« 2つ星レストラン Chez Ruffet | トップページ | Château d'URTUBIE シャトーホテル »

2008/07/02

バスク地方のブランド~64~

yoyoです!

7月になりましたね。カオリンは無事日本に着いて、久しぶりの
里帰りを満喫しているようでなにより!
バスクもバカンスシーズン到来ですが、いまだはっきりしない天気
が多くて、一瞬晴れたかと思うと、雨が続いたり、曇り空だったり。
ただいま、窓の外はバケツをひっくりかえしたような大粒の雨rain
海岸沿いのレストラン経営者の「閑古鳥が鳴いてるよ~」と嘆く声
や太陽を待ち望む声が新聞にたびたびのっています。
今日は薄手のセーターをはおっても肌寒く感じるほどでした。
去年も冷夏だったので、今年こそ、太陽をいっぱい浴びながら
のんびり海岸沿いを散歩して、カフェでbeerbarを昼間っから飲みたい
ところ・・・。

でも、7月に入り、明らかにバカンス客が増えています!
昨日は朝から晴れていたので、サンセバに住むお友達と
リューヌ山fujiへでかけてきたのですが、駐車場は見事にfull
山道にまで路駐する車であふれていて、ビックリしました。
「羊待ちcapricornus」以外は渋滞知らずの山バスクでさえ、車の量が
増えて、追い越しも困難に。
車のナンバーを見ると明らかにバカンス客が多くなっています。
ちなみに見分け方は、ナンバーの最後の2桁がポイントです。
この2桁の数字が64なら、地元または近郊に住んでいる人。
これは県の番号で、フランスバスクは、64県(ピレネー・アトラン
ティック県)に属しています。ちなみに郵便番号はこの数字を
はじめとする5桁で表示されるので、64○○○となるわけです。

この番号64を○で囲んだロゴがバスクのブランドとして展開され、
ブティックがバイヨンヌ、ビアリッツをはじめ、いたるところにあるの
ですが、皆さんお気づきになりましたか~?

「64」
のロゴにこめられた想いは・・・
バスク海岸沿いの「生きた芸術」を象徴する数字。
大西洋と山に囲まれ自然の恩恵を最大限に受けた土地柄なので、
多様なアクティビティが満載。サーフィン、ぺロタ(伝統球技)、
ゴルフなどさまざまなスポーツを楽しめるバカンス地。
そんなイメージを連想させるにふさわしいビビットカラーやポップな
感じのコレクションを特徴としています。

バスクらしいなぁとつくづく思うのは、地元の人の車のステッカーに
このブランドのシールが貼ってあるのをよく見かけることです。
海岸沿いのサーファーの車にも。
Tシャツを着ている人、さりげなく小物を持っている人などもちらほら。
こういったブランドは、観光客のおみやげ品になりがちですが、
郷土愛の強いこの地方ならではですね。デザインや質もなかなか
なので、根強いコレクターもいるとか!

ベビー服から大人服までTシャツをはじめ、小物類、雑貨まで
充実しています。くわしくは、下記のサイトからどうぞ。

http://www.64.eu/index.aspx


さて、話は戻って・・・

肝心のリューヌ山は、久しぶりの青空だからか、バカンス突入
だからか、かなりの数の観光客であふれかえっていたにも
かかわらず、なんとも悲劇の霧騒動。
頂上にあがったら360度真っ白でしたcrying
鉄道駅は晴れで、予報も晴れだったのに、標高1000メートル
近くあがると、いきなり霧がもくもくと・・・cloud
山頂でピクニックをしましたが、霧の渦中にいるわたしたちは、
まさにミストサウナにはいっている状態。
「お肌がしっとりだね」、なんて悲しい冗談を飛ばすもむなしい感じ。
何百人というバカンス客がガッカリして下山しただろうと思います。
山頂のお店に飾られた美しい360度のパノラマ写真を見ると
嘆かわしい気持ちに・・・。
わたしたちは、まだ地元なので、リベンジもできますが、遠くから
来られたバカンス客の方をほんとに気の毒に思います。

晴れていても、用心。

登山鉄道の中で、関西出身の友達が、奥さんをチラッと見ながら
軽~く一言!
「リュ-ヌ山の天気と女心はかわりやすいんや!」

皆さん十分気をつけてくださいねー。

|

« 2つ星レストラン Chez Ruffet | トップページ | Château d'URTUBIE シャトーホテル »

つぶやき」カテゴリの記事

バスク情報」カテゴリの記事

コメント

う~~ん・・残念だったね、ハイキング。ほんと「リュ-ヌ山の天気と女心はかわりやすい」のかも!coldsweats01

そして「64」確かTLSにもお店あったよね!?勘違いかな??
でも、あちこちでこのロゴ見てたのでよく覚えてる。車に張ってる人多いね。
デザインも悪くないし、気になってたんだ~smileバスク文化同様、ここのファンも根強そうだね~。

投稿: Fromist | 2008/07/03 05:06

64のサイト見ました~。さくらんぼとか、唐辛子とかバスクの香りプンプンで素敵ですねーt-shirtブランドに郷土愛を感じますねheartバスクに行ったら、即効入手して着用してたら地元の人は喜んでくれるでしょうかcherry
…霧って凄くぬれますよね…ビニール系のものにも水が滴るし、、お疲れさまでしたsweat01私が行くときは晴れてくれぇ~happy02

投稿: ykdk74 | 2008/07/03 08:22

改めて写真見てみたら見事に霧のオンパレードだよ~!
リューヌ山の例えは我ながらうまいっと思ってるみたいよfuji出発前に運転手さんとかに頂上の天気確認した方がいいよねー。でもあの調子だときっと大丈夫大丈夫とか言っちゃうだろなー。次こそはあのパノラマ写真を眺めなくて満足したいナwobbly

投稿: あーちゃん | 2008/07/03 10:30

>Fromist
こんなこともあるのかぁーとショックだったよぉ。天気ばかりはねー。そうそう、tlsにもあったよ、このお店。

>ykdk74さん
どうか晴れますように・・・。
見晴らしは素晴らしいはずです。進行方向左側に座るといいですよ~

>あーちゃん
ははは~あれはヒットだったね。
次回はこんなことにならないよう祈ろう。
ママたちが来るとき、空いてていいシーズンかもしれないよ~


投稿: yoyo | 2008/07/04 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/22032259

この記事へのトラックバック一覧です: バスク地方のブランド~64~:

« 2つ星レストラン Chez Ruffet | トップページ | Château d'URTUBIE シャトーホテル »