« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/14

【特集】日本にあるバスク料理レストラン☆第二弾 ABASQUE

カオリンです!

年が明けて今年も早中盤に差し掛かりました...バスクも今年はずっと暖冬でクリスマス頃には屋外でバーベキューをしていたくらいでしたが、ここ数日は雨続きで寒くなっております。本日都心では雪で交通がマヒして大変みたいです…。
800m以上は雪の予報だけど、今年はまだ地上で雪を見ていないです。バスクは冬たいてい1回か2回は雪が降るんですが、このまま春になるといいなあ。
さて、前回に引き続き日本で食べれるバスク料理レストラン第二弾です! 今回は渋谷にある「ABASQUE」をご紹介します! 渋谷にあって2012年ミシュラン1つ星といえば無視するわけには行きません!
ABSQUE= アバスクと読みます。渋谷駅近く、青山通りと六本木通りに近いのでとっても行きやすいお店です!ブログを通して知り合いになったお友達と行きました。彼女ももちろんバスク通。

Abasque_door

高解像度の画像はこちらをご覧ください。
さて、このお店、とーってもバスクです。バスクを網羅しています。メニューも前菜からすでにピーマンにバカラオの詰まったバスク名物ピキオスを「ずわい蟹」で出すという、日本人の心を狙った演出になっていました。前菜6品すべてバスクの香りがします。
だからバスク料理まだ食べたことない...という方にもとってもオススメです。どれを頼んでもバスク風ですから。メーンもバスク豚が勢ぞろい! バスク豚頬肉のコンフィに心ひかれましたが、連日のフレンチに胃もお財布もやられ、この日はあまり食べれずorz 。
バスクの赤トウガラシがかかったドアを開くし、雰囲気はとっても落ち着いていて、静か~。なんか落ち着ける(ほっ)。 早めに予約したからか埋まっているテーブルもまばらでゆっくりとお話しできました。
カオリンはこの日ずわい蟹のピキオスに挑戦。予想どおりのおいしさでした。バスク料理にチャングロという蟹グラタンがあるんですが、これがカオリンの大好物。チャングロとピキオスの合いの子のような素晴らしいお味でした...。
オーナーであり、ソムリエの大山さんは
臓物のことをフランス語でアバ(abats)というのですが、アバも食べれるお店ということでアバスクにした、とのことです。2013年1月1日のアバスクブログでは、シェフさんがどうやら交代される模様...。これからまた新たな味を追求されるのか…気になるところですね!

他にも日本全国のここにもバスクレストランがあるよ、とご存じの方がいらしたら、yamaumibasque[@]gmail.comまでお知らせくたせさい!!
カオリンが食べたメニュー

Tumbler 山バスク海バスク

By カオリン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/06

【特集】日本にあるバスク料理レストラン☆第一弾 LE GRAND SOIR

カオリンです! あけましておめでとうございます!!!! 今年もよろしくお願いします!

本ブログも早5年目を迎えます。先の記事にありましたとおり、YOYOがなんと山バスクから引っ越すことに....。話は聞いていましたが、とってもさびしいです。このブログは2007年のお正月から始めたので、お正月になるとその時のことを思い出します。でもしばらくは何かネタがあればきっとアップしてくれると思いますし、ブログを閉じることも考えましたが、このまましばらくは続けて行こうと思っています。

さて、カオリンは翻訳をやっておりますが、11月よりTumblrというブログサイトの翻訳プロジェクトに参加することになりました。

山バスク海バスクの記事も同じものをアップしていこうと思っています。写真もずっと解像度がよくて大きなものをたくさんのせられるため、ココログから順次移動することも考えています。

Tumblr 山バスク海バスク

当分は両方にアップして様子を見ようと思います。これからもよろしくお願いします。

さて、この12月、日本に一時帰国しました。たくさんの人にお会いし、いろいろお話を聞くことができましたのでご報告です!

まず数カ所のバスクレストランをめぐりました! 順次ご報告したいと思います。

その中のひとつ、今回は六本木にある「LE GRAND SOIR・ル・グラン・ソワール」です。

オーナーシェフは松原浩二氏、奥様であり美人マネージャーの松原香奈美さん、ソムリエの方もいらして本格派フレンチですが、松原氏は2007年ごろにバスク豚の産みの親ピエール・オテイザ氏の下でバスク豚育成やハムづくり、フレンチの基礎、バスク料理の基礎や素材づかいをしっかりと習得されているバスク派です。

この日は悪天候により、友人がこれなかったのが残念でしたが、なんとメニューに「すっぽん」が...。

写真はこちらに掲載しました!

すっぽんとリードヴォーとシイタケのパイ包み焼き

しっかりとした味付けでおいしい。ぱりっとしたパイ皮とすっぽんのコーディネーションがよし!

バスクメニュー、今なら「バスク産“キントア豚”皮付きバラ肉と冬野菜のポトフ」が食べれます。このキントアというのはバスクの地域の名前でアルデュード村がかつてナバラ王国だった時からの名残の由緒ある名前です。

定休日は月曜
アクセスはこちら

なんと日本に来た時にオテイザさんがお忍びで恋しいフランス料理を食べにくるのもこことか。超過激スケジュールの合間を縫って恋しいフランス・バスク料理の味を求めに…。私たちがパリでラーメン食べるのと一緒でしょうか??

ちなみにこのお店のバターにご注目ください。絶品です。

定休日は月曜
アクセスはこちら
〒106-0032
東京都港区六本木
7-18-15 B1F
03-6804-5597
info@le-grandsoir.com


Share on Tumblr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »