« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/30

山バスクをバスでまわる! 2012年最新

カオリンです!

みなさま~日本はまだまだ残暑きびしいでしょうか。みなさまいかがお過ごしですか。sun

バスクはすっかりめっきり涼しくなり、なんと秋の香りが...。栗の木も徐々に実をたくわえて後は色が変わるのを待つばかりだし、葡萄もたわわに実っています。秋の香り満載です!! maple

カオリンちのブドウもこんなに! heart 新鮮でおいしいのでぱくぱく食べてしまいました。たくさんあるのでジャムにしたり、ソースにしたり、いろいろ作ってます。ワイン作ってもいいかも? wine

20120806_152030

さて、9月からついに新学期、うちの子供たちもわくわくしています。長い休みのあとにお友達と再会。で、バスの時刻表も8月から一新されています。

山バスクを訪ねたいけどなかなか公共の足では難しいみたいですね。


ビアリッツバイヨンヌ周辺をバスで回る場合はこちら!

cherryChronoplus ビアリッツ、バイヨンヌ周辺バス(PDF)


こちらは通常通勤で使用される山バスク周辺の定期バスです。

cherryCG64 バイヨンヌから山バスク バス時刻表と路線図(PDF)
こちらGoogle Chromeだと正常に表示されない場合があります。Explorer だと大丈夫です。

これを見る限りではやはり山バスクへ足をのばすのはなかなか難しいですね。

cherryサンジャンド・リュズからサールまでのバス


cherryバイヨンヌからサンジャン・ド・リュズ

いろいろ検索しているうちに、山バスクハイライト、エスプレットの朝市のcherry 半日特別バスを見つけました。水曜のみのようですが、曜日が合えばちょっと朝市にいってみるのもよいかも。この会社は他にもビアリッツ、バイヨンヌからビルバオグッゲンハイム1日観光、サンジャンピエドポール1日観光などのバスも運行していますが、曜日が限られ、予約が必要です。サイトはすべてフランス語ですがチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

またバイヨンヌからサンジャン・ピエ・ド・ポールまでは TER というローカル電車も走っています。

cherry
TER バイヨンヌからサンジャン・ピエ・ド・ポール(PDF)

この路線でイッツァスにとまります。またNoblieという駅はレストラン、オスタペの最寄駅になります。ここからがんばればオスタペまで歩いていけるのではないかと思いますが、私は歩いたことがないのでなんとも...自己責任でお願いしますね!!!

ではでは~秋からの山バスクをたっぷりとお楽しみください。


By カオリン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/23

バスク地方ナバラ王のシャトー Château d'Etchauz

こんにちは。カオリンです。

YOYOは今頃日本でおいしいものを食べまくっているのかな。うらやましい!
日本はまだまだ暑そうですが、バスクはめっきり涼しくなってきました。過ごしやすいかぎりです。ご旅行を計画されている方はカーディガンなど羽織れるものをお忘れなく。

さて、今日ご紹介するのはバスクの内陸地方ナバラの王が住んでいたお城、Château d'Etchauzをご紹介します。シャトー・ド・エチャウスと発音します。バスク語はなかなか読みづらいですね! バスクは7県で構成されているのはバスク通のみなさまもご存じのとおりですが、そのうちのナバラ地方のフランス側にあたる「Saint Etienne de Baïgorry」という小さな小さな町にあります。

この町はピエールオテイザのハム工場に行く途中にあるため、工場見学がてら寄ることが可能です。
チャーリーチャップリンがバスクをいたく気に入り、このシャトーでいつも夏を過ごしていたといいます。それにちなみ、チャーリーチャップリンの間が作られています。宿泊も可能です。

シャトー・エチャウス公式ページ

Dsc_4360_2


Dsc_3879


Dsc_3880

Dsc_4385


シャトーの外観は遠くから見てもきれい。バイゴリの自然にすっかり溶け込んで絵になります。


ところでみなさまは「夜のマルシェ」って聞いたことありますか。Marché Nocturne マルシェ・ノクテュルヌといいます。バスク地方だけでなくフランス全土で見ることができます。長い夏の夜にさまざまな特産品などの夜店が出ます。昼のマルシェのような野菜などはありませんが、手作りアクセサリーやバスク小物なども見つけることができます。
このシャトーでは毎年8月にMarché Nocturneが開催されています。


Dsc_4387

大きなテーブルにバスク料理がふるまわれ、グループで家族で夕食のひとときを楽しみます。その後はバスク語の音楽に合わせて生演奏で踊ったり、地元産ワイン、各種お酒も楽しめます。

シャトーには鎧兜や絵画、骨董家具などが置かれており、歴史も垣間見ることができます。館内は火曜と水曜に英語とフランス語のガイドの案内による見学が可能です。

結婚式、各種イベントも開催できます。また宿泊も可能です。詳しくは観光局か...カオリンまでお尋ねください。

Château d'Etchauz

Saint Etienne de Baïgorry
Tel : 05 59 37 48 58(見学は要予約)
館内見学時間 火曜と木曜のみ 14:00~17:30
入館料: 7€(団体は5€)


大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/15

魔女伝説アケラーレの村 Zugarramurdi 

みなさま...お久しぶりです!!
smile
大変長い間更新もせずすべてYOYOにまかせっきりにしていたカオリンです。みなさま覚えていらっしゃいますか...。忘れてしまったかた...思い出してください。お願いいたします。

wobbly
実は原因不明の病に侵されて床に伏していました。専門医に訊いてもはっきりせず...検査をたらいまわしにされています。まあそのうち治るでしょう。...と言っているくらいだからたいしたことはありません。一時はもう先が長くないと本気で思いましたが、ちょっと元気になってきました。家族とYOYOの支えでなんとか立ち直りつつあります。もつべきものは家族と友人ですね。


さて、今日ご紹介したいのは、スペインバスクです。といってもフランスバスク、アイノア、サールの辺からだと10分でいけちゃうフランスからのお得な(?)スペインバスクです。短期滞在の時にちょっと足をのばしてもよいでしょう。ここはとっても不思議感漂う場所なのです。というのも...

バスクには知る人ぞ知る、「魔女伝説」が多くあります。

17世紀には魔女狩りが盛んに行われていました。バスクもそのひとつ。.海に面したバスクは船乗りを夫に持つ女性が多く、漁に出る男を送り出すとひとり暮らしになる人が多くありました。そんな女性たちやさびしい独身の女性はなんだか怪しい! とされていたというのが一説。 女性同士が洞窟に集まり、集会が開かれていたといいます。私は女性たちが集まって飲み会でも開いていたのではないのかなと思うのですが、そんな「魔女」のあつまりはサバトとかいうらしいです。そしてバスク語ではその魔女集会のことを「アケラーレ」といいます。

そんなアケラーレが行われていたという洞窟があるこの村。みるからになんらかの雰囲気が感じられそうです。


Dsc_3926_3

レストランやパルがたくさんあり、魔女の洞窟を案内する看板も。


Dsc_3927


Dsc_3928

やはり魔女の洞窟なんかを回るとおなかが空くのでレストランに入ります。するとメニューは魔女メニュー...。楽しく食べられます。街中にはいくつかレストランがあります。そのひとつに入りました。本格炭火焼です!!

Dsc_3941

Dsc_3943

ここは肉も新鮮、かつシーフードメニューも気が利いてておいしかったです。レストランの名前は..控えるのを忘れました。ですが、炭火焼を提供しているお店は1つしかないのですぐにわかるはずです。またもう少し丘をあがるとファンキーなバルもありましたので、小腹程度でしたらそこもおすすめです。

Dsc_3947

今回私が試しておいしかったのは...「白サングリア」です。ふつうのサングリアは赤ですが、ここでは白と赤が選べ、新鮮りんごが浮かんでとーってもおいしかったです!! 夏休み特集、明日この記事にちなんでサンセバスチャンのレストラン、「アケラーレ(Akelarre)」に行きますので、その報告も...お楽しみください。


大きな地図で見る


By カオリン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »