« Château d'URTUBIE シャトーホテル | トップページ | バスでスペインバスクへ »

2008/07/07

七夕の日に思う・・・

yoyoです。

今日は七夕shineですね。昔からこの日が好きだったワタシ。
フランスでは七夕といってもピンと来ない人ばかりです。
でも、フランスの空からもちゃんと2つの星は見えます!
山バスクは朝から曇り空cloud。日中の気温は17度。
織姫と彦星が天の川を見つけられるといいけれどnight

宮城・岩手内陸地震で被災した幼稚園では、今日、短冊の願い事
に「じしんがおこりませんように。」「こわれたどうろがはやくなおり
ますように。」と書いた幼稚園児が多かったとか・・・。
子どもたちの切実な願い、胸が痛みますね。
まだ避難生活を続けられている方がいらっしゃるとのこと、
被災した村や町が一日も早く復興し、皆さんが元の生活を送れる
よう、遠くから祈りたいと思います。

実は今朝から慣れない芝刈りに励んでいて、ただいま休憩中cafe
何度目の休憩だろうcoldsweats01
芝刈り機が壊れて、早数ヶ月・・・家の正面と裏手にある庭の雑草は
伸び放題・・・荒地状態と化してしまった我が家ban。恥ずかしい・・・bearing
早くなんとかしたいのに、修理から一向にかえってこない芝刈り機。
タイミングの悪いことにパリ在住の大家さんが帰省してきましたsweat01
絶対見せたくない庭と嫌でもご対面sweat02
・・・もちろんご機嫌斜めですangry
契約の中で、家賃を安く払うかわりに、敷地がとても広いので、手入
れをするというのが条件だったんです。
仕方ない、覚悟を決めて、植木を刈る大バサミで思い切ってカット
することに。ゆっくりゆっくり進んでいますが。。気が遠くなる作業。

バスク人にとって家は昔から神聖で大切な場所でした。
単なる住居という意味合いを越えて、昔から社会活動の中心地と
いう考えや家族の集まる場所という考え方があるのです。
そういうわけで、庭は人目につく、いわば「家の顔」なので、キレイに
手入れをして、花々を飾る習慣があります。
特にこの時期、バスクの家々のバルコニーや庭にはゼラニウムが
たくさん飾られています。垂れ下がるゼラニウムは特に美しく
バルコニーを赤やピンクで彩っています。

何はともあれ、フランスでは地震の心配はほぼ皆無ですし、住む家
があることに感謝しなければ・・・と思った1日でした。

では、重い腰をヨイショして、芝刈りの続き・・・行ってきま~す。

by yoyo (2008/07/07)

|

« Château d'URTUBIE シャトーホテル | トップページ | バスでスペインバスクへ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど、神聖なる場所だからみなさんあんなに綺麗に家やお庭のお手入れなさってるのね。ほんとにどこの家も絵になるほど完璧な手入れがなされているのも納得。

ちと大変な作業だけど、ちょっとエクササイズのつもりで、庭仕事頑張れ~club
終わったらたくさんデザート食べちゃっても罪悪感はないはずhappy02

投稿: Fromist | 2008/07/07 16:20

我が家のお隣も、年中、朝起きたらパジャマ姿で目に付く雑草をブチブチ抜いていらっしゃる・・・。それも短時間に。だから、草ぼうぼうになるなんてことがないんですよねえ。お庭がきれいなお家はきっとこのコマメさが肝心なんだろうな・・・。yoyoさん、頑張ってデザート!デザート!

投稿: こさじ | 2008/07/08 00:27

cherry Fromist
プロフィットロールがご褒美だったよ~
・・・生クリームたっぷりであまーいやつ。そして体重計にのったら!ショック。最高記録達成・・・こ、こりゃあダイエットだー。

cherryこさじさん
まずいですよ、ほんとに。年のせいか、どんどん肥えていく。。。ほんと、毎日こまめに・・・が必要ですよね、庭のお手入れ。なかなか仕事してると難しいんだけど、今は夏休みだからもうそんな言い訳も通用しないなぁ。運動だと思ってがんばりますよ~

投稿: yoyo | 2008/07/08 10:56

プロフィットロールかぁ!この重労働に値するご褒美だねbirthday
しかし・・・最高記録達成とはsad

投稿: Fromist | 2008/07/08 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/22140253

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕の日に思う・・・:

« Château d'URTUBIE シャトーホテル | トップページ | バスでスペインバスクへ »