« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/27

ホテルレストラン Arcé

yoyoです!

先週のことなんですが・・・
一緒にブログを書いているカオリンがフィギュアスケートのジャンプの練習中、肘を骨折してしまいました・・・。
手術をして現在、療養中。リハビリも含めて完治するにはだいぶ時間がかかるようです。
かわいそうcrying
右手でパソコンの片手打ちはなんとかできるようですが、とても不自由だろうな・・・
早く治りますようにshine
ブログに復帰してくれるまでわたくしyoyoが細々ながら更新していきますね。

さて、今日は前回の記事でご紹介した春・夏のバカンス、山側ステイにおすすめしたいサンテティエンヌ・ド・バイゴリーのホテルレストランArcéの店内とお料理の写真を公開します。時期はずれですみませんsweat01

Baiggori_3

シックで落ち着いた店内は、その昔、ペロタの室内競技場だったとか。どおりで壁の絵画がペロタ競技を描いたものばかり。

Entree
前菜 ラングスティーヌのクルスティヨン アラカルトから。

私の住む地域では、10月末ごろから朝、パンパ-ンと生々しい狩の音が聞こえるようになります。ジビエの季節到来。山バスクのレストランでは、名物のパロンブ料理があちこちでならびます。季節限定のため、このレストランでもメニューにはのっていませんでしたが、聞いてみたらやはりありました!

Baigorri_4
メイン モリバトのソテー 

Truite
メイン 29ユーロのコースから ニジマスのタルタルソース

Dessert
りんごのタルト 29ユーロのコースから。

Terasse

29ユーロのコースと43ユーロのコースあり。43ユーロのコースの前菜、メイン、デザートは、それぞれ単品でも頼めます。ランチタイムには16ユーロの日替わりコースも始めたようです。

現在冬期休業中で、オープンは3月半ば。大胆な休みかたですが、これも特に夏が勝負の山側のレストランならでは。
バカンスは海外旅行が楽しみというオーナー夫妻。去年はベトナムへ行かれたようで、日本にも興味津々でした。バカンスにはいってすぐに、お二人そろって、地元の旅行会社にそそくさと入っていく姿を見かけて思わず微笑んでしまいました。今年はいずこへ?
3月のオープン、首をなが~くして待ってますよーっ。

ホームページはこちらからです!

Hotel restaurant Arcé
64430 Saint-étienne-de-baigorry


tel: 05 59 37 40 14

by yoyo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009/11/15

山バスク散策 サンテティエンヌ・ド・バイゴリー 

yoyoです。

フランス人は散歩が大好きheart02
東京に住んでいたころ、“散歩する”ということに縁がなかった私には、「なにしよっか~?」という問いかけに「散歩行こう!」という答えがかえってくることすら、驚きでした。
そんな私がバスクに来てからというもの、自ら「散歩行く?」と提案するようになったのだから、これまた驚きなんですが・・・。

最近、息子が生まれてからよく出かけるようになったのが、Saint-étienne-de-Baigorry。Saint-jean-pied-de-portからは、バスク豚の里、アルデュード村方面へ車で10分。人口1600人強のひっそりとした村ですが、時間の流れがとーってもゆったりしている!ニーヴ川の支流沿いを散策するのもいい感じです。

P1030533

1661年に建造されたローマ橋。 ガタガタの石畳を渡るのもなかなか乙なもの。
後ろに見えるのは、歴史建造物に認定されているエチャウス城。一般公開もされていて、シャンブル・ドットにもなっているので宿泊もできるそうです。連絡先などはこちらから。

Naissance_de_louis_790

ローマ橋を越えて中心地に歩いてくると、サンテティエンヌ教会が見えてきます。ここのパイプオルガンは立派で、時々オルガンのコンサートが行われています!オルガンの製作者はアルザス人で、18世紀の南ドイツの響きを基にしているそうです。

教会を右に曲がると再びニーヴ川の支流へ。橋の真ん中から見える景色はこんなに素敵!

Bqigorri

写真の真ん中に見えているバスクのメゾンは、3つ星のホテルレストランです。現在冬季休業にはいってしまいましたが、夏のバカンスを過ごすには最高の環境です。
お食事などについては写真を添えて、また次回に書きますね~。

Baigorri2

レストランのテラスから今度は逆側を撮影。橋と教会が見えるでしょ?

Baigorri3

テラスに続いてガラス張りのサンルームでお食事もできます。ベビーカーでも安心。

Bqiggori_4

サンルームをこえたところからまたパチリ。写真にはうつっていませんが、この先にまた橋があって対岸へ渡れるようでした。

車でのアクセスは下記のGoogle地図をご参考に。
ちなみに夏ならばサン・ジャン・ピエ・ド・ポールの駅から1日5本バスがでています。
ローカル線TERの時刻表をご参考に。リンクがうまくいかないので、“TER Aquitaine”で検索してみてください。bayonneとSaint-jean-pied-de-portをつなぐ線の時刻表にのっています。

大きな地図で見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/08

サンセバスチャンの和風バル Txubillo

こんにちは~そぼ降る雨が冷たいバスクから、カオリンです…。今週はずーーっと雨。やっと今日少し晴れ間が…。気温もだいぶ寒くなり、冬景色になってきました。日本ではこたつを出すかださないかが冬じたくの指標のひとつですが、うちでは暖炉に火をともすと「冬になったなあ」と実感します。

さて、先日久しぶりにサンセバスチャンに行って参りました~

最近気づいたのですが、なんとフランス側バスクおよびビルバオやゲタリアが雨でもサンセバだけは何故か晴れなんですよね…。これはどういうこと?  ビスケイ湾の形に関係あるのかなと思います。今週もずっと雨なのにサンセバの予報はいつも晴れです。

先日などはフランスが13度なのに気温が25度…みなさん裸で海で泳いでました。着込んでた私は汗かいてしまいました。

San_seba

11月のサンセバスチャン

さてさて、ずーっと行きたいと思っていた和風バル、TXUBILLO (チュビージョ) にもついに寄ることができました。

Menu

入るといきなり日本バスク料理の日本語が!

携帯で撮った写真なのでちょっとぼけててすみません。いただいたレストランカードに地図が載っていたものの、ちょっぴり迷ってしまいました。

ここは苅部(KARUBE)さんというご夫婦が経営されているお店です。サンセバではいまのとこ唯一の日本人経営レストランだそうです。前はビアリッツにも日本食レストランがありましたが、今は閉店してしまいましたのでこの辺で寿司が食べられるのはきっとここだけではないでしょうか。

急遽行くことに決めたので予約なし…すると金曜夜はバースデーパーティーらしきご一行を含め、店内は9時半の時点で満席! しまった~予約しとくんだった…。週末は特に混むとのことですので行かれる際は強くご予約をお勧めします。店内は和風? と思いきや、船の帆をかたどった天井が印象的なスペイン風。お客様は私を除くすべてスペイン人・バスク人とおぼしき地元の人たちと思われます。おかみさんにムリ言ってカウンターに座らせてもらうことに…。

Menu2

メニューは手軽につまめるピンチョスと前菜・主菜があります。ピンチョスの内容もチストラの天ぷら、バカラオ(鱈)、豚角煮などバスクと和のコラボといった感じで、決して和を押しつけることのない、洋風居酒屋という風情です。

まずはえびのぱりぱり焼きに感動。その名のとおりすごくぱりぱりしています。どうやったらこんなにぱりぱりに??? そして寿司をゲット。巻き寿司と握りが適度に混ざって、ひさびさの寿司! 席を立った人がここには月イチで通っていると言ってました。お目当ては寿司とか。やっぱ人気なんだ~見ているとほとんどの人が寿司を頼んでいるような…。

豚角煮も人気のようで、私たちが頼んだ豚角が最後の1点だったとか…すぺりこみセーフです。ワルツな日々のブログにもちらりと紹介されていますが、どうも新聞や雑誌にもとりあげられる人気店とか。

Sushi

ちょっとつまんじゃいましたので全ピースそろってませんが、寿司。サーモンがうまい。happy01

ここに来るまでにバル街でかなりつまんじゃったのでめいっぱい食べれませんでしたが、寿司が食べられて満足。普通のピンチョスにちょっと飽きたら懐かしい味はいかが?

Txubillo2_2

TXUBILLO

C/Matia 5 Bajo

20008, Donostia

TEL: スペイン(34)943 211 138 (日本語可)

http://www.txubillo.com/



大きな地図で見る

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009/11/01

Fête du piment, Espelette村のピーマン祭り

こんにちは~カオリンです! 今年もこのお祭りの時期が来ると、秋になったんだな~と実感します。エスプレット村のピーマン祭りです!

今回はなんと山バスク海バスクを見て連絡してきてくださった読者の方と一緒に行きました…。無事日本にお戻りですか~?

村に着いたら、かなり寒い週があったにもかかわらず畑にはたわわにピーマンがなっておりました。

Pememt_d_espelette

この週は雨続き。この週末は雨の予報だったのですが土曜は少し晴れ間が見えました。

Fete_espelette

ピーマンだらけのお家。当日はいろんな特産品などの屋台が並んで味見などもできます!

Niku

肉の山! いいにおいが漂って…お昼はここが一番おいしそうでした!

Taloa

トルティーヤの原形とされているらしいとうもろこしの粉と水で作る「タロア」は一枚でお腹いっぱいになります。お祭りではお姉さんたちが手作りするところを民族衣装で実演。結構人気のお店でした。タロアはバスクのお祭りやイベントなどでは必ず出てくるおやつ。
この丸い生地にソーセージや肉をはさんだり、チョコレートを塗ると甘いスナックになります。

トルティーヤよりも分厚くてごつごつしていかにもラスティックな山料理…ですが食べ慣れると恋しくなります。トウモロコシの粉もよく売られていて、これでパンを焼いてもおいしくできます!

エスプレット村まではたしかバスが出ているはず…なんですがやはりビアリッツなどに宿をとると不便なのですね…。ビアリッツまたはバイヨンヌから車ではわずか30分なんですけど…やはりレンタカーが一番便利です。happy02 

大きな地図で見る

by カオリン

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »