« Itxassou村のさくらんぼ祭り | トップページ | さくらんぼ祭りについて新情報 »

2009/05/26

目から鱗のデトックス料理!by ミッシェル・ゲラ-ル

yoyoです!

★追記(2011年5月26日)★
残念なお知らせですが・・・少し前に、久々に、さっぱりした料理を食べたい・・・という家族のリクエストにこたえて、ここへ連れていったところ、かなり料理のレベルが落ちていて、ガッカリしてしまいました・・・ショック~。でも、こういうことは結構あるので要注意。もう、マチルダはいないようで、サービスの人もかわっており、これはいかん!と追記を書いている次第です・・・残念ながら、もうこちらのレストランはおすすめできません。悪しからず・・・。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ブログにも何度か登場していますが、以前バスク隣のベアルン地方、星つきレストランで働いていた日本人のコックさんがバスクへ遊びに来ました。彼の元同僚が山バスクのレストランへ異動になったとのことで、一緒にCambo-les-bainという村へ出かけてきました。
カンボは、温泉療養施設&スパで有名な村です。フランスの温泉は、日本の温泉文化とは違い、もっぱら治療目的で訪れる年配の方がほとんどです。温泉施設(テルム)=湯治場なのです。

目的地はなんと、そのテルムの中にあるレストラン、Le pavillion blue。

Mallorque_571

このパビリオンは1年間営業をお休みしていたのですが、先月再びオープン。
フランス料理界の巨匠、Michel Guérardミッシェル・ゲラ-ル)がプロデュースするこのレストラン。ゲラ-ルのもとで修行したとってもさわやかで素敵なカップルが見事抜擢され、このレストランの運営をまかされたそうです。
料理を担当するのは、マチルダ。そしてサービスを担当するのが、アレクサンドル。

Cambo_003

マチルダの作る料理はミッシェル・ゲラ-ルが発案した
キュイジーヌ サンテ・ナチュール shinecuisine santé-natureshine」。
デトックス(解毒)効果のあるお料理で体の内部からキレイになりたい、健康的に痩せたい方向けのお料理です。厳選された自然素材を使って、美味しく食べながら健康になるというのがキーワード。2日目くらいからデトックス作用が始まり、3週間食べ続けると、体の内部の解毒効果バッチリだとか。レシピはすべてミッシェル・ゲラ-ルのものだそうです。

ランチもディナーもコース料理のみで、1種類しかありません。
前菜・メイン・デザートで25ユーロ。
基本的にメニューは3週間おきにかわるそうです。というのは、長期治療にやってくる方の最長プログラムが3週間だからとか。もちろん一般客でもレストランで食事をいただけるのですが、要予約です。


Mallorque_573_3
レストランの正面にある滞在型レジデンス

正直、あまり期待していなかったのですが、2人とも目から鱗でした。
物足りないのでは・・・と思ったのですが、大満足でした。あっさりしていて、シンプルだけれど、美味しい。日本人の舌によくあう料理だと思います。脂をほとんど使っていないので、軽くて胃にやさしいんです。
こんなお料理ならば、3週間食べ続けたい!(そしてきれいに痩せたい・・・)

以下、いただいたお料理の写真です。

これ、どうやってつくるのー?と思わず聞きたくなったクミン入りニンジンのテリーヌ。オレンジソースがけ。病み付きになりそうな食感とさわやかさ。2人で美味しいー!を連発してしまいました!3週間後にまた食べに行きたい・・・

Mallorque_574

メインは、子羊のロースト。一般的なフランスのレストランに比べたら肉の量はあきらかに少ないのですが、日本人には美味しく食べられる量かもしれません。

Mallorque_576

そして巨大なデザート!クレープの中にはさっぱりしたバニラ風味のムースがはいっていて、かなりのボリュームでした。りんごのコンポートの酸味やキャラメルの苦味・甘味が混じり合って、なんとも幸せな気持ちにしてくれるデザートでした。

Mallorque_577

今日のお料理は、ちょっと記憶が曖昧ですが、しめて1000キロカロリーと言っていたかな。一般的なフランス料理はバターや生クリーム、砂糖をたっぷりつかうので、なかなか難しい数字だとおもいます。どのコースも基本的に1400キロカロリーを目安に考案されているようです。

実は、6月半ばから、新しいコンセプトのお料理も登場するんです!

「キュイジーヌ・ダペティ cuisine d'appétit」と呼ばれるこのお料理は、デトックス料理とは対極上にあり、バスク地方の山の幸・海の幸をふんだんにつかったいわゆるガストロノミックな美食料理です。デトックス料理じゃ物足りない!という方も満足できそうですね。今度行ったらどっちのお料理にしようか迷ってしまいそう・・・。

Restaurant le PAVILLON BLEU
Thermes de Cambo-Les-bains
64250 Cambo-Les-bains

Tél : 05 59 29 38 38 / 0820 003 535


cambolesbains@hainethermale.fr

日曜定休
ランチ 12時から13時30分(L.O)
ディナー 19時30分から21時30分

大きな地図で見る

by yoyo

 

|

« Itxassou村のさくらんぼ祭り | トップページ | さくらんぼ祭りについて新情報 »

バスクのおすすめレストラン」カテゴリの記事

山バスク yoyo のおすすめ」カテゴリの記事

コメント

あぁーっ!このスパ、私がレンタカーで道間違えて入り込んだところ・・。Cambo村でJ氏に会い、la bastide clarenceに向かう途中、ナビの手の方向を見間違えて、スパに入ってしまい、ぐるっと敷地内を走って-その間、日本語sign01で治癒目的の施設という説明も聞きつつsweat01-出た思い出が・・sweat02なつかしや…。

自宅でもクミンシード(for curryheart04)を活用してデトックスに励んでいる者よりwink

投稿: ykdk74 | 2009/05/26 14:43

このお料理かなり気になる~~wine
ガストロノミックとデトックスの両方堪能してみたいhappy01
やせたいのか太りたいのかどっちだー!?って感じだけど(汗)
一つ前の記事のItxassouの生のさくらんぼ!貴重だね~うらやましーーcherry

投稿: Fromist | 2009/05/26 17:40

日本に着きました!
なかなか疲れましたが早速明日から引越しとシェフへの挨拶・・・

テリーヌほんと旨かったですね
自分でもやろうと本気で思ってます。
一緒にいったはずなのにブログ読んで
「へ~」っと何度もいってしまいました
・・・イカンイカン

投稿: kazu | 2009/05/27 18:19

ribbonykdk74さん
ひえーーー!な、なんと!そうですか・・・。実はいっしょに行ったかずくんもレンタカーでまちがってこのスパにはいりこんだとか。おそるべしカンボのスパ!
J氏、危険度がさらに高まっているよう・・・今年の夏もいろんなところに出没するかも?!デトックス、はまりそうですよー。

tulipFromist
ほんと。2つとも気になるでしょー!
次回は必ず連れていきまーす。

restaurantkazu
無事着いたようでなにより。
あのときもらったパンフを読んでわたしもさらに理解したってかんじだよ。
にんじんのテリーヌ、ぜひいつか食べさせてねー!
新しいお店でがんばって!


投稿: yoyo | 2009/05/29 09:23

デトックス! ぜひお願いしたい!! 体のすみずみから毒を抽出してほしい!! こういう料理は癒し系だし結構日本でもイケるかも! 今度つれてって~っ。

投稿: カオリン | 2009/05/29 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/29747203

この記事へのトラックバック一覧です: 目から鱗のデトックス料理!by ミッシェル・ゲラ-ル :

« Itxassou村のさくらんぼ祭り | トップページ | さくらんぼ祭りについて新情報 »