« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

暴風・停電・そして・・・

yoyoです!
ここ数日はすっかり春日和で、気温も20度を超える日が続き、ミモザや山桜、ボケの開花が山々に色を添え始めました。気持ちがよくって、ベビーカーを押す足取りも軽くなり、散歩時間も10分・20分といつもより長くなります。
でも、同時にわたしたちを閉口させたのは、バスク特有のピレネーから来る南風!
ついに昨日は、暴風警報が出て、夕方から今日の午後まで、半日以上停電が続き、この暴風のせいで、なんとなんと!家の屋根が壊れて、天井と壁の境目の部分が裂け、天井がバラバラとおちてきました・・・
その瞬間はほんとに恐ろしかったです・・。唸るような風の音にバラバラっと天井がはがれ落ちてきたんですから!そこからすきま風がはいってくるわ、停電になるわ・・・。
チリの地震の被害にくらべたら、なんてことはないけれど、自分の家が壊れるというのは本当に不安になるものだと身をもって体験しました。チリの皆さんはどんなにショックを受けているかと思うと切なくなります。万が一に備えて、避難出来るよう、あわてて荷造りなどをしましたが、風は少しずつおさまって、明け方にはすっかりなくなりました。
今朝、そんなわけで、温かいものも飲めないので(台所の調理器具などはすべて電気)、町へ出てみました。と、中心地には電気が通っていることを確認。うちは中心地からわずか1キロほどなのに・・・。紅茶の温かさがなんだか体のすみずみにしみわたるようで、ホッとしました。
帰り道、散歩しながらよくよく見ると、木々がなぎ倒されていたり、看板や屋根の一部が吹っ飛んでいたり、至るところにその被害が見られ、その処理に追われる人々の姿も・・・。人は自然の力には到底およびませんね。

Cimg9902

Cimg9917

そんななか、春の訪れもところどころに発見できたのが救いでした。

Cimg9914

ちょうどフランスはバカンスのシーズン。ひっそりしていた町がだいぶにぎやかになって、冬の間お休みしていた店も少しずつ開き始めています。

もうすぐ春ですね♪

by yoyo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/02/15

バスクっ子御用達 Xibiouz

yoyoです。

お日様が昨日、今日と少し顔を出したおかげで、雪もあっというまに溶けて、銀世界からいつもの風景に戻りました。まだひんやりするものの、少しずつ気温は上がって日中10度くらいにまで戻っていくようです。

さてさて、今日は、バスクっ子大好きブランドxibiouzのお話。
「シビウス」と読みます。
2003年にサン・ジャン・ピエ・ド・ポールで発祥したこのブランドはヨーロッパを中心にあちこちで今、大人気。
xibiouzとは、バスクに語り継がれる伝説や物語の中の魔女の1人の名前。
クリエーターは、ブランドのコンセプトを模索するうえで、「唐辛子」でもなく、「バスク十字」でもなく、新しいアプローチでバスクらしさを表現できるものを追求し、このシビウスにたどりついたとか。

魔女のもつイメージ、ミステリアスな感じ、自然界とのまじわりなどをテーマに、デザインは遊び心たっぷり!着ているとすぐにxibiouzの服と分かります。
今年の夏のある日のこと。10分間に町ですれちがった若者からお年寄りの、実に10人以上がシビウスの服を着ていてビックリしました。地元では特に根強い人気です!同じ服を着ている人に出会う確立も高し。
色合いはブランドイメージに合うようにと、淡いパステルカラーはなし。赤や黄色などのビビッドカラー、またはモスグリーン、茶、黒などダーク色。どの洋服にもラインストーンがついているのが特徴で、この服はどこについてるかな~と探すのも楽しみ。

地元の友人に教えてもらい、xibiouzの洋服に出会ってからというもの、私のツボにもかなりはまっています。着やすさがその理由の一つ。
生地にもこだわりがあって、コットン、メルトン、ビスコース(レーヨンの一種)などとにかく着心地のよいものばかり。テロンとした感じやジャージ、ストレッチ素材など・・・。妊婦時代も愛用してましたし、産後もおなかまわりのラインをかくすのに助かっていますcoldsweats01

お店はどこにあるかというと・・・
町の中心地にあります。観光局のある大通りを一本城壁側にあがったところ。

Cimg9709

Cimg9712

バスクリネンや唐辛子、さくらんぼジャムに加えて、自分用に一枚、こんなさりげないバスクみやげもいい記念になるかもしれませんね~。


Xibiouz

4, place du Trinquet
64220 Saint-Jean-Pied-de-Port - Euskal Herria - France
Tél :+33  (0)559 37 23 53

by yoyo

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/02/13

山バスク、真っ白です

yoyoです!
今年の冬は暖冬と言われ、2月にはいっても日中17度まであがる日もあったのですが、ようやく冬らしい?気温と景色になりました。一昨日からバスクは雪。
店や郵便局も早仕舞い、山奥に住んでいる農家の人たちはトラクターを出動して買い物へ出かけていました。
バスク地方は、雪が積もっても溶けるのも早く、昨日の午後には数センチ積もっていた道路の雪も瞬く間にとけていったのですが、今朝も粉雪が舞い散り、ご覧のとおり、雪遊びができるほどです。

Cimg9764

Cimg9766

前回、若手の日本人コックさん2人が私の住む町に働いているので紹介しまーすと書きましたが、店の都合で急遽やめなければならず、かわいそうに、1人はこの雪の中、早朝からブルゴーニュ地方へ旅立っていきました。無事着いているといいけれど・・・。新天地での活躍を祈りたいと思います。
バスク地方は日本の料理人の方が働きに来ることが多いけれど、皆さん、気をつけてくださいね。この時期は観光客がぐっと減り、店も閑古鳥が鳴く状態ですので、働くのはなかなか難しいようです。逆に夏はウェルカムでしょうが・・・。

彼らが旅立つ前に、ちょっと遠出をして、ピレネー山脈の美しいvallée d'Aspe(アスプ渓谷)へ。「ピレネーの母」とわたしたちが呼んでいる素敵な日本人女性のお宅へ遊びにいってきました。約2時間ほどのドライブでしたが、スキー場にも近いので、バスクとは景色がガラリとかわります。四方八方ピレネー山脈に囲まれて、すがすがしい一日でした。

Cimg9745

それにしても寒いです・・・
「こたつみかん」ができないので、「フットバスみかん」でぬくぬくしていま~すbleah

by yoyo







| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »