« 結婚するなら | トップページ | Saint-Jean-Pied-de-Portへ! »

2008/10/19

Hegoak Txoria Txori

カオリンです!

バスク語の歌って悲しい響きの歌が多いです。もちろん楽しいのもありますけど。

バスクの催しに行くと生バンドに遭遇したり、レストランで食べてるだけだったのがいつの間にか合唱になったりして…歌を聴く機会があるかと思います。

今日はその中のひとつをご紹介します。私も大好きな歌。

バスク語の歌詞を覚えて歌えばバスクの人気者間違いなしです。

バスク語

Hegoak ebaki banizkion, neria izango zen.

Ez zuen alde egingo.

Bainan horrela, ez zen gehiago txoria izango.

eta nik txoria nuen maite.

スペイン語バージョン、フランス語バージョンはあるのですが英語はなし。

txori はチョリと読みますが鳥のことです。なんか日本語と発音にてますね~

フランス語版

Si je lui avais coupé les ailes,

Il aurait été à moi,

il ne serait pas parti

Mais ainsi Il n'aurait plus été un oiseau,

Et moi C'est l'oiseau que j'aimais.

日本語に訳すと…

鳥は鳥だからこそ鳥

羽根をもいでしまえば

ずっと私の手にいるだろう

でも自由をなくしてしまった鳥は

もはや鳥ではない

そして私は鳥を愛するのだ

実は、なんとなくもの悲しいこの歌にはバスク人の思いがこめられています。

第二次世界大戦をはさんだ40年間にわたるフランコの独裁政権時代で弾圧されたバスクの弾圧を象徴する歌なのです。バスクを話すことは一切禁じられ、自由をなくしたバスク。その国と言葉と人種を鳥になぞらえて歌われたのがこの歌。バスクのお祭りでは必ずといっていいほど聞きます。意味を知るまではメロディが物悲しいな~と思っていましたが、意味を聞くと涙なしには歌えない…。

これを聞いたらバスクを学びたくなりました!!

バスク語-日本語辞書 http://www.goihata.com/jp/japanese-basque-dictionary/

バスク語-スペイン語英語辞書 http://www.lexilogos.com/basque_langue_dictionnaires.htm

by カオリン

|

« 結婚するなら | トップページ | Saint-Jean-Pied-de-Portへ! »

バスク語」カテゴリの記事

コメント

バスク地方の歌を聴くことが出来て嬉しいです。
モーリス・ラヴェルもここの出身ですよね、
その影響でこの地方の音楽は気になっていました。
ありがとうございます♪
(生家へ訪れたことはありますか?これからならば是非レポして下さい!)

ところで
Zazpiak Bat
『7集まって1となる』という訳で知っているんですけど
なぜ7なのでしょうか、バスク語と聞いたのですがcoldsweats01

投稿: pekotsusa | 2008/10/20 04:12

コメントありがとうございます~! バスクに興味を持っていただいているようでうれしい限りです。Zazpiak Batの7はバスクの7州を指します。バスクには7つの州があり、フランス側に、その3つ、スペイン側は4つの州で分断されています。7つの州はバスクリネンに施された7つの線にも象徴的に記されています。

投稿: カオリン | 2008/10/20 13:15

かおりーんheart03
バスク語の歌、ジーンと来るねえ。傷ついた鳥達の画像も胸が痛いよ。私の持っているバスクCDは陽気なものばかりだけど、こんな魂の詩があるんだね。しんみり。カオリンもバスク語習って教えてね。

投稿: こさじ | 2008/10/21 12:36

こさりーん

バスク語の歌いいでしょー。またちょくちょく紹介しまーす。あのコテコテバスクのCDかな?? バスク語の歌はやはりバスク語で歌わないと…

投稿: カオリン | 2008/10/21 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/24569521

この記事へのトラックバック一覧です: Hegoak Txoria Txori :

« 結婚するなら | トップページ | Saint-Jean-Pied-de-Portへ! »