« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月

2011/08/31

祐成陽子クッキングアートセミナーの先生方と

yoyoです!

一気に暑くなったり、妙に冷え込んだり、相変わらずお天気の読めないバスクです。

8月半ばに東京新宿にある祐成陽子クッキングアートセミナーの先生方がフランスバスクへお越しになった時にご縁があって、コーディネート&アテンドを担当させていただきました!
日本で初めてのフードコーディネーター養成校で、先生方は、通常の授業に加えてテレビや雑誌、レシピ本の出版などで大忙し!
ドライバーつき専用車で3日間山側~海側をあちこちまわって、楽しいひとときを過ごしました!美食の宝庫、バスクを通してまた新しい素敵な出逢いができたことをとても嬉しく思います。
陽子先生の娘さん、二葉先生には私の息子と同じくらいのお子さんがいらっしゃったので、ますます親近感が湧いてしまいました。離乳食の本をおみやげにいただいたのですが、実際にお子さん、陽々(ひび)くんに作られた毎日のレシピが写真つきでズラリ。美味しそうなお料理はもちろんのこと、可愛いキッチングッズを使われているので、目にも楽しいし、かなりオススメです。陽々くんは、こうやって小さい頃からいろ~んな味に親しんできたからか、フランスパンや子牛肉、ブーダンなどをパクパクと美味しそうに口にしていてこれぞ食育だ!と思いました。


3日間こ~んな快晴に恵まれて・・・

Voyage_pays_basque_1056

オーガニックのバスク豚農家でバスクの家庭料理をご体験いただきみんなでランチ。
村人たちにバスクのコーラスをたくさん披露してもらいました!
Voyage_pays_basque_1062

Dscn0101

料理家・陽子先生の開発されたはさみでフードコーディネーターの紀子さんがガトーバスクをカット。目から鱗のシーンです・・・
くずれがちなケーキもキレイにカットできました!バスクの農家の皆さんもその切れ味と使いやすさにビックリ。
ピザやサンドイッチもつぶれずキレイに切れるし、小さなはさみの方はプチトマトを切っても中身がプシュっとでなかったり、まな板がなくてもささっと料理できてしまうというスグレもの。うーん、新しい発想です!

Voyage_pays_basque_1066

バスクリネンのオナティスの工房をご見学&お子様用のエプロンをご発注!

Voyage_pays_basque_1031_1

ポー空港近くのお菓子屋さん、アメリのパスティス作りをご見学いただいたり・・・

Dscn0095

その他、ジャムのお店、唐辛子直営店、チーズ農家、キッチングッズや本屋、お菓子屋さんめぐりなどをしてあっという間に時間が過ぎていきました!

普段はパソコンの前で仕事をしているので、こんな風に日本の皆様と時々ご一緒できるのは私自身とても新鮮で嬉しいのです。先生方の発想やコメント、注目されるポイントなどがとても興味深く、勉強になりました!
またいつかご一緒できたらと思います。
祐成陽子クッキングアートセミナーさんの活動内容、詳細は下記のホームページからご覧ください。

clover祐成陽子クッキングアートセミナーclover

〒160ー0002 東京都新宿区坂町3-24
telephone 03-5269-1807
cooking-art-seminar@sukenari.co.jp

by yoyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/25

シードルリーに行ってきました~!

【追記 2014年6月25日】
残念ながら、2011年に紹介したこちらのシードルリーのレストランは、オーナーの都合で閉鎖になってしまいましたのでご注意ください。

yoyoです!

バスク地方にはりんごの木がたくさんあり、シードルやりんごジュースも有名です。
バスクのシードルは、わりと酸味の強いものが多いのです。

シードルリーとはシードル醸造所のことで、普通レストランが隣接しているので中で食事をとることができます。
シードルリーの食事はどかーんと量が多いのが特徴。そしてシードルは飲み放題で樽から自分で注ぐという感じです。

Cidrerie_021
こうやって、泡をたてる感じでグラスを樽から離します!

友達が夏の間働いていたので、じゃあみんなで押しかけよう~と地元のシードルリーへ。
サン・ジャン・ピエ・ド・ポールから車で10分弱のLASSEという村にあります。
おチビちゃんばかりの子連れ5家族大集合!
このシードルリーの嬉しいところは、オーナーが鴨農場も持っているので、美味しい鴨料理がいただけること。
Salade gourmende(15ユーロ)は、鴨のフォアグラやジェジエ(砂肝)、生ハムがこのとおりどかーん。

Img_0510

それからここの名物は骨付き肉(ビーフ)です。男性陣に人気高し。あ、しまった・・・もう半分以上食べちゃったところであわてて撮影。

Img_0512

Cidrerie_024

嬉しいのは子供(確か1家族に2人まで)には上記のようなハムとポテトが無料サービス。

ワイワイにぎやかに、テーブルを分け合ってみんなで食べるのが楽しいシードルリー。
どこからかバスクのコーラスが始まって大合唱なんてこともあります。
この日は、恰幅のいい女性がソロで歌を披露してくれました。
もう23時まわってますが・・・coldsweats01子供たちもすっかり聞き入ってます・・・オーナーの子かな、パジャマ姿の子供たちもいました。

Cidrerie_033

Cidrerie_031

20ユーロ、25ユーロ、30ユーロのコースとありますが、かなりの量です!!!

営業期間は7月と8月は毎日開いていますが、冬期は週末のみ、4~6月と9月は火曜の夜から日曜の昼まで。
詳細はホームページをご覧ください。

予約おすすめです!団体さんが入ることもよくありますので・・・。ホームページから英語でも予約できま~す。

大きな地図で見る

CIDRERIE ALDAKURRIA
64220 LASSE
Tel fixe: +33559371313
Tel portable : +33670946057
Fax: +33559370343
Email: 
aldakurria@orange.fr

by yoyo


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/08/19

メゾン・ド・ショコラのバスクコレクション

yoyoです!

残暑お見舞い申し上げます。・・・と、まだまだ暑い日本の夏、皆様いかがお過ごしでしょうか?

日本から観光にお越しになる皆さんは「バスクは過ごしやすいですね~」とか「冷やっとしますね」なんておっしゃっていました。確かに今年のバスクの夏は結構涼しい日が多かった気がします。私は今年の夏は旅行に仕事にあちこち行ったりきたり飛び回っていました!

北欧に家族旅行に行ってきたのですが、バスクよりもフィンランドやスエーデンの方がずっとずっと暑くてビックリしました。
帰りのパリ、シャルルドゴール2Fターミナルの荷物検査を終えたゲート内で、国内線の搭乗待ちをしているときに、メゾン・ド・ショコラのお店をのぞいてみたら・・・

どこかで見た町並み!
バスクコレクションでした。今年の5月頃に始まって9月には終了という限定シリーズのようです。ピマン・ド・エスプレット入りがあったり、はちみつ入りがあったり、バラエティに富んでいましたが、なんといってもパッケージが可愛くて思わず手が伸びました。

2Fターミナルからご出発の皆様、空港でお時間があれば、のぞいてみてくださーい。

Voyage_pays_basque_1012

Voyage_pays_basque_1010

Voyage_pays_basque_1018

by yoyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »