧の渦中にいるわたしたちは、
まさにミストサウナにはいっている状態。
「お肌がしっとりだね」、なんて悲しい冗談を飛ばすもむなしい感じ。
何百人というバカンス客がガッカリして下山しただろうと思います。
山頂のお店に飾られた美しい360度のパノラマ写真を見ると
嘆かわしい気持ちに・・・。
わたしたちは、まだ地元なので、リベンジもできますが、遠くから
来られたバカンス客の方をほんとに気の毒に思います。

晴れていても、用心。

登山鉄道の中で、関西出身の友達が、奥さんをチラッと見ながら
軽~く一言!
「リュ-ヌ山の天気と女心はかわりやすいんや!」

皆さん十分気をつけてくださいねー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »