« バスクホテル情報 ② | トップページ | イラティの森で見つけたもの Foret d'IRATY (Iratiko Oihana) ② »

2008/11/09

イラティの森神秘の森 Foret d'IRATY (Iratiko Oihana) ①

ひ・さ・び・さ♪カオリンです。

先週、来週と2週にわたって、フランスはバカンス期間にはいってます…。happy02

子どもたちは元気いっぱい! なんですが秋のバスクは長雨になりがち…毎日雨でうんざり。1日だけいいお天気の合間をぬって、ついに念願の山歩きを決行することにしました。

いざイラティの森へ!

Oihana

山にはうっすらと雪が…。空気も澄み渡ります~。

バスク語ではイラティコ・オイヤナ Iratiko Oihana といいます。なんか可愛い~heart02 オイヤナというのは森という意味で、バスクの女性の名前によく使われてます。

イラティの森といっても広いのですが、中心にはイラビア湖 (Lac d'irabia) という湖があり、今回はこの湖を目指してみました。

Foret_diraty

The hills are alive~♪ってつい歌いだしたくなっちゃいます。

イラティというとチーズのオッソ・イラティを思い浮かべる方もいると思いますが、まさに、そのイラティです。なんとヨーロッパで最大のオーク (樫、ブナ類) の森とのこと。森の歴史は長く8000年。その間人間が足を踏み入れることなく、現代まで引き継がれている貴重な自然です。なんと広さは17300ヘクタール!! フランスとスペインにまたがり、スール、低ナバラ、ナバラと3州の境界線にありますが、その大部分はナバラにあります。バスクの北、イパラルド側(Ipparalde:バスク語で北のこと、つまりフランス側)はわずか2300ヘクタールです。

  Oihana2s

紅葉できれいでした~!

しばらく歩くと、なにやら騒がしい鳥の鳴き声が…。あれ、この辺にフォワグラの養ガチョウ場かなんかあるのかな~というくらい近くに聞こえてきました。さらにどんどんその声は近づくばかり。

Grue

その声はなんと、渡り鳥!!!!

思わず頭に浮かんだのは…

ニルスの不思議な旅…ラップランドへ! ラップランドへ!! 分かる人いるかな~。それとも歳を感じる瞬間かな~cloudcloudsuncloud

鳥たちが目指しているのはどうもラップランドの逆! スペインを越えてイタリアまで行くらしいです。偶然、ドキュメンタリーのロケをしているフィルムジャーナリストの方がいらして、詳しく教えてくださいました。ドイツ人のこの方はなんとスウェーデンから、キャンピングカーでどんどん南下しながらこの渡り鳥を4年かけて撮影しているのだとか。どうもイラティ以南の湖が渡り鳥たちの休息場所になっている模様。さすがピレネー。てか、渡り鳥にかける人生、素敵だと思いました。

ニルスを知っている方は分かると思いますが、ニルスが一緒にラップランドへと旅をするモルテンは「ガチョウ」という設定だったので私はてっきりこれもガチョウと思っていたら、なんと 「鶴」(フランス語は grue ) らしいです! これにもびっくり。モルテンはガチョウじゃなくて鶴だったんだーっ。coldsweats02 

気を取り直しておにぎりを食べると、散策しゅっぱーつ!

Chizu_iraty

写真が重くなりそうなので2回に分けます。

次回へ続く!

by カオリン

winerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwinerestaurantwine

レストラン期間限定特別企画のお知らせ!!

12月4日~7日限定で、セドリックの友人である日本人シェフ高澤義明さんとのコラボレーションによるオーベルジュバスク特別メニューがいただけます。
コース85ユーロ(要予約):高澤氏、セドリックがそれぞれ3品を手がけ、計6品。
2人の出会いは、今年1月にセドリックが来日した時に、高澤シェフのお店で。料理のヴィジョンに共通点があることから、親しくなり、5月には高澤シェフが、オーベルジュ・バスクへ来訪されたそうです。
赤坂にある高澤シェフのレストラン ARONIA DE TAKAZAWAは、質の高い斬新なお料理とサービスは2テーブルのみという徹底したこだわりで有名。ホームページはこちらからどうぞ。

特別企画の宣伝広告は、こちらから(フランス語のみ)
http://www.aubergebasque.com/fr/popups/news

|

« バスクホテル情報 ② | トップページ | イラティの森で見つけたもの Foret d'IRATY (Iratiko Oihana) ② »

バスク情報」カテゴリの記事

海バスク カオリンのおすすめ」カテゴリの記事

近郊のおすすめスポット」カテゴリの記事

コメント

確かに毎日雨雨雨でお天気の日はムリでも外に出たくなるよね!イライティの森って名前の響きもいいね。気軽に貴重な自然を探索できるところがとっても素敵。ニルス、うんうん、なんか知ってるぞー。私はてっきり空飛ぶアヒルだと思ってた、確か・・^^*

投稿: あーちゃん | 2008/11/08 14:24

何という美しさの湖と森!(森と湖の順とは逆になっていないことにご注意!)

あの湖には、きっときれいで巨大なマスが棲んでいるに違いない、と、certified crazy flyfisher は考えたのでありました。

アウトドア派にはたまらない画像です!

いつか行くぞ、釣竿担いで!

投稿: El Bonzo | 2008/11/09 17:41

あーちゃん
イラティはほんと散策道が豊富で、いろんな登山道があって子どもでも私でも楽しめるゆるーい散歩道も充実しているよ! ぜひぜひケンチョスと。

投稿: カオリン | 2008/11/09 23:24

Bonzo さま
アウトドア派でしたよね~っ。この辺ニジマスはやはり有名ですよ。この先には実はダムがあるんです。
鳥の種類もすごかったですよ。

投稿: カオリン | 2008/11/09 23:26

念願のイラティだね~
湖の写真、雲が水鏡にうつっていて最高~。昨日はイラティ周辺の山登りしたよー。紅葉が日本のようにキレイだったけど、すごい風でさむかった~!初心者はまず平地で慣らさないとー。

投稿: yoyo | 2008/11/10 11:01

よよりーん
山のぼりしたんだ~。紅葉だんだんきれいになるね。すごい景色がきれいで心が洗われるよねっっ(o^-^o)

投稿: カオリン | 2008/11/10 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/25101915

この記事へのトラックバック一覧です: イラティの森神秘の森 Foret d'IRATY (Iratiko Oihana) ①:

« バスクホテル情報 ② | トップページ | イラティの森で見つけたもの Foret d'IRATY (Iratiko Oihana) ② »