« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/22

2012年もよろしくお願いします&ビルバオ空港からのアクセス

yoyoです!

新年のご挨拶が大変遅れましたが・・・皆様、明けましておめでとうございます!

9年ぶりに日本でお正月を迎えました。こたつに入って紅白を見ながら祖母の住む金沢で家族で年越し・・・という懐かしいお正月でした。震災後の日本は初めてだったので、いろいろな思いを抱えて帰国しましたが、私の実家がある東京では、被災地区ではないことと時間が経過したこともあるのでしょうが、目に見える形で大きな変化を感じることは正直ありませんでした。ただ、人の意識には本当に大きな影響を及ぼしたのだなといろいろな方と話すたびに感じました。
金沢のタクシーの運転手の方が、今年は自粛ムードもあるのか「福袋を買いに出かける客も少なめで道もわりと空いている」と言っていました。

バスクから日本に着いた瞬間、「寒い!!」とブルッとして、こちらへ帰国した時には、「あ~明らかに気温が違う」と思わずコートを脱ぎたくなるような感じでした。

大都会から大自然の中へ・・・。人・人・人の群れから羊や牛の群れへ・・・。
日本から戻ると寂しさも募るのですが、空の面積の広さ、室内の天井の高さ、澄んだ空気に開放感を感じるのもまた事実。
大好きな和食を堪能して、温泉に入り、懐かしい家族や友人と思い切り日本語を話して、リフレッシュしたのでまた頑張れそうです。

今年もこのバスクから、細々とではありますが、現地の生情報をお伝えできたらと思います!どうぞよろしくお願いします。

今回、ビルバオ空港を利用してパリ経由で成田まで行きました。
日本からの観光客の方々にとってビルバオ空港からのアクセスは、なんといっても航空券が安いことと、スペインバスクも楽しめるという利点があると思います。

ただ、パリでは、2Gという少し離れたターミナルへバスで移動しなければなりません。移動時間は混んでいなければ10分くらいです。このバスが朝は5時50分がどうやら始発?のようで、私は日本からの夜便だったので朝4時15分ごろにシャルルドゴール空港へ着いたのですが、バス運行まで空港で待つことになりました。乗り換え時間は3時間ありましたので、十分間にあいましたが・・・。ゲートへアクセスするコントロール時に手荷物の何かがひっかかったようでおっかない顔のオジサンに荷物をいろいろとあさられたのですが・・・
「かにみその瓶」でした・・・sweat01
そういえば、スーツケースの重量オーバーであわてて成田で手荷物の中に入れたんだと思い出しました。得体の知れない灰色の物体に眉をひそめる検査員。検知器のような機械で瓶の周りを丁寧にチェックされ、「これ、子供の食べ物か?」と聞かれ、そのまま「はい」と答えてよけばよかったのですが、「蟹のペーストです。パンに塗って食べる感じで」と分かりやすく?ごまかしたら、余計にあやしまれ「だめだよ、そんなもの。こりゃ無理だな」とかブツブツ叱られました・・・coldsweats02 隣にいた係員の方のおかげで、今回は特別だと最終的にはパスできたのですが、パスポートナンバーまでチェックされました。手荷物には気をつけなきゃですねsweat01


ビルバオ空港に着き、荷物をピックアップして外に出ると、目の前には子連れに嬉しいキッズスペースがあります!こんな可愛い飛行機の滑り台が・・・・長時間のフライトを頑張って我慢していたうちの子も伸び伸び嬉しそうに飛び回っていました。

Photo

Photo_4

そのキッズスペースの目の前からサンセバスティアン行きのPESAの直通バスが1時間に1本(毎時45分、所要時間1時間10分、料金片道15.10ユーロ、4歳から)運行しているため、サンセバに行きたい方にはとっても便利ですよ。

2012年、どんな年になるのでしょう。
被災地の皆さんに希望ある明るい1年となりますように。
読者の皆さんそれぞれが思い描く素敵な1年となりますように・・・shine
みんなが安心して暮らせる世の中に近づくことができますように。

by yoyo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »