« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/17

おしゃれなシャンブルドット La Villa Vaureal

こんにちはー。ぐっと冷え込んだ先週から今日は10度も温度が上がり、暖房が暑く感じられるほどでした。日本はドカ雪が降ったとか? こちらはちょっと雪が心配になってきました…バンクーバーも雨続きとかで、五輪が心配されます…。寒くなると肘も痛いのですが、最近はリハビリも絶好調です! ribbon

それにしても最近ビアリッツ近郊在住の方が増えてきて嬉しい限りですheart01 どうもバイヨンヌにお寿司屋さんがオープンするという噂も聞き…。そして、どうやら店員さんを募集しているようですよ! 詳しいことについては、ブログを通してメールをいただければ、応募したい方に連絡先をお教えします。お店のオープンは3月とのこと…。寿司だ寿司だ~。楽しみです。きっと月イチくらいで通い詰めると思います。

さらに1月24日からアングレットのマルシェで焼き鳥と手作り餃子(バスク豚使用)も販売されるらしいです。これは行かねば!! smile 当日は日本人でブログを見たと言ってもらえば、割引してもらえるようです!! バスクでも日本食が食べられるってうれしいですね。

さて、今回はビアリッツのおしゃれなシャンブルドットを1軒ご紹介します!! ホテルもいいけど、シャンブルドットって、まるでその街に住んでるような気分になるのでまた違った味わいがありますよね~。

今度日本から大切な友人が来るのでシャンブルドットを探しに行きましたので、その報告をしたいと思います。

Villa_vaureal_1

ビアリッツの中心街から徒歩5分ほどの近さは魅力です。それなのに町中にいるということを感じさせない広さがあります。
シャンブルドットというよりは、お部屋もホテルに近い雰囲気でプライバシーを大切にしてくれそう…。ただ、オーナーさんとのふれあいはあまり期待できないかも。雑誌『旅』にも掲載されているようです。

Ssuite

お部屋は全5室。夏はほぼ満室とか。早めの予約をおすすめします。
Cerise、Mangue, Pêche、Framboise、Mirabelleと、すべてのお部屋にフルーツの名前がついていて、内装も名前のフルーツに合わせた色が可愛らしいです。ちなみにこのお部屋はPêche、桃です。日本の桃はピンク色ですが、桜桃のオレンジになっています。

Scuisine

なんといっても嬉しいのは、全室にキッチンがついていること。大がかりなお料理はムリですが、ちょこっと朝ごはんくらいなら作れちゃいます。冷蔵庫にいろいろしまっておけて便利。
Confiture_villa_vaureal

玄関を入って左手の棚には、オーナーのマダムの手作りジャムがぎっしり…。アプリコット、パイナップル、みかん…と種類もさまざま…。お土産にもぴったりかも。朝食にはこのジャムが出てきそう。

Table

テラスもまるでビアリッツの真ん中にいるとは思えない、開放的なスペースです。

夏は普通のお部屋で1泊150ユーロからというのもリーズナブルかも。冬季は108ユーロとなってました(2010年1月現在)。料金はお部屋によって違うのでホームページでご確認ください。

Appartment

なんと隣にはアパルトマンもあり、こちらも宿泊可とのことです。最大7人泊まれるそうで、もちろん大きなキッチンつき。こちらはなぜかホームページには載っておらず。直接お問い合わせください!場所についてもホームページで地図を見ることができます。

http://www.villavaureal.com/

info@villavaureal.com

byカオリン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/01/10

カーテンを開けたら・・・

こんにちは~yoyoです!

今朝起きてカーテンを開けたら・・・真っ白で思わずまぶしくて目をつぶりました。
霜が降りたのかと思いきや、一面雪景色でしたsnow
どおりで冷え込むなぁと思っていたら・・・。
前回降ったときは積もらなかったけれど、今回は雪だるまがつくれそうな感じです。

Cimg9548

Cimg9546

でも、どうやら太陽ものぞいているので、雪はどんどんとけていきそう。

ところで話はかわりますが、2年前にこのブログ内で紹介させていただいたスール地方Barcusにあるホテルレストランchiloについて。
日本人女性セリナさんが働いてますよ~と紹介をして、その後たくさんの方が訪れてくださったようで、彼女も喜んでいましたが、残念ながら日本へ帰国されたようです。
メニューづくりから調理も第一線でやられていたので、レストランも雰囲気がかわっているかもしれません・・・。
この場でお知らせしておきますね!

新たな情報としては・・・現在サン・ジャン・ピエ・ド・ポールの2つ星レストランで若手の日本人男性が2人住み込みで働いています!ワーキングホリデーなので、あと数ヶ月だと思いますが、この小さな町に日本人が働いていると思うとなんだか嬉しくなります。
今度またお料理とともにご紹介しますね~

by yoyo

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/01/05

Urte berri on 2010 !

日本のみなさま、新年あけましておめでとうございます!
バスクのみなさま、Urte berri on!
yoyoです。

Biarritz_012

2010年の幕開け、いかがお過ごしですか?
クリスマスから年明けまでフェットが続き、あっという間に年明け・・・というのが我が家のいつものパターンですが、今年も例にもれず。
クリスマスはダンナの実家でわいわいと、そして大晦日は友人の入籍祝いで、カリブ海仮装パーティーカウントダウン。4ヶ月になった息子ももれなく一緒で、半分の時間は抱っこしてよいよいしてましたけれどsweat01、真冬にトロピカルな気分waveを味わえて楽しかったです。

去年は出産という初経験をして、生活がガラリとかわりました。
出かける回数もぐっと減って、思うようにブログの更新ができなかったけれど、それでもたくさんの方がブログを訪れてくださり、「続けてきてよかったね」とカオリンと話しています。
ブログを旅行の「お助けバイブル」にしてくださったり、旅行後の報告をしてくださって、わたしたちも知らないバスクの姿を発見したり・・・バスクという数年前には知名度のかなり低かった土地を通して、日本の皆さんとコミュニケーションの輪がさらに広がっていった1年だったと思います。去年の夏、観光シーズンには、地元で毎日のように日本人観光客の方とすれちがい、驚きました!
そして、バスクリネンのお店やレストランなどからは、ブログの記事を片手に日本人がまた来てくれたよ~ありがとう~などど声をかけてもらったりして、そのたびに励みになりました。

バスクの天候はかわらず不安定で、昨日はコートが必要ないくらいの暖かさ、日中15度くらいで、今日は雨模様で5度。今週半ばは予報によると、雪が降るかも・・・。お正月にバスク旅行へいらっしゃっている皆さん、体調管理に気をつけて、楽しいご旅行を!

読者のみなさま、そしてご家族の皆様にとって、2010年が素敵な年になりますようにshine

今年もどうぞよろしくおねがいします!!


by yoyo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/01/01

Bonne année! 2010

みなさま! Bonne année! カオリンです! あけましておめでとうございます。

2008年1月1日に始めた当ブログも2歳になりました。

バスク近郊の情報を提供しようと始めたのがきっかけで、回を重ねるごとにさまざまなレストランなどに「ブログを見て来ました」という日本人が来てくれた、と聞くようになりました。旅行で来る方にもメールをいただくようになり、やっててよかった! と実感しています。ブログが縁でお付き合いがはじまった方もおり、新しい出会いもたくさんありました!

2009年終わりは骨折でさんざんでしたが、2010年こそはよい年になりますよう…。
左手はすごい速さで回復中でーす。リハビリの甲斐あってほとんど曲がらなかった肘が電話を持てるようになるまでに…。11月19日に手術してから1ヶ月半、痛みがあるのでまだまだ重いものなどは持てませんが、すこしなら両手がつかえるようになってきました。good 曲げる方が多少改善の余地ありですが、機能的にはほとんど回復したといってもいいかも。キネジセラピスト(リハビリ療法士さん)もびっくりの回復ぶりですっ。smile 肘がまがらないといろんなことが不便で…まず髪がむすべない。ピアスができない…。この2つはまだうまくできませんが、もうちょっとでできそう cherryblossom リハビリは結構痛いんですが、自己リハビリも毎日やってがんばりますっっ。

皆様の年越しはいかがでしたか? yoyoりんはだんな様の実家で過ごしたようです。うちは今年は肘が痛むので毎年恒例の fête はなし。家族でひっそりとプチ réveillon しました。

さて、ビアリッツ毎年恒例、クリスマスの光の祭典です。
町中にイルミネーションがともり、建物を美しく彩ります。これは一見の価値あり。

2010年がみなさまにとってよい年でありますように! 今年もよろしくお願いいたします。

Biarritz2



Biarritz3


Biarritz5





Biarritz4

写真: Christiane Myatt

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »