« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/30

Le Domaine de Bassilour, バシルール、スウェーデンスタイルのクリスマス

メリークリスマス! カオリンです。
みなさんのクリスマスはいかがでしたか?

私は家族でアンドラ公国に行ってきました!! カメラを紛失して写真を撮りそびれたのですが、お家が石作りでとっても可愛かったです。アンドラでは2食つきのホテルに泊まって毎日のんびりだらだらしながらスキー三昧の1週間を送ってきました。起きたらご飯食べてスキー。帰ってきたらご飯たべて寝て、次の日またご飯食べてスキー…。なんて幸せなクリスマス…。snow

アンドラはバスクからだいたい4時間くらいで行けます。アンドラは標高が高く、フランスから入ると山越えがあるので冬行かれる方、フランスから入る方、チェーンは必須ですよ!! うちもチェーンで苦労しました。

さて、今回はクリスマス前にお呼ばれして行ってきたバスクのホテルをご紹介します…。

Le Domaine de Bassilour ドメイン・ド・バシルール、ビダールにあるおしゃれなペンションです。
Sp1010243

Sp1010246

オーナーのマダムはなんとスウェーデン人。はるばるスウェーデンからお嫁に来たのですね。フランス語より英語が得意なのといいつつ、流ちょうな英語で話してくれました。いや、フランス語もとても上手でしたけど。

Sp1010259

中に入るとお菓子の山! キッチンにglöggなるホットワインがたっぷり用意されていました。スウェーデンスタイルのクリスマスパーティとか。バスクに住むスウェーデン人たちが集まり、スウェーデン語で楽しく歓談していました。英語、フランス語と国際色豊かな集まりでした!

Sp1010264

ホテルのデコレーションはすべてマダムが。北欧のセンスがとても可愛い!

ちらりとお部屋も見せてもらいました。

Sp1010253
Sp1010251

シンプルだけど居心地のよそさうなお部屋でした。マダムフィガロにも掲載されたことがあるとか。

すぐ近くにシャトーもあり、こちらもとてもゴージャス。写真はすべてこちらのリンクから見ることができます。暖かいと思ったら、全館床暖房なのだそうです。寒がりの私もほかほかでした。ぜひご利用ください! 近くに水車小屋があり、新鮮な挽き立て小麦粉や焼きたてサブレも買えます。

今年もあとわずか! いつもご覧いただき、ありがとうございます。

みなさまもよいお年をお迎えください。2011年も引き続きよろしくお願いいたします。

Le Domaine de Bassilour 

rue Burruntz,
64210 Bidart,
France.Tél : 05 59 41 90 85
Fax : 05 59 41 87 62

bassilour@wanadoo.fr



大きな地図で見る

by カオリン
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/12/13

地球の歩き方・フランス 巻頭バスク特集

yoyoです!

海外旅行の強い味方ガイドブック。
中でも、「地球の歩き方」は日本で一番売れているそうです!
私も留学時代によくお世話になったなぁ~
特に南仏コードダジュールをまわったときには大活躍しました!
そんな思い入れのあるガイドブックなのですが・・・今年の夏に嬉しいご依頼がありました。
2011~2012年のフランス編改訂版の巻頭でバスク特集企画があり、カオリンと2人でコーディネートのお手伝いをさせていただいたのです!
編集部の方がいらしたときは、ちょうど猛暑の数日間だったので、脱水症状になりかけて暑い中大変でしたが、お天気に恵まれて何よりでした。取材に快く対応してくれたオーナーの皆様方、感謝・感謝です!

先日そのガイドブックが書店に並んだそうです。
おすすめのシャンブル・ドットやレストラン、お土産品などが掲載されています!
雑誌ではないのでスペースに限りがあり、編集に苦労されたとか・・・
お疲れさまでした!
カラフルに写真もたくさん掲載されています。表紙は唐辛子がたくさんぶら下がるバスクのメゾン!そう、エスプレットのホテル・レストラン EUSKADI です!
たくさんの方々のご協力により、発行されたガイドブック。
みんなの力が形になるって素敵なことですね!
わたしたちもお手伝いできて、とても嬉しいです。

A06 地球の歩き方 フランス 2011〜2012 A06 地球の歩き方 フランス 2011〜2012

著者:地球の歩き方編集室
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

by yoyo

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »