« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008/08/28

8月のビーチ

yoyoです!

カオリンが復活して嬉しいな~happy02 
9月に里帰りするあいだは、カオリンにブログをまかせて日本で
羽をのばしてきま~す!
帰国したらすぐに引越しなので、ただいま山積みのダンボール箱と
格闘中dash

さて、8月初旬から中旬にかけてトゥールーズ学生時代からの
友達がバスクへ遊びに来ていたのですが、彼女は2回目のバスク
滞在で、海が大好きなので、今回のテーマは、ビーチ!
海バスクをメインにでかけました。スペインバスクにも足を伸ばし
ましたよ~。ゲタリアという漁港の小さな町に行き当たりばったり
で一泊することになったり、楽しかったです。このお話はまた次回
にでも・・・。

普段は閑散としているビーチも、ハイシーズンの8月は人だらけ!
湘南・伊豆も顔負けですね。カオリンはワイキキみたいだって。
ビーチの様子をちょっとご覧いただきましょう~!

Cimg7081_2
Saint-Jean-de-Luz 8月5日

Cimg7106
Bidart 8月5日

Cimg7179
Getaria(スペインバスク)8月8日

P1060993_4
Zarautz(スペインバスク) 8月9日

Cimg7433
Saint sébastien 8月9日

Cimg7509
Hendaye 8月10日

サンセバから車で20~30分のゲタリアのビーチだけ、
ものすごく閑散としていますがおそらく天気が悪かったのと
漁港なのでビーチもせまいからだと思います。
前回カオリンが紹介してくれたHendayeのビーチ付近は特に渋滞
もはげしく、パーキングもなかなか見つからず大変でしたぁー!

zarautzのビーチで1時間半ほど昼寝をしたら、全身真っ黒。
これでまた美白命の日本でういてしまいそうcrying
でも焼けていたほうがホッソリ見えるし?!

8月後半にはピークも過ぎ去ってだいぶ観光客も減ると思います
が・・・9月のビーチはどんな感じでしょう~?!

by yoyo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/08/26

HENDAYEの夏休み

カオリンですっ! 曇るとどうにもぱっとしなくて肌寒いけど、晴れるとカラッとして爽快なのが海バスク!

日曜は天気もよかったので 海バスクドライブコース を通ってHendayeのビーチに家族ででかけました!

Les_jumeaux

Hendayeの海岸にそびえる2つの岩は Les deux Jumeaux と呼ばれるふたご岩。この岩は写真にひときわ映えて地元の人にも愛されています。

ビダソア (Bidassoa) 湾の対岸にオンダリビア(Hondarribia) を臨むアンダイア。長い海岸線が自慢のBd de la Mer沿いは海水浴のメッカ! そしてサーフィンのメッカでもあります。

海岸沿いの通りはほとんどがバカンス向けのアパート。そこを貸しきってひと夏を過ごすサーファーや家族連れでにぎわいます。

Hendaye

海岸線がまっすぐで長いのが自慢。広い海岸は満ち潮になると海で満ちます。満ち潮になるまでの間がビギナーサーファーの貴重な時間。カレントにひっぱられることなく、安全に小さな波で練習できるんですよね~。この時間にいい波が立ってくれるとうれしいんです。

サーファーにはうれしいことに、Hendayeにはキャンプ場がたくさんあります! 安くて砂で汚れても気にならない。海から近い! いいことづくめのサーファーの貧乏旅なら、お奨めはここ。

キャンプ ALTURAN

キャンプ場とはいえ、電気の入った小さなキャビンもあるんです! フランスのキャンプ場はほとんどトイレも水飲み場もきれい。さらにお湯がしっかりと出ます! 家族連れにはほんともってこいなんですよね~。

さらに敷地も広大。バカンス気分は一気に盛り上がります。さらにお金がかからない! 料金は2人でうれしい23ユーロ。

いろんな国のいろんなキャンプ場に泊まりましたが、アメリカよりも安全で、ドイツよりもお湯が温かい、カナダよりも眺めがきれい、ニュージーランドよりも清潔。星を与えるならば3つ星。もちろん食事は手作りBBQ。スーパーで肉を買ってきて焼いて食べればBBQスタンドの使用は無料ですから日本のようにお金がかかりません! サーフィンやり放題。貧乏旅行の強い味方です。

もちろん周辺にもたくさんのレストランがあります。

私たちはムール貝を食べたくて Bd de la Mer 沿いのマルコポーロという小さなレストランに入りましたが、海が目の前でバスク風マグロとポテトが14ユーロとお得でした。メニューアンファン(お子様メニュー)もリーズナブルな8ユーロで骨付きチキン!

  Seafood_4

ラブリーなシーフード盛り合わせも美味! 海がまん前で気持ちいい!

Thon_basquaise_3

私が食べたthon basquaise(マグロの輪切りのグリル焼き、バスク風)。バスクの料理は素材を生かしたシンプルなものが多いけど、これはマグロの生きが勝負かな。下にはピペラドをしいて、その上にマグロを寝かせ、セラノハムを軽く焼いたものを添えてあるだけなんだけど、ピペラドとマグロの絶妙な味わい。星つきレストランのシェフじゃなくても新鮮なマグロで簡単にできそう!

と、ここまで楽しく食事をしていた空間にハプニングが…なんと目の前が海のこのバルコニーの眼下に全裸の男性が…通過…。わ、わざと???? 数十人が食事をする目の前でまるで見せびらかすように…

フランスによくいる「ネイチャリスト(Naturiste)」。自然に回帰するという理念の下に、大自然の中で一糸まとわぬ姿で生活したりキャンプしたりする人たちです。うーん。子どもたちもびっくりのNaturiste…食事中はちょっとよそに行ってもらいたかったですね~。

Hendaye_beach

Byカオリン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/08/24

涼しい海バスク

ただいま~!!! 日本から帰ってまいりました!!  まだ時差ボケ状態ですが…無事帰ってまいりました。長らく更新できずすみませんでした。yoyoちん、ありがとう! yoyoも来週から日本に帰国するようです。

今年の日本は…猛暑! coldsweats02 とにかく暑い。黙ってても座ってても汗がたらたらと…日本でお目にかかった方々、本当にいろいろありがとうございました! この場に変えて御礼を申し上げておきます。さらにお目にかかれなかった方…また来年にも帰る予定にしていますので、次には必ずや!

しっかしバスクは涼しいですね~日中からっと晴れると気温は30度超えますが、あきらかに湿度が違う。また夜が涼しいのがたまらないですね~パリに到着したらフランスは雨で、寒く感じたほどです。バスク旅行をお考えの方、服装に注意ですよ~。

さて、バスクに帰ったら春にyoyoから分けてもらった鶏たちがお出迎えしてくれました。

Chikenss

愛しの雌鳥たちでーす。heart04

旅行中はyoyoんちに里帰り。chick

文字どおり羽根を伸ばしてきたようです。バスクといってもうちは都市部のAnglet。庭が小さいので歩くスペースも限られているから、yoyoんちの広大な敷地でたくさん歩いて食べてきたようで丸まると太っていました!!

庭には二羽のにわとりがいるなーんちゃって。

それから数日後…

Tamago

なんとタマゴが!!

初たまご!! yoyoの指導に従って1つ目のたまごを巣に入れたままにしておいたら、今朝起きたらもうひとつ!

初たまごは遊びすぎて熱を出した子どものタマゴがゆになりました。

Eggs

黄身がぷりっとしていてなんともおいしそう!! ごめんよ、雌鳥たち。

以前yoyoから分けてもらったときにも思ったけど、黄身ってこんなに黄色いんだ~。

うーん、数日食べるのがまんしてこれでパウンドケーキでも焼こうかな~っ。

このまま生で飲んでもおいしそう!

Mre_3

さらに庭には野生のブラックベリー(mûre) がなっているではないですか。うーん、これは赤くても食べれるのかなあ。去年からあるのは知っていたんだけど、実をつけたのは今年が初めて!

もう結構鳥に食べられてるけど、まだまだいけそうです。

さっそくこれでソースを作りたいで~す。

cake

Noyer_4

そして秋の気配…ウォールナッツの木(Noyer)に実を発見!

さてさて、今回の帰国の一番の目的だった子どもたちの日本語は大成功。ちょっと抵抗を示したんだけど半強制的に日本の学校に入れました。

すると漢字の練習に社会の老人ホーム見学など、こちらでは経験することのないようなことまで体験できてものすごく子どものためになりました。ホントに連れてってよかったです。

日本語の理解力も大幅アップ。さらに日本語で話そうとする姿勢まで! お母さんはうれしいよ。notes 秋に行われる運動会の応援練習にも参加してびっくりの体験だったし。

お友だちもたくさんできました。お世話になった小学校のみなさま、本当にありがとうございました!

by カオリン

| | コメント (12) | トラックバック (0)

restaurant du Fronton Itxassou

yoyoです!
VISAの関係で2日後に帰国することになった料理人のカズくん
と最後に食事をしました。以前ご紹介した2つ星レストラン
chez ruffetで働いていた方です。日本から帰国したカオリンも
合流する予定だったのですが、ちょっとスケジュールがあわず
残念~。

本題に入るまえにちょっとお知らせ =*^-^*=
カズくんはいまバスクでちょっとしたスターです!
一昨日、テレビ(france 3)のニュースに登場したんです。
以前ご紹介したバイヨンヌのガルビュールの美味しいレストラン
に数日間研修しに行っていたのですが、その時に取材されたそう
です。インターネットでも1週間ほど見られるのでご紹介しますね。

http://jt.france3.fr/regions/popup.php?id=l64a_locale

から jeudi 21 Aoûtを選んでください。5分後くらいに、カズくんが
登場します。

さて、本題に戻ります!
彼はイッツアス村に行ったことがなかったので、最後にバスクらしい
レストランを・・・と思い、hôtel restaurant du fronton itxassou
へ。
ここのさくらんぼのテーブルクロスcherryやお皿はとっても可愛いし、
テラスからの眺めもキレイだし、バスク料理も堪能できるので
いろんな意味でGOODなのです。

Cimg8093

バスク特集が組まれた雑誌「旅」にもこのレストランのさくらんぼを
使った鴨料理がおすすめされていましたね。

今回3人で出かけたのですが、メイン料理はみんなこの鴨料理を
オーダーしました。

Cimg8078 
おすすめのカクテルメゾン。さくらんぼが中に入っています!
おかわりしたくなるくらい飲みやすくて美味しい!

Cimg8083
チョイスした前菜は、croustillant de crevettes aux piquillos。
サクサクした生地の中にはプリプリの海老がはいっていて
海老好きの方におすすめ。しっかりした味付けです。

Cimg8086
鴨の胸肉と甘酸っぱいさくらんぼがよくマッチしています!
欲をいうともうちょっとさくらんぼを入れてほしいけれど
収穫量の少ない貴重なさくらんぼだから仕方ないですねっ。

Cimg8089
ここのガトーバスクは温めて出してくれて、美味しいと定評が
あったのですが、今回はなぜか冷たいまま。
イッツアス村なので、黒さくらんぼジャム入りのガトーバスクだろう
と思いきや、クリームのほうでした。日によって違うのかな・・・。

お料理は一皿一皿しっかりと重みがありバスクっぽいです。
繊細なお味ではなく、ドッシリとした美味しい家庭料理の味を想像
してください。

コース料理は20ユーロもしくは30ユーロ。
それぞれ前菜・メイン・デザートを選べます。
ちなみに、わたしたちの選んだメインはコースの中にはいって
いなかったので、4ユーロ追加料金を払って、コースで出してもらい
ました。

このレストランで一つだけ残念なことは、サービス。
接客のヒドイ(雑な)女性が1人いることです。前回来たときもイヤな
思いをしたんですよね~wobbly
悪気はなく、裏表のない正直な方なのでしょうが、こっちが悩んで
いると、イライラした態度をあからさまに見せてきたり、ため息を
ついたり、威圧的なかんじ・・・。
オーナー夫婦はとっーても感じがいいのでなおさら残念です。
皆さんが楽しみに出かけられて同じように嫌な思いをしてしまったら
悲しいので、ちょっと覚悟して出かけてほしいなと思い、一言書いて
おきますね。

cherry hôtel resutaurant du fronton itxassou
64250 Itxassou
Tel : 05 59 29 75 10
Fax : 05 59 29 23 50

http://www.hotelrestaurantfronton.com/

大きな地図で見る

by yoyo

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/08/23

ビルバオ空港からミュンヘンへ!

yoyoです!
今年の夏はバカンスのエンジンフル回転dash
ヒートアップしすぎて、ホテルの予約ミスや切符紛失事件など
いろいろやらかしてしまいましたが・・・sweat01
友人をバスクに10日間ほど迎えたあと、今度はミュンヘンの
友達のうちに遊びに行ってきました。ニース留学時代に語学学校
で出会ったお友達で、バスクにも一度遊びに来てくれたことがあり
ます。

Cimg7783
階段を300段のぼって教会の展望台から見たミュンヘンの町並み

ミュンヘンまではビルバオ発の直行便で2時間半くらい。
ハイシーズンなのに、数ヶ月前から予約していたので、往復税込
約100ユーロ(ルフトハンザ航空)でした。
ルフトハンザの公式サイトからチケット予約をしたのですが、
帰りの便はスパンエアが共同運航していることに、搭乗してから、
気がつきました。
そして・・・おそろしいことに、同航空会社の旅客機がマドリッド空港
で離陸に失敗して死者153人を出した事故があった同日、しかも
その数時間前にわたしもスパンエアに乗ってビルバオへ帰ってきた
のです・・・。
航空機の事故は本当にやりきれないです、言葉もでません・・・。
命を落とされた方々のご冥福をただただ祈るしかありません。

話が脱線してしまいましたが、気をとりなおして空港までのアクセス
の続きを書きます。
わたしの住む山バスクからビルバオまでは果てしなく遠いんです。
車でサン・ジャン・ド・リュズまで出て(1時間15分)、そこから
HENDAYEまでSNCFの電車で行き(15分)、TOPO(スペインの電車)
に乗り換えて、揺られること35分。サンセバスティアンのアマラ地区
周辺に到着。バス乗り場からビルバオ空港行き直通バスに乗って
ビルバオ空港まで1時間10分です。料金は片道15ユーロ。

Cimg8057
このバスです。(ビルバオ空港にて)到着して出口をくぐると、自然に外へでますが、
右手前方にサンセバ行きのバス乗り場が見えます。1時間おきにでていました。

サンセバでは、アマラ地区に住む友人にも会いたかったので、
ANOETAという駅でおりて、バス乗り場まで歩きました。
この駅からバス停のあるPLAZA PIO XIIまで10分ほどです。
ANOETAの1つ先の駅で降りても、バス停まで10分くらいのようです。

さて、初めてのドイツでしたが・・・
隣国なのに食文化も大きく違うし、習慣もちがうし、楽しかったです。
友達が完璧なプランをたててくれて、ミュンヘンだけでなく、オースト
リアのザルツブルグまで足をのばしたり、歴史上一度は見ておき
たい強制収容所跡を見学したりと、とても充実した旅でした。感謝!

Cimg7753
バイエルン料理。外がカリカリで中はジューシーな豚肉に甘い濃厚なソースが
たっぷり。つけあわせの赤キャベツとモチモチしたじゃがいもボールも美味でした。
もちろんビールといっしょに。

Cimg7885
ノイシュバインスタイン城。工事中でしたが、広大な森の中にたたずむ美しい城。
アルプス山脈や近隣の村や湖が一望できて、とても気持ちのよいスポット。

Cimg7898
フュッセンの町並み。メルヘンチックな可愛い色。
ミュンヘンから電車で2時間。フュッセンからバスに乗りお城へ向かいました。

Cimg7964
ザルツブルグのミラベル庭園から見たホーエンザルツブルグ城塞

Cimg7998
お店の看板がどれも可愛い。

フランスに比べて全体的に物価が安く感じました。
薬局には、お試し用サイズのスキンケア商品などがズラリと並んで
いるコーナーがあり、安価で販売されていました。ドイツ人は
実用主義で納得しないとモノを買わないからとのこと。
良いシステムだし、おみやげにもいいな~と思いました。
また、電車から外を眺めていると、ソーラーシステムを採用している
家が半分以上をしめていて、これまたエコの国であることを再確認。

普段はめったにビールを飲まないのですが、ビアガーデンでは
500mlを飲み干してしまった自分にビックリ。周囲の飲みっぷり
に影響されたんです。しかも、美味しかった!
ミュンヘンに住んでいたらビール好きになっていたかなぁ?!

by yoyo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/08/07

バカンスin ニース

yoyoです!ご無沙汰してしまいました!
夏のバカンス、皆さんいかがお過ごしですか?

わたしはニースに住む仲良しの友達が赤ちゃんを産んだので、
遊びに行ってきました。
帰りに、昔住んでいたトゥールーズの友人宅に寄り、日本から
フランスへ遊びに来ている友達と落ち合い、いっしょに夫の実家で
数日過ごし、バスクへ帰ってきたところです。

ニースは私が初めてフランス留学した地でもあり、それを機に退職
を決め、フランス生活をスタートさせたので、とても思い出深い場所
なんです。

城跡から見るニースの海とオレンジの町並みが大好き。

Photo_607_2

Photo_608

やはり地中海は大西洋より華やかな感じですね。
ニースのビーチは白い小石なので、ビーチの雰囲気も違います。
ビアリッツがとても小さく感じる・・・。

旧市街の小道を散歩するのも楽しいし、イタリア気質の陽気な人々
との触れ合いも楽しい。
フルーツもみずみずしくて美味しいし、安い。そして、何よりニース
のいいところは、近隣の可愛い村々へのアクセスがとっても便利な
こと。プロヴァンス鉄道に乗って、アルプス山脈側へ行くのも
おすすめです。

友達がとっておきの穴場に連れていってくれました。
中心地にあるメリディアンホテルの最上階のカフェです。
コーヒー1杯3ユーロ強で、こんなステキな景色を堪能できる
なんて!至福のひとときでしたheart04

Cimg6689

Cimg6685

Cimg6686_2
Cimg6687

現在、日本から来ている友達はバスクが2回目!
イベントも何かと多いこの時期、いろいろと出かける予定なので、
また時間を見つけてアップしていきますね~。

by yoyo

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »