« カンボ・レ・バン(Cambo les Bain)の可愛いタルト屋さん | トップページ | »

2013/06/13

山側の隠れ家的シャンブルドット AIRE BERRIA

こんにちは、yoyoです。
今日はタンブラーを初めて使って投稿してみます。写真は本文途中のリンクからご覧くださいね!

先日、打ち合わせのためにバスクへ3日ほど行ってきました!
山バスクへ足を踏み入れた途端、目頭が熱くなり、なんだか故郷に帰ってきたような感覚に襲われました。バスクの風景には実に不思議な魅力があり、その色のコントラストは、どこか懐かしいような優しいキモチにさせてくれるのです。

さて、今日は、バスク内陸部イリサリー(Irissari)というのどかな村にあるシャンブル・ドット、「AIRE BERRIA」のご紹介です。
オーナーは、バスクをこよなく愛すブラジル人のクリスティーナと旦那様のグザビィエ。
お城のような邸宅は、1880年に建造され、ダブルベットのある部屋が2つ(バスタブつきのお部屋は1つのみ)、そしてファミリータイプのお部屋が1つ(ダブルベッド&シングル)あり、広々とした空間で歴史の感じられるフランスらしい滞在ができます。

写真はこちらからどうぞ

お値段もまた魅力の1つ。
バスタブつきのお部屋:70ユーロ
シャワーのお部屋:60ユーロ
ファミリータイプのお部屋:75~100ユーロ

いずれも朝食つきです。
また、予約制で、クリスティーナの家庭料理(ブラジル料理)を夕食に召し上がっていただくこともできます。お一人様30ユーロ。フランス料理の場合には、27ユーロです。

海側からのアクセスは、車で40分ほど。
バスクリネンの工房があるONA TISSや世界遺産の巡礼の門で有名なサン・ジャン・ピエ・ド・ポール、チーズ農家の点在している村々まで20分ほどです。
決してアクセスはよくないのですが、それが隠れ家の醍醐味。
のどかな風景の中で静かに滞在されたい方におすすめです。

住所:«Jauregia» etxea, Zelai auzoa, 64780 Irisarri, Pays Basque
Consultez la carte routière…
Réservation :
téléphone : (33) 06 89 75 04 06 ou (33) 09 79 33 25 22
メールアドレス : reservation@aireberria.com

ホームページ:http://www.aireberria.com/

アクセス

|

« カンボ・レ・バン(Cambo les Bain)の可愛いタルト屋さん | トップページ | »

バスクのおすすめホテル」カテゴリの記事

コメント

今山バスクのホテルに居ます。ちょうど村祭の最中で馬の競技やバスク地方特有の重い大きな鉄球を持ち上げたり丸太を二人で切ったり、リズミカルな踊り等楽しみました。あいにくの雨のため途中で中止になりましたが、3度目のバスクは最初知り合いになった子供達も私の名前を覚えてくれており、一人だけの日本人でしたが貴重な思いでになりました。またさよなら、ありがとう、ドラエモンという言葉はよく知っていました。楽しいひと時を過ごしました。

投稿: kenny | 2013/08/25 22:09

カオリさん
はじめまして!!
ずっとこっそり拝見していたのですが、
なんとただいま放送中のBSTBS「魅惑の鉄道紀行」にご出演されていらっしゃいます!!
素敵なお宅と優しいそうなご主人様、イケメンな息子ちゃんお二人と幸せなご様子が。。。^^
先日、私も長女とパリに行ってきたのですが、日程が短くてバスクに行くことができませんでした。次回は美味しいバスクのお料理も風景もみーんな楽しんでこようと思っています。
いつかいつか、カオリさんとお会いして、バスクへの夢をいざなってくださったお礼をお伝えできましたら幸せです^^

投稿: mintblue35 | 2013/10/14 13:45

テレビ拝見しました。

 ポルトガルからパリに行く途中、スペイン
サン・セバスチャンに寄りました。バスク地方ですね。ゆっくり出来なかったのが心残り。

 
 次回はかおりさんが住むフランス バスクにも行きたいです。

 またブログ読ませていただきますので出たり入ったりいたしますがお許しのほどを。

 かおりさんバレエダンサーの吉田都さんに
面差しが似ています。

 寒さに向かいます。ご家族皆様 どうぞ
ご自愛くださいませ。

投稿: Fado | 2013/10/14 14:45

Fadoさん

お返事が遅くなり、大変失礼しました。
パートナーのカオリンに代わって返信します。
テレビの再放送をご覧いただいたようでありがとうございます。
フランスバスクも素敵なところなので、いつか是非お越しくださいね。
私はもうこの土地を離れてしまいましたが、離れてバスクの良さをしみじみ感じます。
カオリンは確かに吉田都さんに似ていますよね、私も同感です!
ブログが諸事情により、全然更新できていないので、過去の記事にはなってしまいますが、よろしければまたご覧くださいね。


投稿: yoyo | 2014/06/11 10:04

kennyさん

返信が遅くなり大変失礼しました。
山バスクご滞在中にコメントをくださったんですね。力試し大会などバスクならではのお祭りもご覧いただけたようでなによりです。
また是非バスクに遊びに来てくださいね。

mintblue35 さん
お返事が遅くなり、大変失礼しました。
パートナーのカオリンに代わって返信します。
テレビ放送やブログをご覧いただいていたようで、ありがとうございます。
私はバスクをもう離れてしまったのですが、離れて本当にバスクの良さを痛感します。一度は訪れる価値のある場所なので、是非ゆっくりのんびり過ごしてみてくださいね。日本からは遠いのでなかなか難しいかもしれませんが・・・。
ブログも諸事情により全く更新できず、すみません。
過去の記事にはなりますが、またご覧いただけたらと思います。

投稿: yoyo | 2014/06/11 10:08

ジェイムズ様、かおり様

先日はビアリッツで三日間にわたり、車の運転や観光のお付き合いをしていただきありがとうございました。
やさしい笑顔のジェイムズさんのおかげで心に残る旅が出来ました。

特にラ・リュ-ヌ山鉄道に乗る事が出来たことは一生の思い出になると思います。我々だけでは
出来なかった事と思います。帰りに寄ったバイヨンヌや素敵な小さな村も良かったです。
ARRANTZALEAKは最高の味でした!

今回の旅行はバスクに住んでいる日本の方の繋がりがとても心強かったです。

サン・セバスチャンでも日本食レストランを経営するご夫婦に、まさに偶然お会いできて、いろいろな情報や手助けを頂き大変ありがたかったです。
ご出身地も私達の住んでいる所だったりで驚きの連続でした。

かおりさん家族はテレビにも出演していたのですね!いつも見ている番組です、再放送してくれないかな?

また機会を作りバスクに行きたいと思っています、その節はまたよろしくお願いいたします。

メールで写真をお送りしていますのでご覧ください、それではまた!

投稿: 斎藤 | 2014/06/17 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/511235/52026233

この記事へのトラックバック一覧です: 山側の隠れ家的シャンブルドット AIRE BERRIA:

« カンボ・レ・バン(Cambo les Bain)の可愛いタルト屋さん | トップページ | »