« 世界一周 魅惑の鉄道紀行「フランス美食紀行 ボルドーからバスクへ」放映のお知らせ | トップページ | 【特集】日本にあるバスク料理レストラン☆第一弾 LE GRAND SOIR »

2012/12/31

感謝をこめて…2013年もよろしくお願いします!

yoyoです。2013年明けましておめでとうございます。

日本はすでに年が変わっていますが、こちらフランスは8時間の時差があるので新年まであと数時間のカウントダウンに入っているところです。今年の大晦日はバスクから東に450キロ離れた主人の実家でのんびりと過ごしています。

今年1年を振り返ってみると、バスクの土地で多くの新しい出会いに恵まれて、地域の方々と深く交流をもつことができた年だったと思います。特にチーズ農家へお邪魔する機会の多い1年でした。日本から観光でいらっしゃった皆様にもバスクの素敵な一面を少しご紹介することができたかなと思っています、私自身もたくさんの励ましのお言葉をいただき、まさに人に助けられ、人から元気をもらった1年でした。

プライベートでは、健康について深く考えさせられる1年でした。
両親がともに足を骨折したり、義父の突然の他界に悲しみもまだ癒えぬうちに今度は義兄が闘病生活を強いられることになってしまいました。私自身も体調を崩してしまいがちな1年でした。

そんな中、たくさんの皆様に支えられて、応援していただき、今年も細々ですがブログを続けていくことができました。皆様本当にありがとうございました!そしてカオリン、いつもありがとう!

実は・・・私事なのですが、2月からバスクを離れて新しい土地で生活をすることになりました。
主人の家族の近くに引っ越しをすることになったのです。
突然決まった引っ越しでまだ準備もままならぬ状態なので、私自身もいろいろな意味で心の整理がまだできていないのですが、バスクでの素敵な出会いや思い出を胸に、あと1か月になってしまったバスクの生活を思い切り楽しみ、新しいスタートを切りたいと思っています。
まだまだ書きたいこと、ご紹介したい場所がたくさんあるので、引っ越しをしてからもできる限りブログを続けていければと思っています。バスクからは車で4時間30分ほどと決して近くはありませんが、今年は何度となく往復しましたのでもう慣れっこです!バスクの地にもちょこちょこ足を運びたいと思っています。

どうぞこれからも「山バスク 海バスク」をよろしくお願いいたします!

2013年が皆様にとって楽しいこと・嬉しいこと・ワクワクできることがたくさんある素敵な1年になりますように。健康で幸せいっぱいの1年になりますように。

by yoyo

|

« 世界一周 魅惑の鉄道紀行「フランス美食紀行 ボルドーからバスクへ」放映のお知らせ | トップページ | 【特集】日本にあるバスク料理レストラン☆第一弾 LE GRAND SOIR »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます!
以前バスクについてアドバイス頂いたものです。春にはそちらに引っ越す予定でしたが、バスクを離れられるのですね。
残念です。でも新天地でまたお元気で活躍される事をお祈りしています。
同じフランス国内ならお会いできるチャンスも。これからも、楽しいバスク情報
や新天地での情報楽しみにしています。

投稿: bichon | 2013/01/02 09:08

よよーshock
よよがいなくなったらさびしくなるよう!
でもブログはしばらくは続けてね。

投稿: カオリン | 2013/01/03 23:11

bichonさん

春にこちらへお引越しされるご予定なのですね。
残念ながら入れ違いになってしまいますが、一緒にブログを書いているカオリンはバスクにいます!どこかでいつかお会いできたらいいですね。バスクにも足を定期的に運ぶと思いますので、お会いできる機会もあるかもしれません!
これからもよろしくお願いします。

appleカオリン、ほんとに寂しくなるよーcrying
でも、これからもできるかぎり続けていくつもりだよ!現地の生情報はカオリンにお願いすることになってしまうけれど・・・
せっかくここまで続けてきたから、これからもがんばっていこうね!

投稿: yoyo | 2013/01/04 18:48

Bonosir
初めまして。mukuといいます。
先日、偶然”地球一周の旅”とかいう番組でカオリンさんが出演しているのを見ました。
以前スペインのサン・セバスチャンに行った帰りの車窓から夕日の中、バイヨンヌの丘に建つカテドラルを見たのが忘れられません。また、バスク語は、キキ、カカとかという単語が多いのだとバスク人に聞いたことが思い出されます。
きれいな良いところですよね。
さて、番組の中で”トリション”という布巾を紹介していましたが、布巾すべてをフランス語でそのようにいうのでしょうか。それともバスク語ですか。フランス語でしたら綴りを教えてください。あんなきれいな絵柄だと飾りたくなりますね。
また、お店の名前などもフランス語の綴りとは違っていたように思います。混在しているのでしょうか。
いつか、フランスにまた行って、バイヨンヌの聖堂を見に行きたいと思っています。
いろいろ書いてしまいました。お付き合いくださいましてありがとうございます。

投稿: muku | 2013/01/11 10:04

mukuさん

番組をご覧いただきましてありがとうございます!私たちはまだ見ていないのでどんな仕上がりになっているのか楽しみです。

さてトルションのお話なのですが、これはバスク語ではありません。
バスクリネンには、テーブルクロスやランチョンマットなどいろいろありますが、その中にお皿拭きなどに主に使用するトルションがあります。フランス語で、Torchonと書きます。
私は今月末にバスクを去ってしまうのですが、カオリンはバスクにいますし、また是非遊びに来てくださいね。

投稿: yoyo | 2013/01/12 13:41

yoyoさん、お返事ありがとうございます。
トリションと記憶したのでおかしくなっていました。仏和でも布巾で探せばよかったのにね。ご足労おかけしました。

さて、番組は楽しかったですよ。カオリンさんのところでは、ロバを散歩させるというのでびっくりするやら。
わたしは、番組に出演されていたのがカオリンさんでしたのでyoyoさんとお二人でこのサイトを書かれているのが頭から抜け落ちていました。

yoyoさん、新天地でのご活躍お祈りいたします。また、このサイトも発展されることを。
あ、その前に引っ越し大変でしょうが、無理しないでくださいね。
では、では、いつか会えたらいいですね。

投稿: muku | 2013/01/13 14:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/48554528

この記事へのトラックバック一覧です: 感謝をこめて…2013年もよろしくお願いします!:

« 世界一周 魅惑の鉄道紀行「フランス美食紀行 ボルドーからバスクへ」放映のお知らせ | トップページ | 【特集】日本にあるバスク料理レストラン☆第一弾 LE GRAND SOIR »