カテゴリー「フランスバスクへのアクセス」の記事

2012/01/22

2012年もよろしくお願いします&ビルバオ空港からのアクセス

yoyoです!

新年のご挨拶が大変遅れましたが・・・皆様、明けましておめでとうございます!

9年ぶりに日本でお正月を迎えました。こたつに入って紅白を見ながら祖母の住む金沢で家族で年越し・・・という懐かしいお正月でした。震災後の日本は初めてだったので、いろいろな思いを抱えて帰国しましたが、私の実家がある東京では、被災地区ではないことと時間が経過したこともあるのでしょうが、目に見える形で大きな変化を感じることは正直ありませんでした。ただ、人の意識には本当に大きな影響を及ぼしたのだなといろいろな方と話すたびに感じました。
金沢のタクシーの運転手の方が、今年は自粛ムードもあるのか「福袋を買いに出かける客も少なめで道もわりと空いている」と言っていました。

バスクから日本に着いた瞬間、「寒い!!」とブルッとして、こちらへ帰国した時には、「あ~明らかに気温が違う」と思わずコートを脱ぎたくなるような感じでした。

大都会から大自然の中へ・・・。人・人・人の群れから羊や牛の群れへ・・・。
日本から戻ると寂しさも募るのですが、空の面積の広さ、室内の天井の高さ、澄んだ空気に開放感を感じるのもまた事実。
大好きな和食を堪能して、温泉に入り、懐かしい家族や友人と思い切り日本語を話して、リフレッシュしたのでまた頑張れそうです。

今年もこのバスクから、細々とではありますが、現地の生情報をお伝えできたらと思います!どうぞよろしくお願いします。

今回、ビルバオ空港を利用してパリ経由で成田まで行きました。
日本からの観光客の方々にとってビルバオ空港からのアクセスは、なんといっても航空券が安いことと、スペインバスクも楽しめるという利点があると思います。

ただ、パリでは、2Gという少し離れたターミナルへバスで移動しなければなりません。移動時間は混んでいなければ10分くらいです。このバスが朝は5時50分がどうやら始発?のようで、私は日本からの夜便だったので朝4時15分ごろにシャルルドゴール空港へ着いたのですが、バス運行まで空港で待つことになりました。乗り換え時間は3時間ありましたので、十分間にあいましたが・・・。ゲートへアクセスするコントロール時に手荷物の何かがひっかかったようでおっかない顔のオジサンに荷物をいろいろとあさられたのですが・・・
「かにみその瓶」でした・・・sweat01
そういえば、スーツケースの重量オーバーであわてて成田で手荷物の中に入れたんだと思い出しました。得体の知れない灰色の物体に眉をひそめる検査員。検知器のような機械で瓶の周りを丁寧にチェックされ、「これ、子供の食べ物か?」と聞かれ、そのまま「はい」と答えてよけばよかったのですが、「蟹のペーストです。パンに塗って食べる感じで」と分かりやすく?ごまかしたら、余計にあやしまれ「だめだよ、そんなもの。こりゃ無理だな」とかブツブツ叱られました・・・coldsweats02 隣にいた係員の方のおかげで、今回は特別だと最終的にはパスできたのですが、パスポートナンバーまでチェックされました。手荷物には気をつけなきゃですねsweat01


ビルバオ空港に着き、荷物をピックアップして外に出ると、目の前には子連れに嬉しいキッズスペースがあります!こんな可愛い飛行機の滑り台が・・・・長時間のフライトを頑張って我慢していたうちの子も伸び伸び嬉しそうに飛び回っていました。

Photo

Photo_4

そのキッズスペースの目の前からサンセバスティアン行きのPESAの直通バスが1時間に1本(毎時45分、所要時間1時間10分、料金片道15.10ユーロ、4歳から)運行しているため、サンセバに行きたい方にはとっても便利ですよ。

2012年、どんな年になるのでしょう。
被災地の皆さんに希望ある明るい1年となりますように。
読者の皆さんそれぞれが思い描く素敵な1年となりますように・・・shine
みんなが安心して暮らせる世の中に近づくことができますように。

by yoyo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/04

スペインへ、またはスペインから

yoyo がたくさんフランス情報を載せてくれたから、私カオリンもスペインからのアクセス情報を載せま~す。

これってあんまり情報がないみたいで、私がよく聞かれる情報のひとつです。

★フランスバスクからスペインバスクへ/スペインバスクからフランスバスクへ

フランスバスクは7県あるバスクのうち、スベロア、ラブラディ、低ナバラの3県を占めていますが、面積では圧倒的にスペインの方が広くなっています。そのうちビアリッツやバイヨンヌがある海側はスベロアと呼ばれる県です。もともとは同じ国だっただけあって近いです! 一番近いイルンでも車で20~30分、サンセバスチャンでも混んでいなければ40分~50分あれば充分です。

★高速道路で

ビアリッツ、バイヨンヌは車で15分~20分ほどの距離にあります。そこから南下すると海辺の町、サン・ジャン・ド・ルツ (Saint Jean de Luz)、ヘンダイ (Hendaye /バスク語では Hendaia)を越えると国境があります。道路では A64 をひたすらサンセバスチャン方面へと南下すればまっすぐ走るとスペインなので、レンタカーでも簡単です! 国境では特に停められることもなく、ほとんどスルーですが、時々停められてトランクを調べられている人がいますのでご注意を。フランスに滞在してスペインを訪れる際はパスポートもお忘れなく。また、スペインを運転する際には、事故などで車を止める際の標識、そして蛍光色のベストの携帯が必須になります! 蛍光ベストは車内の見えるところに置かなくてはならないようです。また眼鏡をかけている人は、予備の眼鏡も車内に置かなくてはならないとのこと。スーパーなどで購入できますので違反にはご注意!

スペインから来る場合には、当たり前ですが、ひたすら「Francia(フランス)」をめがけて走ります! サンセバスチャンから来る場合はA1 に従って、高速道路が見えてきたらBaiona(Bayonne のバスク表記)を目指します。

まぎらわしいのは、バスク語ですね。Baionaはバイヨンヌのこと、Hendaiはヘンダイと、フランス語とバスク語ではちょっと表記が違いますのでご注意。サンセバスチャンに至っては、バスク語表記は Donostea となります! まったくサンセバスチャンからかけ離れていますよね。

★SNCF(フランス国鉄:TGV)で

ボルドー発のTGVは、ビアリッツ、バイヨンヌ、サンジャン・ド・ルツを経由してスペインへと走っているものがあります。これらの駅は必ずしもすべて経由するわけではありませんが、ビアリッツ、バイヨンヌ、サンジャン・ド・ルツに停車する電車でスペインへと続く列車には、イルン (Irun) 行きがあります。イルンはフランスバスクに近いスペインの町です。

★サンセバスチャンに行きたい場合は、このイルンを通過し、乗り換えるか、逆にイルンには行かず、ヘンダイでsncfを降り、駅をおりてすぐ隣にあるEUSKO TREN (通称TOPO) に乗り換えた方が便数も多くて便利でしょう。

EUSKO TREN 公式サイト

http://www.euskotren.es/

時刻表

http://www.euskotren.es/castellano/horarios/home2.html

ここから Hendaia - Donostia の時刻表がダウンロードできます。スペイン語かバスク語のみ!

SNCF(フランス国鉄)サイト もちろんフランス語です

http://www.voyages-sncf.com/leisure/fr/launch/home/

追記

スペインバスクからフランスバスクへ

ビルバオ国際空港から

ビルバオの空港はちょっと町から離れていますがシャトルが出ています。

バスターミナルからはビルバオからサンセバスチャン、イルン経由でバイヨンヌに直行するバスが出ています。

PESA のウェブページ

(Bilbao - Donostia-San Sebastián - Irun - Bayonaの項の時計マークをクリックすると時刻表が見れます)

----------------------------------------------

しかし本数は1日2便…。

ビルバオ発 7:30  バイヨンヌ着 10:30 

ビルバオ発 13:00 バイヨンヌ着 16:00 

(注:2008年6月までの時刻表です! 2008年5月現在)

なんでこれを逃したら翌日になります!!

バイヨンヌからビルバオへの便も同様2便です。

バイヨンヌ発 12:00 ビルバオ着 15:10

バイヨンヌ発 18:30 ビルバオ着21:40 

-----------------------------------------------

これ以外は、通称 TOPOEUSKOTREN (エウスコトレン) が安くて本数もたくさん出ていて便利です。さらにとっても眺めよくて気持ちいいです。このサイト、英語もあるみたいですけどリンクがすべて機能していません…。スペイン語のページが一番使いやすいです。

ビルバオからサンセバスチャン train 時刻表

サンセバスチャンからヘンダイア train 時刻表

ヘンダイア(Hendaia)の駅についたら目の前がフランスの国鉄 sncf (TGV)駅ですので、乗り換えも楽チンです。ヘンダイからビアリッツまでは本数ないのですが、バイヨンヌまでなら22時台まで (ときどきストやってますけど) 通常ならば1時間に1~2本くらいで出ています。

もちろんサンセバスチャンとイルンだけがスペインではありません! フランスから日帰りで行けるスペインのスポットはたくさんあります!

これらのスポットについても順次アップしていきますね!

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2008/01/02

バスクへのアクセス

yoyoです。早速、バスクへのアクセスについてご紹介します!
(注 2008年1月現在の情報です。お気づきの点があったら、
コメントかメールください!)

★ 日本から

玄関口となるのは、Biarritz(ビアリッツ)空港
正式にはBiarritz-Anglet-Bayonne空港。
それぞれの頭文字をとって、この一帯をBAB(ベーアーベー)
と呼んだりします。
地図(しばし、お待ちを)で見るとよくわかるんですが、
海でつながっています。
今度空港に行ったら写真撮ってアップしますね。
とってもこじんまりしてるのでビックリするかも!

Biarritz空港公式サイト(フランス語、英語、スペイン語)
http://www.biarritz.aeroport.fr/

今年からパリのシャルル・ド・ゴール空港とビアリッツを
結んでいたエールフランス便がなくなってしまった
(オルリー空港からはあるけれど、空港間移動は約1時間
かかるのでおすすめしません)ので、パリまでのチケット
をゲットして、そのあとビアリッツまでは、格安航空会社
イージージェットを利用するのがいいかもしれません。
ただし、預けた荷物を一度ひきとり、またチェックインし
なければいけないので、手間はかかりますが・・・。

easy jet
http://www.easyjet.com/



TGV(フランスの新幹線)でパリからアクセスする手もあり。
モンパルナス駅からバイヨンヌ駅まで直通、最短で
4時間46分。早く予約すると、朝7時15分発の2等席が
片道19ユーロでゲットできる。
iDTGVという新しいサービスのeチケットで、1等席でも
24ユーロ。私も何度か使いました。チケットを印刷しなけれ
ば、乗車予定日の前日まで予約変更できるところが魅力。
(手数料はかかるけれど)
http://www.idtgv.com/

ボルドーを経由するので、余裕があれば立ち寄って、
ボルドー観光という手もあり。といっても、TGVは
日本の新幹線と同様で、自由に乗り降りできません。
チケット購入には気をつけてください!

その他、お隣のベアルン地方ポー空港を利用したり、ボルドー空港からTGVでバイヨンヌまでアクセスしたり、スペインバスクも楽しみたい方は、ビルバオ空港からアクセスすることもできます。ビルバオ空港からのアクセスに関してはこちらの記事をご覧ください。ご旅行日程や行きたい場所に合わせて検討してくださいね~


フランス国内、ヨーロッパから

国内線はエールフランス航空が中心ですが、2月から
開通する運賃格安のeasy jetもおすすめ。
ロンドンのGatwick空港やパリのCharles de Gaulle空港へ
直行便あり。また、便は少ないけれど、曜日が合えば、
ロンドンやフランクフルトへ格安で行けるライアン・エアー
も狙い目。



Ryanair
http://www.ryanair.com/

★ 空港から市内へのアクセス

タクシー(ビアリッツの中心地まで)

 日中 10ユーロ強
 夜間 15ユーロ前後

バス

Chronoplusというバスに変わりましたので情報を更新します(2013.03)

詳しくはこちらからご確認ください。もうすぐ英語で検索もできるようになりますが、現在はフランス語のみ。行きたい場所を入力すると、時刻や所要時間などが一気に検索できてとても便利になりました。

ビアリッツ市内までは14番のバスで、約20分。

その他、Saint Jean de Luz(サン・ジャン・ド・リュズ)、
アンダイ(Hendaye)方面(約3ユーロ)行きのバスもあります。

くわしくはこちらから(時刻表、一日パス、回数券など)
http://www.transdev-atcrb.com/index.php?rub=horairesettarifs


情報を入手次第、更新していきます!


山バスクと海バスクの景色を堪能し、効率よく観光するには
レンタカーが絶対おすすめです。空港内にもレンタカー会社が
数社あります。
とはいっても、フランスやスペインで運転は心配、海側だけしか
行かない・・・などいろいろご都合もあるでしょうから、上記の交通
機関などを参考に、是非バスクの旅を楽しんでくださいね☆

| | コメント (18) | トラックバック (0)