« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009/04/29

ちょっと曇り空のサン・ジャン・ピエ・ド・ポールより

★追記(2011年4月15日)
残念なお知らせですが・・・
下記の記事の中に出てくるエチェオナというレストラン。シェフが変わってから味がとても落ちました。おまけに、無愛想なマダムのサービスや態度があまりにもひどいので、不快な思いをします。地元で本当におすすめしたいレストランだっただけに悲しいのですが、ここはNGです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

yoyoです!

すっかり春めいてきたバスクですがお天気はとても不安定。晴れたかとおもえばにわか雨が降ったり、曇り空が続いたり・・・とほんとに天気がよめません。気温も10度から15度くらいで、まだまだコートは手放せません!今年は超ロングGWになる方もいらっしゃるようですが、バスクにお越しの際は、やや厚手のはおるもの、折り畳み傘などお忘れなく!

サン・ジャン・ピエ・ド・ポールに観光列車が走り始めました。
Sphoto_009

観光局の前から出発。40分かけて町の中をまわってくれます。途中、シダデルの見晴台で停車するので、町のパノラマを楽しめます。

Sphoto_007

観光局の正面に建つホテルレストランはミシュラン2つ星。
コースは40ユーロから。気になります!
http://www.hotel-les-pyrenees.com/

Sphoto_002

先日、以前ご紹介したEtche-onaに関するお問い合わせをいただいたのですが、このホテル、確かにインターネットで見てもホームページはないし、あまり情報がないんですよね。
その昔、カオリンとお部屋を見せてもらったときの写真がでてきたので掲載しますね。正直、お部屋自体はいたってシンプルで、狭め。
快適さ重視の方には向いていませんが、立地よし、値段安しです。Copie_de_p1000141_3

今春の値段はシングル45ユーロ、ダブルで49ユーロ。
ちなみに夏の料金はまだ決めていない?!ということで、多分シングルが53~55ユーロくらいかなと。直接宿に電話する以外、予約する方法はないかもしれませんね・・・または観光局に電話をして、代理で予約をお願いするか。

P1000145

廊下の途中にさりげなく飾ってあったバター製造機。レストラン内にもふるーい農機具などがたくさんおいてあって、タイムトリップしてバスクのお屋敷に遊びにきたような気分になります。

去年のちょうど今頃、近隣に住む日本人の皆さんとエチェオナに食事に行ったときの写真をカオリンが提供してくれたので、一部掲載しますね。
この時期、どこのレストランにもならぶ、旬の白アスパラ。とっても美味しい~!!

P1000129

P1000131

Copie_de_p1000140_3

メインがお肉料理の場合、ものによっては付けあわせのお野菜などがまったくなく、肉だけがこのように出てくることがあります。以前確かイノシシだったかな・・・それを頼んだときもイノシシのファルシーと煮込みの2つの料理方法でイノシシだけがどかーんと出てきました。お味はそれはもう美味だったのですが、肉だけだとさすがに飽きてきて、じゃがいもかなんか欲しい気分で、カオリンの付け合せをもらったりして。メニューをしっかり読むとつけあわせがあるかないかわかりますがおそらくフランス語のみ・・・。

なにはともあれ、ボナ・ぺティ!

by yoyo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/25

海の幸たっぷりARRANTZALEAK

カオリンです!
先週からどーも体調があまりよくなくて…ついに声がでなくなってしまいました。sad
暑くなったり寒くなったり…がよくないんだと思います。体がついていかない!

そーんな気分を吹き飛ばしてくれるようなレストランに行ってきました。久々にサンセバのあーちゃん とよよりんとおしゃべり。やはり日本語でしゃべりまくるのはいい!

サン・ジャン・ド・ルツの駅から歩いて15分ほどの場所、Ciboure (シブール)にあるレストランです。サン・ジャン・ド・ルツは駅から市街地が近くて便利。さらに歩いて海にも行けるので観光での滞在にもオススメです。

レストランは、Socoa(ソコア)へと続く La Nivelle 川に面していて、川面に浮かぶ小舟がかわいく、カモメがたくさん!

オーベルジュ ARRANTZALEAKです。
Arrantzaleak1

海がテーマのレストラン。ARRANTZALEAKってどういう意味なのかなーと聞き忘れたのでバスク語辞典で調べたら、ARRANTZALEが漁師なので漁師の複数形かな。でも arrantza だと「釣り」という意味と「泣く」という意味の両方あるのが不思議。バスクの文化ゆえなのかしら。釣りは命がけの仕事だったからとか…なんて想像がふくらみます。

さて、ここはあらゆるデコレーションが海のモチーフで雰囲気たっぷり!
ここにはシブール在住のお料理研究家さんKAYOちゃんが働いています。バスク豚の催しでも腕をふるってくれた方。とっても歓迎してもらえました。この方のバスク人の彼が経営されているお店とか。お店の真ん中にあるプランチャで焼き物を目の前で作ってくれます! 鮮魚も目の前に山のように積んであり、今日のオススメがひと目で分かります。

Langoustine

メインのランゴスチンヌ! 魚介をたっぷり楽しめます。今日のオススメはムール貝とエビ、そしてランゴスチンヌ。すべてをゲットして食べ尽くしました。取り皿をもらって全品とりわけていただいたのですが、取り分けて食べても全然気にならない気さくさもいいものです。

Ichigo

さらにデザートが大興奮。オススメのイチゴパフェ。季節にしかない! と聞いていたんだけど、予約したときにリクエストしちゃったからひょっとして私たちのために用意してくれたのかなー。この他にもチョコムースケーキ、ココナッツアイスクリームのマンゴーソースがあり、マンゴーソースも絶品でした!

Mango

Kamome

メインを待っている頃に、レストランの窓から見える手すり部分にスタッフさんが生ハムの切れ端をたくさん載せて…するとカモメがやってくるやってくる! すごい勢いでガツガツ食べてます! 結構でかいです!

スタッフさん全員とってもにこやかで、がんがん日本語でしゃべっていても全然いやみがなくて居心地最高でした。イチオシレストランです。

Arrantzaleak2

Arrantzaleak

18, Avenue Jean poulou,
64500 Ciboure
05 59 47 10 75





大きな地図で見る

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/04/22

関東でコートダジュール気分♪

yoyoです♪
潮の香りが恋しい季節になってきました! えっ?まだ早い??
いえいえ、シーズン真っ只中はビーチも混み合うし、道路は渋滞の嵐。あげくのはてに値段もあがるし・・・。
海岸沿いでの~んびり過ごすにはやっぱり今から6月くらいまでが狙い目!

フランスのコートダジュールといえば地中海側のニースを代表とする高級リゾート地をさしますが、実はバスクのビアリッツもかつては王侯貴族の別荘地でしたから、ひそかに大西洋側のコートダジュールなんていわれているんですよ~!
ただオフシーズンにビアリッツを訪れると、なんだか物悲しい漁港はたまた老人の町??に見えてしまうことも・・・。ようやくビアリッツがリゾート地として本領発揮するシーズンが近づいてきました。

さて日本滞在中の話ですが、女友達と関東でちょっとコートダジュール気分を味わってきました。場所は神奈川県「葉山」。
葉山といえば御用邸や隠れ家的レストラン、ヨットハーバーなどで有名な海辺の上品な町ですが、わたしにとっては、何をかくそう、学生時代、汗にまみれ、きつーい練習を重ねたヨット部の合宿地でもあります。そのころはまだ葉山での大人の楽しみ方なんてまったく知らず、デニーズやローソンでの買い食いがたまらなく嬉しかった!!
あれから10数年の時が過ぎ、久々に訪れた葉山。
今回はアラフォー秒読みの女2人旅ということもあり、ちょっと贅沢なステイを。
素敵な南仏風ホテルとおすすめのレストランに出逢いましたので、ご紹介します!

まず腹ごしらえは・・・「Katsu's」で。
逗子駅近くにあるイタリアンレストランで、キムタクも常連さんだとか。
横浜に住む友人が、ここのレストランで食べるためにわざわざ逗子へ時々出かけるの~とおすすめしてくれただけありました!とっても丁寧なお料理かつ地元のフレッシュな素材がたまらなく美味。シンプルだけど、素材ひとつひとつにこだわりがあって一番美味しい食べ方で提供してくれる・・・そんなレストランでした。

平日にはお得なランチセットがあり、3150円で、オードブル盛り合わせ、お刺身サラダ、スープかパスタ、肉か魚、パン、デザート、コーヒーがつきます。ポーションはかなり控えめで選べないので、ガッツリ好きなものを食べたい方はアラカルトがおすすめ。アラカルトのお値段は2000円台が多いので、大人数でシェアしてあれこれ食べるのがいいかも!

Katsus

Hayama_0313031_14
オードブルの盛り合わせ 春を意識したフレッシュな一皿でした♪

Hayama_0313031_17
お刺身サラダ。リピートしたいくらい美味でした。

宿泊先は、葉山ホテル音羽の森
全室オーシャンビューです。
写真はデジカメをなくしてしまったのでcrying友人に提供してもらいました。ホテルのサイトを見ていただければ、南仏の香りをたーっぷり感じていただけると思います。

Hayama_0313031_34
Hayama_0313031_47
ホテルの裏側からアクセスできる足浴スポット。最高に気持ちいいー!

夕食はもちろんフレンチ。
洗練された日本のフレンチに大満足でした。レストランはガラス張りで、海に突き出したような半ドーム型で、もちろん海が目の前。

翌日の朝食は、爽やかに海を見ながらお部屋のバルコニーでcafe
・・・という予定だったんです。
ところが実際は曇り空で結構寒く(3月末でしたからcoldsweats01)、
「うーん、やっぱレストランにかえてもらおっか?」寝起きだしちょっとくじけそう・・・。
バスローブにジーンズとなんともチャーミングなスタイルでテラスに出てはしばらく腰掛けて様子をうかがってみる。出たり入ったりわけのわからない行動をとる2人。
や、やっぱり寒い?!
いやいや、これくらい平気でしょーーー。
お互い意味不明にちょっと意地になり、当初の目的を見事達成!

① 部屋の窓をあけたまま、暖房最大に入れてテラスへ暖気を!
② ホッカイロ登場
③ ババシャツ2枚重ね着+セーター+ジーンズ+バスローブ

雪だるまのようなエレガントなスタイルで、おしゃれなフレンチ風朝食をいただいたわけです!!とっても美味しかったheart01


Hayama_0313031_131
思い出のバルコニー朝食。


部屋のアメニティはロクシタンでしたよ。


house Restaurant & Bar Katsu's
Tel : 046-872-1551
住所: 神奈川県逗子市逗子7-1-51
定休 火曜日

明日はカオリンとサンセバに住むあーちゃんとサン・ジャン・ド・リュズにあるシーフードレストランで久々のランチ。かなり期待できそうなお店です!!
またリポートしますね。

by yoyo

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/04/14

伊勢丹新宿 バスク特集 続報

yoyoです~!10日ほど前に春爛漫のバスクへ帰ってきました。
山バスクがカラフルに色づく一番華やかな季節。
写真をのせたいところですが、デジカメをパリの空港で紛失してしまいcrying、残念ながら撮れません・・・
景色の変化とともにサン・ジャン・ピエ・ド・ポールの街もすっかり観光シーズン到来を匂わせる賑わいへと。
とにかく人が増えました。そして車のナンバープレートを見ると明らかにフランスの各地方はたまたスペインから観光客が押し寄せているのが分かります。

さてさて、「バスクに行きたいけれど、遠すぎるーー!でも、特産品を味わってみたい!」というあなたへ。

先日もちらっとお伝えしたのですが、東京新宿伊勢丹フランス展2009の主役はバスク地方。
ホームページにようやく詳細がでたようですので、リンクをお知らせします。

こちらからどうぞ。

バスク豚の父、ピエール・オテイザ氏や去年ビアリッツに自身のレストランをオープンさせたアンドレ・ロジェ氏も期間中来日するみたいですよ!
その他、ジャン・ヴィエのバスクリネン、パリエスのマカロンなど特産品も並ぶようですので、お近くの方はぜひ東京でバスクフェアを楽しんでいただけたらと思います。

4月22日から27日までですよ~!!

by yoyo

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/04/03

Maison Adam in Biarritz

カオリンですッ。

yoyo がいないとバスクは灯が消えたよう…despair

なんですけど、天気は最高なんですよね。先週から15日連続の快晴日を記録しました。あの台風から打って変わって春爛漫です!! cherryblossom cherryblossom cherryblossom YOYO 早くかえっておいで~。cherryblossom

さてさて、マカロンで有名な Maison Adam 。バスク通の皆様はもう食べましたか?? メゾンアダムといえばサン・ジャン・ド・ルツでしたけど、なんとビアリッツ店がオープンしました。場所はギャラリーラファイエットの並び、怪しい両替所の隣といったら分かる方は分かるでしょうか。

これでわざわざサンジャン・ド・ルツまで行かなくてもあのマカロンが買える~♪おみやげに最適ですよ~マカロンはちょっと日持ちするし、なんといっても缶がかわいい! 緑にバスクの十字がずっと使いたくなる風情。

私はここのガトーバスクが大好き! heart 私の中では上位ランキング入りしています。

お店の外観はサンジャン・ド・ルツと違ってちょっとモダンな感じでビアリッツの客層を意識しているという装いです。シックな内装に高級感が漂いますね~。

Macaron_maison_adam

こんなにマカロンがいっぱい…ここのマカロンはさくさくっとしてて美味。見た目も素朴で飾り気がないのがバスク風? 24個で21.60ユーロ。12個入りも。缶を買って中にぎっしりと詰めてもらってもいいですね!

Tamago

そして季節は「復活祭」! もうすぐまたまたフランスのバカンスシーズン到来です。卵型のチョコレートは復活祭に欠かせません! 去年は庭に隠して子どもたちと「卵さがしゲーム」をして楽しみました!

Dobutsu

こーんな動物チョコもかわいいです。

さて、ビアリッツもだんだん賑わいを増してきました。今年初めから観光客とローカルに人気なのはこれ、市内を走る無料シャトル、La Navette de Biarritz です。

La_navette_de_biarritz_2

これでビアリッツの散策もラクラクですねっ!

Route_navette

気になるルートは駐車場が中心のようです。それでも劇場Gare du midi と市場 Les Halles 、そしてショッピング通りは、このメゾンアダムの前をつないでいますので、買い物にも便利と思います。Gare du midi近くのホテルとの移動に便利ですね!

bus 月曜から土曜の7:30から19:30 まで約10分間隔で運行しています。ポイントは無料なので乗り放題! バイヨンヌに対抗してますね! バイヨンヌでは自転車も貸し出してますがビアリッツはやらないのかな。

一部の方にゴールデンウィークバスクに行きま~す、というお知らせいただきました。旅行シーズンの到来かな。それでは、近々またバスク情報をお届けしますっ! happy02

Maison_adam_biarritz_2

present Maison Adam

27 place Clémenceau

64200  Biarritz

05 59 26 03 54


| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »