« Libertimendua カーニバル | トップページ | いま私たちに求められていること »

2011/03/13

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます

yoyoです。

母国の信じられない映像を目の前にカオリンも私も心を痛めております。
被災された皆様は情報手段も絶たれ、メッセージも届かないかもしれませんが、心よりお見舞い申し上げます。
フランスでも次々にニュースが入っていますが、やはり時差があるために日本の記事やニュースを優先的に見ています。亡くなった方や行方不明の方の数がどんどん増えていき、事態の深刻さを遠くにいながらも痛感しています。


フランスから家族や友人に連絡をとってみたのですが、何度かけてもつながらず心配になりました。父が携帯から連絡をくれたり、インターネットのおかげで家族や友人とも昨日連絡がとれました。私の家族は東京にいるのですが、帰宅難民になり、それでもなんとか深夜にたどりついたとのことでした。本棚の中身が全て飛びだして散らばっていたり、食器棚が移動して中身がぐちゃぐちゃになっていたり・・・と物質的な被害はあったものの、無事でした。友人からも無事だという知らせが次々に入りましたが、そうはいっても今回の大地震を体験した精神的なショックや不安は、計り知れないと思います。

被災地の町ごと消えてしまった様子、途方にくれた人々、なんと申し上げたらいいのか・・・
本震災で亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々が一日も早く安心して生活できる日が来るよう祈るばかりです

フランスをはじめヨーロッパからも被災地の救助活動にたくさんの方々が駆けつけ救援物質が届いているとか。被災地の皆様の生活と心の支えにきっとなることでしょう。
ニュースを見たフランスの友人・知人からも私は地震を体験していないけれど、次々に見舞いの連絡がはいり、私の家族や友人の安否を気遣ってくれたり、励ましの言葉をもらったり・・・有難いことです。物質的な援助は不可欠だけれど、苦境の中、心の支えとなるのはやはりこういった人の温かみではないかと思います。

フランス在住の日本人の友人から、募金できるところを知らないかと聞かれたのですが、私はこちらから心ばかり寄付させていただきました。いろいろな方法があるかとは思いますが、グーグルのアカウントをお持ちの方でしたらネット上で簡単にできます。

まだ余震も続いているとのこと、どうぞ皆様くれぐれもご用心なさってください。

遠くから皆様のご無事をお祈り申し上げます。


yoyo & カオリン

|

« Libertimendua カーニバル | トップページ | いま私たちに求められていること »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遠い国から、ありがとうございます
災害にあわれた人たちの事を考えるのは
どこにいても、みんな同じ気持ちです
同じ日本に住んでいて、何もできないことに心が痛みますが、今日も9日ぶりに男性が倒壊した家の中から救助されました!
嬉しいことです、この嬉しい気持ちが、多くなることを祈っています
まだまだ、希望を捨てないでほしいです
海外からは、いろんな国から援助をいただいています。日本の自衛隊員、消防隊員の方々の力も多くの数になってきています

海外にいると正確な情報が得られないと思いますが、ここ東京は今のところ、ありがたいことに、普段の生活とは行きませんが
シンプルに生活ができています

被災地の人々の心のケアー、早く始めないと。。。。

とにかく、頑張るしかない!!

投稿: srachan57 | 2011/03/19 10:16

srachan57さま
コメントをありがとうございます!
そして9日ぶりに男性が救助されたとのこと、嬉しい知らせは希望の光ですね。私もそうですが、自分に何ができるのかと問いかけ、答えの出ない人も多いのではないかと思いますが、自分の今できる精一杯のことをして、みんなで力を合わせて、前向きに生きていくことが大切なのかなと思えるようになりました。
海外では、日本人がどんなに苦しい状況下でも、秩序を守り助け合う姿が素晴らしいと報道していますが、私も誇らしく思います。
食料や交通機関の麻痺などいろいろと大変なこともおありでしょうが、1日も早く皆さんが以前の生活ができるようになることを祈っています。

投稿: yoyo | 2011/03/19 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/39214071

この記事へのトラックバック一覧です: 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます:

« Libertimendua カーニバル | トップページ | いま私たちに求められていること »