« 涼しい海バスク | トップページ | 8月のビーチ »

2008/08/26

HENDAYEの夏休み

カオリンですっ! 曇るとどうにもぱっとしなくて肌寒いけど、晴れるとカラッとして爽快なのが海バスク!

日曜は天気もよかったので 海バスクドライブコース を通ってHendayeのビーチに家族ででかけました!

Les_jumeaux

Hendayeの海岸にそびえる2つの岩は Les deux Jumeaux と呼ばれるふたご岩。この岩は写真にひときわ映えて地元の人にも愛されています。

ビダソア (Bidassoa) 湾の対岸にオンダリビア(Hondarribia) を臨むアンダイア。長い海岸線が自慢のBd de la Mer沿いは海水浴のメッカ! そしてサーフィンのメッカでもあります。

海岸沿いの通りはほとんどがバカンス向けのアパート。そこを貸しきってひと夏を過ごすサーファーや家族連れでにぎわいます。

Hendaye

海岸線がまっすぐで長いのが自慢。広い海岸は満ち潮になると海で満ちます。満ち潮になるまでの間がビギナーサーファーの貴重な時間。カレントにひっぱられることなく、安全に小さな波で練習できるんですよね~。この時間にいい波が立ってくれるとうれしいんです。

サーファーにはうれしいことに、Hendayeにはキャンプ場がたくさんあります! 安くて砂で汚れても気にならない。海から近い! いいことづくめのサーファーの貧乏旅なら、お奨めはここ。

キャンプ ALTURAN

キャンプ場とはいえ、電気の入った小さなキャビンもあるんです! フランスのキャンプ場はほとんどトイレも水飲み場もきれい。さらにお湯がしっかりと出ます! 家族連れにはほんともってこいなんですよね~。

さらに敷地も広大。バカンス気分は一気に盛り上がります。さらにお金がかからない! 料金は2人でうれしい23ユーロ。

いろんな国のいろんなキャンプ場に泊まりましたが、アメリカよりも安全で、ドイツよりもお湯が温かい、カナダよりも眺めがきれい、ニュージーランドよりも清潔。星を与えるならば3つ星。もちろん食事は手作りBBQ。スーパーで肉を買ってきて焼いて食べればBBQスタンドの使用は無料ですから日本のようにお金がかかりません! サーフィンやり放題。貧乏旅行の強い味方です。

もちろん周辺にもたくさんのレストランがあります。

私たちはムール貝を食べたくて Bd de la Mer 沿いのマルコポーロという小さなレストランに入りましたが、海が目の前でバスク風マグロとポテトが14ユーロとお得でした。メニューアンファン(お子様メニュー)もリーズナブルな8ユーロで骨付きチキン!

  Seafood_4

ラブリーなシーフード盛り合わせも美味! 海がまん前で気持ちいい!

Thon_basquaise_3

私が食べたthon basquaise(マグロの輪切りのグリル焼き、バスク風)。バスクの料理は素材を生かしたシンプルなものが多いけど、これはマグロの生きが勝負かな。下にはピペラドをしいて、その上にマグロを寝かせ、セラノハムを軽く焼いたものを添えてあるだけなんだけど、ピペラドとマグロの絶妙な味わい。星つきレストランのシェフじゃなくても新鮮なマグロで簡単にできそう!

と、ここまで楽しく食事をしていた空間にハプニングが…なんと目の前が海のこのバルコニーの眼下に全裸の男性が…通過…。わ、わざと???? 数十人が食事をする目の前でまるで見せびらかすように…

フランスによくいる「ネイチャリスト(Naturiste)」。自然に回帰するという理念の下に、大自然の中で一糸まとわぬ姿で生活したりキャンプしたりする人たちです。うーん。子どもたちもびっくりのNaturiste…食事中はちょっとよそに行ってもらいたかったですね~。

Hendaye_beach

Byカオリン

|

« 涼しい海バスク | トップページ | 8月のビーチ »

バスク料理」カテゴリの記事

海バスク カオリンのおすすめ」カテゴリの記事

コメント

カオリンさん
先日yoyoとこちらのビーチに行ったときも、Les deux Jumeauxのふもとあたり(ビーチの一番端っこ)一角はヌーディストであふれていて、かなりビックリでしたtyphoon
人目につきにくい一角でいてくれるならいいですが、レストランの前などはちょっと困りますよね~・・・
私も目のやり場に困りました。が、サングラスの奥からしっかり観察してしまいましたがcoldsweats01

投稿: fromist | 2008/08/27 10:51

フランスは結構トップレスは日常的ですよね~下手するとほんと普通の浜にもヌーディストとか出没してほんと目が離せないですよね~。bleah

投稿: カオリン | 2008/08/27 11:53

色んな国のキャンプ場情報がカオリンぽくてうけた。オーストラリアはそこらへんの普通のビーチに電気式の公共BBQセットがついてて、ただで使えるのが嬉しいよ。

でもさ、こないだBBQしてたら、隣のBBQの人が冷凍の魚のフライをただそれだけBBQセットで焼いてて、家でやれば?と思ったんだけど・・・。家のガスが止まっちゃったんだろうねきっと。

オテル ミラマの横のビーチ、いつも全裸族満載だったよね。

投稿: soul | 2008/08/28 02:08

へーいsoulちん。
君の世界全国行脚花シリーズには負けるよ…。全裸族は結構そこいらじゅうに出没するよねえ…オーストラリアはどうよ。次はヌーディスト情報いってみようかな。

投稿: カオリン | 2008/08/28 10:23

気になっていたキャンプ場、そんなに安いとお得な感じでいいね!うーん、安上がりな旅が好きな私にはたまらなく嬉しいナ。
ネイチャリストに妙に反応してしまったよー、サンセバにも男性もヌードOKなビーチがあるけど未だ見たことがないよー、ついつい探してしまうのだけれど・・・。

投稿: あーちゃん | 2008/08/29 23:28

あーちゃん
2人で23ユーロだからね。なんといっても安さには勝てないよね。ここ以外にもたくさんキャンプ場はありますよ~

投稿: カオリン | 2008/08/30 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/23244670

この記事へのトラックバック一覧です: HENDAYEの夏休み:

« 涼しい海バスク | トップページ | 8月のビーチ »