« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/25

バスクの突風

yoyoです。

今年の春の雨は長くてもう2週間以上も毎日のように降り続いています。
どこに行っても「ひどい天気だよねー」と始まります。
気温もさがって、朝晩はまだ暖房が必要な時もあります。

”バスク地方=雨が多い” ここに住んでいる人たちはこのことをよく承知しているので、雨がらみの冗談をよく飛ばします。
「バスクで散歩する時は、傘と長靴は必需品だよ、水着ももった?」とか雨が多くてブツブツ言っている旅行者を見れば「おめでとう!君もバスクの洗礼を受けたね」とか・・・。


今日は・・・・・・・南風が強くて台風のようです。とにかくまともに歩けません・・・
この突風のような気まぐれな南風、バスク地方ではわりと頻繁にあります。
バスク語で、EGOI(エゴイ)と言い、荒れやすい大西洋となんだか似ています。

天気予報では平均風速は時速35キロメートル、突風が時速85キロメートルと出ていますが、庭に置いてあった10キロ以上はあると思われる子供の大きなショベルカーも遠くに吹き飛んでいるし、植木もなぎたおされています。
以前、しばらく家を空けた時に、この南風が吹いて、庭に置いてあったアロエや金のなる木など植木が全滅して泣いたことがあります・・・。

子供を保育園に送ってから郵便局に寄った時のこと、窓口の方に倍の料金を請求されて、「ん?」と思って確認したら、「あら、ほんとだ。間違えちゃった、きっとこの風のせいねー」と。

その後、寄ったカルフールのレジでは「ボンジュール」(おはよう)の代わりに「ボンソワール」(こんばんは)と言われ、「あらーいやだ、南風が吹いてるからなんだか調子狂うわー」と。

お茶目なバスク人たちです。
でもバスクには、この南風にまつわる神話がいろいろあるようです。
もともと、太陽や木、海、風など自然の力に神が宿っているという考え方があり、自然現象への崇拝心も強いですし、バスクの至るところで見かける十字「ラウブル(4つの頭)」の4つの点は、水、太陽、大地、火をそれぞれ表しているという説もあります。
日本の神道に通じるところがありますよね。

小さくて見づらいですが、大抵こんな風にまぐさの部分など家の入口付近にお守りのようにラウブルが刻まれていたりします・・・。

by yoyoImg_0097


Img_0099

by yoyo

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012/04/13

サン・ジャン・ド・リュズでお散歩

yoyoです。

桜も木蓮もミモザの花もここ最近続いている雨や風で吹き飛ばされてしまいました。
そんな雨続きの中、快晴になった休日、家族でサン・ジャン・ド・リュズの高台の公園とビーチに遊びに行ってきました。

以前、la Réserveというホテルをブログでご紹介しましたが、そのホテルからリュズの中心部にあるビーチをつなぐ海の見えるのどかな公園です。
お子様連れの方にもおすすめです。この日ものーんびり日光浴する人たちやピクニックをしている人たちでにぎわっていましたよ!

Img_0765

Img_0769

利用したことはありませんが、右の赤い屋根の出店では、軽食からお魚や肉のグリルなどわりと本格的なお食事もできるみたいです。海を見ながらお茶を飲んでほっこりしている人たちもいましたよ!公園のすぐ横にあるので便利です。ここにお手洗いもあります。

Img_0774

上の写真の左側に見える山は登山鉄道の走っているリューヌ山です。正面に広がっているのがリュズのメインビーチです。
ビーチから高台のチャペルのある場所までゆっくり歩くと30分くらいかかるかもしれませんが、景色は最高なので、海を見ながらお散歩したい方にはおすすめのコースです!

Img_0777

Img_0781

さすがに海に入っている人はまだいませんでしたが、砂浜で水着になって日光浴している人たちや水辺で足をつけて遊んでいる人たちは結構いました。風はまだちょっと冷たいのですが、日差しがとてもキツイので、日が出ていれば水着になれるくらいのあったかさです。

日本の梅雨のような雨が続いていますが、バスクは今が1年の中でも特に雨が多い時期です。
来週から2週間春休みになるので、バスなどを利用される方はお気をつけくださいね。
バカンス時期は、バスが運行しなかったり、ダイヤが変わります。

また、5月1日は祝日メーデーで、海側を中心に運行するバス chronoplus が全便運休しますので、ご旅行される方はお気をつけください。タクシーは大丈夫です。

by yoyo

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »