« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009/06/28

マヨルカ島へバカンス~その2~

yoyoです!

バスク地方、毎日最高気温30度近くの晴天が続いています!

さてさて、前回に続き、スペインのマヨルカ島でのバカンスについて今日も書きたいと思います。まずは前回載せるのを忘れてしまったので、地図から。

旅の最終目的地は、Estellencsという南西部のちっちゃな村。島には昔ながらの家を改造したり、農家を民宿にしたり・・・と石造りの素敵な宿泊施設がたくさんあります。
地図上で島の南西部にあたる海岸沿いをご覧ください!
出発地点は、Port de Soller。海岸沿いを南下していきます。Deya(Deià)、 Valdemossa、Banyalbufarを通り、Estellencsへ。海岸沿いの景色を楽しみながら、レモン畑やオレンジ畑の広がる愛らしい村々に立ち寄りました。どこか懐かしさ漂う石造りの段々畑や家々、バスク同様、変化に富む地形で、助手席に乗っていても飽きのこないちょっとしたサプライズ続き。カメラが手放せませんでした。

大きな地図で見る

以下、村々で撮った写真です。(文字の大きさなどがなぜか指示通りに表示されず、お手上げ。ちょっと読みにくいかもしれません・・・すみません!)

Mallorque_262
パルマとソリェル港をつなぐ木製のソリェル鉄道。正面は港

Mallorque_266
ソリェル港。ヨットハーバーが広がっています。フランスのコートダジュールを彷彿させる風景

デイアという村は私のお気に入り。こじんまりしていて、なんだかここは時間の流れが違うようでした。上から見下ろす段々畑はアートのようで、見事。ゆっくり滞在したい気分になりました。

Mallorque_354

Mallorque_342

パルマから20kmほどのValledemossaという村は観光地として有名。ショパンと詩人のジョルジュ・サンドがこの村の修道院で一冬を過ごしたからです。ピアノ曲「雨だれ」はここで作曲されたそうで、修道院と隣にある王宮が一般公開されています。中にはピアノや作品の展示などされていましたが、色とりどりの花々や気持ちのいいほど緑で覆われた中庭、そして中庭のテラスの正面に広がる村の景色は見ごたえがあります。

Mallorque_319
修道院の中庭。アーチを抜けると高台から村を見下ろせます。

Mallorque_328
ヴァルデモーサの裏通り。表通りはお土産屋や観光客であふれかえっていますが、裏通りをはいると、こんなに静かでゆるやかな時間が流れています。


ヴァルデモーサは魅力的な村でしたが、あまりの人の多さに足早に退散。宿泊地のEstellencsを目指し、ドライブを続けました。すると、Banyalbufarという村を越えた海沿いにこんな塔が見えてきました。どうやら絶景ポイントのよう。

Mallorque_379
かなりスリリングですが、登れます。ちょうど日本のメディアが撮影にきていました。

Mallorque_376
塔からはこーんな景色や真っ青な海をひとりじめできちゃうので、おすすめ!

さぁ、ようやくプチ・ホテルSa Planaに着きました!
ホームページ、予約、問い合わせはこちらから。
一泊一部屋朝食込みで、90ユーロくらいでした。夕食は一人15ユーロくらいプラスだったと思います。
問い合わせをしたときから、とっても感じがよく、伝統的な石造りの家を改築したというホテルやマヨルカの家庭料理、手作りワインなどが楽しみでした。できるだけ観光地化されていない小さな海沿いの村をキーワードにたまたまネット上で見つけたホテルだったのですが、サービス、料理、雰囲気、すべて期待以上で大満足でした。奥さんは英語OK。旦那さんは、フランス語が堪能だったので、コミュニケーションには苦労せず助かりました。

Mallorque_509 

Mallorque_427
このテラスで、夕食・朝食をいただきました。右奥のテーブルからは村・海・ホテルの
プールが見えます。

Mallorque_401
シンプルで落ち着く部屋。窓から遠方に海が見えました。

Mallorque_479
Estellencsの小さな海岸。貸切状態で眺めも最高。

夕食は奥様の手料理。どれも新鮮な素材、自家農園の野菜や島でつくられたチーズ、いちご、茸などをふんだんに使ってあり、マヨルカの家庭料理を楽しみました。気さくなご主人が料理を運びながら、いろいろ話をしてくれました。ご主人はワイン畑を所有していて、辛口の白ワインをつくっているとのこと。早速オーダーしてみると・・・これまた不思議なワイン!お花畑が浮かぶようなフルーティーでジューシーな香りからは、甘口を想像させるのですが、確かに辛口。初めて出逢ったワイン。すっかり気に入ってしまいました。何本か持って帰りたいけれど、飛行機だし・・・残念。

Mallorque_518Mallorque_522

Mallorque_524Mallorque_525

朝食は朝からボリュームたっぷり!生ハムやサラミ、チーズが2種類、オムレツ、フランスパン、菓子パン、ヨーグルトにジャムとおなかいっぱいになりました!

ホテルから空港までは車で20分強でした。旅の締めくくりに申し分のない家庭的なホテル。何泊かできたら、なおよかったのですが・・・また数年後に来てみたいなぁ~!

by yoyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/21

マヨルカ島へバカンス~その1~

yoyoです!
すっかり初夏模様のバスク。テラスで食事やお茶をする人々で連日にぎわっています。
ただいま、カオリンは大忙しでなかなかブログの更新ができないようで、本人も気にしているのですが、落ち着いたらアップしたいそうです。でも元気にしていますよ~!

先月、連休を利用して夫と2人でスペインのマヨルカ島へ遊びにいってきました~!ドイツ人のリゾート地といわれますが、ほんとにドイツ語があらゆるところから聞こえました。まだハイシーズン前なので観光客もそれほど多くなく、気温も25度くらいと過ごしやすかったです。とてもよかったので2回にわたってご紹介しますね。

地中海バレアレス諸島の中で一番大きな島(沖縄の3倍)です。バルセロナの東に位置し、双眼鏡のような形をしています。ビルバオ空港から1時間くらい。エールフランス航空と提携しているair europaという航空会社を利用しましたが、往復全込みで80ユーロという破格でした!!また、宿泊施設が多数あり、ホテル予約サイトなどをのぞくと、3つ★や4つ★ホテルでも一部屋一泊40ユーロ~なんていう驚きのプライスでした。

中心地パルマ市内から空港は8キロ。わたしたちは1週間レンタカーをして、島の自然を楽しもうということで、北部のポリェンサ(pollença)付近に宿泊しました。
宿泊したのは、大型の4つ★リゾートホテルで、予算・用途に合わせて部屋の大きさなどを選べました。わたしたちは一番簡易なタイプで朝食込み、一部屋42ユーロくらいだったと思います。2人でこの値段ですから、ほんとに安い!!バスタブつきで、朝食バイキング会場のフロントまで徒歩10分くらいと離れているものの、庭を散策できるので、気持ちよかったです。疲れて出かける気分がしないときは、夕食はホテルでバイキングにしましたが、12ユーロくらいだったかな・・・安くて予想外に充実してました。

http://www.clubpollentia.com/index_en.html

高速を使えば島の端から端まで1時間くらいなので、あちこちに移動しましたが、特に気に入ったのは手付かずの自然が残る北部とレモンやオレンジ畑の広がる愛らしい南西部。

Mallorque_043
ベルベル城からパルマ市外が一望できます。

最北端のフォルメントール岬は私が一番心を奪われたスポットです。
岬に向かう途中、絶景スポットがあるのですが、これまで見た景色の中で一番美しかったもしれない・・・。
海にすいこまれそうになる感じとはこういうことだな、と肌で感じました。どこまでも広がる紺碧の海を前に、しばらくぼーっとしてしまって動けなかったほど。あまりに心地よくてただただ言葉もなく立ち尽くしてしまいました。
Mallorque_135

そして次に感動したスポットは・・・同じく北部のサ・カロブラ(Sa Calobra)。バスク顔負けの激しい峠をこえていきます。車を停めてから、坂をくだると、こーんな美しいエメラルドグリーンの海に出会い、ため息がでました。

Mallorque_195

おなかがすいたので、この海岸の眺めを独占できる正面のレストランでマヨルカ風魚料理を。白身魚のフライにたーっぷりの野菜、レーズン、オリーブオイル、パプリカをふんだんに使ってあり、とっても美味でした!

Mallorque_206

さらに歩いて洞窟のような岸壁をいくつも越えてたどりつく入り江にひっそりただずむ隠れ家的ビーチは必見。(ただし、景勝地なので、観光客はいっぱいです。)

Mallorque_213

島の至るところで見かけたオリーブの木とオレンジの木はまさに島の象徴。

Mallorque_009

Mallorque_032_3

絞りたてのフレッシュジュースにすっかりはまってしまいました。

次回は南西部、そして最後に一泊だけしたおすすめのマヨルカ風プチホテルをご紹介しますね~!

by yoyo

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2009/06/04

6月7日さくらんぼ祭り プログラム

yoyoです!

Itxassou村の今週末のフェットについて、さらに追加情報です。

当日のプログラム、分かりました!
お気づきになった方もいるかもしれませんが、前々回ご紹介したItxassou村のホームページになんとでてましたcoldsweats02sweat01 
どうやら私見落としていたようで、メールをいただきました。感謝ですheart04

6月7日 日曜日

10時 ミサ

10時30分 ペロタ競技

11時30分 ムチコ(バスクの伝統ダンス。特有のステップを繰り返し、輪になって踊ります)

12時30分 ランチ(予約制、20ユーロ)

16時    マキラリ(マキラと呼ばれるバトンをまわしながら踊ります)、
       力試し大会

17時30分 ムチコ

バスクの伝統ダンスは奥深く、ムチコは私も何度かバスク語の授業の中で、基本となるステップを習ったことがあるのですが、リズミカルで、音楽にあわせるととても早く、なかなかついていけません。地方によってもステップがちがい、飛び跳ねるような軽快なダンスで見ていてもキレイですよ~。

この日販売されるさくらんぼやさくらんぼジャムなどの加工品はItxassou村産のものだけではありません。ゲームなど子供たちが楽しめる遊び場も設置されるようです。

問い合わせ、ランチの予約は下記まで。

05 59 29 32 79 / 06 80 30 99 55 / 05 59 29 84 55

by yoyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/01

さくらんぼ祭りについて新情報

yoyoです!

Itxassouのさくらんぼ祭りへでかけてきました。
今年がはじめてだったのですが、土曜はサンセバから来たお友達と合流し、日曜は義理の両親と2日間行ってきました!2日とも晴天に恵まれて、気持ちの良い週末でした。どこまでも広がる青空にさくらんぼの実が透き通るように光っていました。

Itxassou_006

土曜は人出も少なく盛り上がりに欠けていてちょっと唖然としましたが、日曜はものすごい人でにぎわっていました。でも、規模はかなり小さかったです・・・。ひととおり見るのに30分もかからないくらい・・・。

Itxassou_025


実は、当日得た情報なんですが、来週末もフェット(祭り)があるようで、そちらのほうが規模が大きいとか。前回の記事で、今週末のことしか紹介できず、すみません!
今週末のフェットは、コンフレリー(confrérie)と呼ばれる団体(イッツアスのさくらんぼの保護・発展を担う共同組合のようなもの)が中心となっているようで、売られているさくらんぼや加工品はすべてイッツアスのもの。そして、来週末のフェットは、イッツアスのものだけでなく、他国から輸入したさくらんぼの加工品なども販売されるとのこと。
でも不思議なことに、インターネットでさくらんぼ祭りを検索すると来週末の情報はヒットしないんです。
でも、地元の人の口コミ情報なので、間違いはないはずです。2人の方から同じことを聞いたので、追加情報としてご紹介しておきますね。ただプログラムなどはまったくわかりません・・・(→追記 すみません!私が見落としていただけで、6月7日にフェットがあります!プログラムはこちらから。

Itxassou_024_2
コスチューム姿のコンフレリーのメンバー

ちなみに今週末どんなものが出ていたかというと・・・

イッツアス村のさくらんぼやジャム、そして食器類を中心としたさくらんぼグッズ、お隣のエスプレット村の唐辛子、ガトーバスク、マカロン、バスクのワイン、チーズ、石鹸、革製品、アクセサリー類などです。

日曜日は村のはずれでピクニックをしたのですが、お昼時にあちこちでタロアをほおばる人とすれ違い、その匂いにつられて、思わず購入してしまいました。
タロアとはとうもろこし粉や麦でつくった皮に、ソーセージやヴァントレッシュ、チーズ、たまねぎなどを詰め込んだクレープ風サンドイッチです。皮がもちもちしていて、美味しかったです~!

Itxassou_017


バスクのワインと言えば、Irouleguy(イルレギー)。
このワイン、なかなかくせがあって、難しい気がします・・・。ワインには詳しくありませんが、とにかく飲みにくいワインが多くて。夫の知り合いがワインを売りにきていたので、おつきあいで購入したら、これがなかなか美味しかったようです。(私は現在アルコールが飲めないので、周囲の感想ですが・・・)
試飲したときより、グラスで飲んだほうがずっと美味しい!と義父も気にいっていた様子。
2004年もので、ドメーヌはMOURGUY、お値段は11,50ユーロでした。

こちらのサイトにのってます!

来週末はおそらく行けないと思うので、もしも祭りにでかけられた方はコメント残していただけたら嬉しいです。


by yoyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »